MSI Summit E13 Flip Evo - MSI初のモバイル・コンバーチブル2 in 1、高いスペックと質感が魅力。筆圧対応のペンも付属

MSI Summit E13 Flip Evo
MSIが13.4インチサイズのコンバーチブル2 in 1「Summit E13 Flip Evo」を発売します。ビジネスモバイルノートパソコンで、ハイパフォーマンスなゲーミングノートでおなじみのMSIらしく、外部GPUの搭載こそないもののスペックは非常に高く、高級感のある筐体も魅力です。

スポンサーリンク

1.スペック

スペック表

  Summit E13 Flip Evo
OS Windows 10 Home/Pro
CPU Intel Core i5-1135G7/Core i7-1185G7
GPU なし
RAM 16GB/32GB
ストレージ 512GB/1TB M.2 NVMe SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.4インチ(1,920 × 1,200)タッチ
ネットワーク 802.11a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.2
入出力 USB 4 Type-C(Thunderbolt 4)× 2、USB3.2 Gen2 Type-C、USB 3.2 Type-A、microSDカードリーダー、オーディオジャック
カメラ Webカメラ(92万画素)顔認証対応
バッテリー 約 18時間
サイズ 300.2×222.25×14.9 mm
重量 1.35 kg

バリエーションモデル

●筐体色ピュアホワイト
 A11MT-061JP:Home/Core i7/RAM16GB/512GB SSD
 A11MT-012JP:Pro/Core i7/RAM32GB/1TB SSD
●筐体色インクブラック
 A11MT-013JP:Home/Core i5/RAM16GB/512GB SSD/Office
 A11MT-015JP:Pro/Core i7/RAM32GB/512GB SSD
※HomeはWindows 10 Home、ProはWindows 10 Proの略
※OfficeはOffice Home & Business 2019の略

ポイント

●第11世代(Tiger Lake)のCore i5/Core i7搭載
●MSI初の360度展開可能・タッチ機能対応ディスプレイ搭載
●MSI独自開発アクティブスタイラス「MSI Pen」が付属
●アスペクト比16:10の「Golden Ratio ディスプレイ」

コメント

Summit E13 Flip EvoはMSIとしては初となるコンバーチブル2 in 1筐体のモバイルノートです。ヒンジが360度開口するコンバーチブル2 in 1筐体は近年のノートパソコン市場では特に珍しいものではありませんが「MSIとして初」というのは私も少し意外でした。

OSはHome版とPro版がありますが、自由に選択できるわけではなく、4つのバリエーションモデルのうち2つがHome、2つがProとなります。ざっくりいうと上位モデルがPro、下位モデルがHome、ということです。

CPUは第11世代(Tiger Lake)のCore i5/Core i7で、MSIらしく「Core i7モデルが主体」という感じのバリエーション展開になっています。しかもこのCore i7はノートパソコンによく使われているCore i7-1165G7ではなく、より高性能で(法人など組織でのPC一元管理に有効な)vProに対応するCore i7-1185G7です。内蔵GPUはCore i5/Core i7とも「Iris Xe」なのでグラフィック性能も高いです。また、RAMは最低でも16GB、最大で32GB、ストレージも最低で512GB、最大で1TBと、かなりの余裕があります。なお、RAMについては「オンボード」という記載がありましたので、購入後の増設は難しいと思います。

ディスプレイは13.4インチの1,920 × 1,080解像度、「Golden Ratio(アスペクト比16:10)」です。従来のノートパソコンではアスペクト比16:9(例:1,920 × 1,080)というのが一般的でしたが、最近は16:10という製品が増えてきました。

また、このディスプレイはsRGB相当の色域を確保していて、4,096段階の筆圧と傾き検知に対応するMSI独自開発の「MSI Pen」に対応します(ペンも付属します)。「独自開発」ということなので、品質についてはなんとも言えませんが、ペン入力に関する説明を見る限り、イラストやマンガの制作にも使える品質と思われます。

スポンサーリンク

2.筐体

MSI Summit E13 Flip Evo
正面から見たところです。左右のベゼルがかなり細くなっていますが、上下ベゼルに関してはそこそこの太さがありますね。また、上部ベゼルにあるカメラは顔認証に対応します。

MSI Summit E13 Flip Evo
天板です。筐体素材は「CNC加工、アルミ削り出し」という説明がありました。他社の最上位ビジネスノートと同じ素材・手法が使われており、筐体の質感は非常に高いものと思われます。また、質感が高いだけでなく、アメリカのMIL規格「MIL-STD-810G」準拠の堅牢性も備えています。

それと、ロゴマークはゲーミングPCに使われている「ドラゴン」ではなく、最近制定されたビジネスライン用のものが使われています。

MSI Summit E13 Flip Evo
キーボードです。この画像では英語配列になっていますが、日本仕様は「シングルカラーバックライト内蔵テンキーレス日本語キーボード」となります。

MSI Summit E13 Flip Evo
コンバーチブル2 in 1筐体なので、通常のノートPC形態のほか、タブレットモードやテントモード、スタンドモードでも使えます。この製品は高性能なペン入力が可能なので、特にタブレットモードは重宝しそうです。

MSI Summit E13 Flip Evo

クリックで拡大します

側面と入出力ポートの配置です。USB Type-Cが主体となりますが、Type-Cポート3つのうち2つがThunderbolt 4と高規格です。それと、一応USB Type-Aポートも1つ装備していますので、マウスなどの接続で困ることはないですね。

MSI Summit E13 Flip Evo

MSI Summit E13 Flip Evo
Summit E13 Flip Evoの筐体色は2種類。上がピュアホワイト、下がインクブラックです。どちらがいいかはお好みによりますが、選ぶ色によって選択できるスペックが変わってしまう、ということに注意が必要です。例えばCore i5モデルはインクブラックのみに設定されています。

3.価格など

Summit E13 Flip Evoは「4月より順次発売」とアナウンスされていて、MSI公式ストア限定販売です。4月1日現在、MSIストアでは予約注文を受け付け中、価格は下記のとおりです。

●筐体色ピュアホワイト
 A11MT-061JP:Core i7/16GB/512GB:169,800円
 A11MT-012JP:Core i7/32GB/1TB:219,800円
●筐体色インクブラック
 A11MT-013JP:Core i5/16GB/512GB/Office:199,800円
 A11MT-015JP:Core i5/32GB/512GB:219,800円
※すべて税込み価格

MSIでは初となる、モバイル・コンバーチブル2 in 1、高いスペック、高質感な筐体、筆圧対応ペン入力対応と、ビジネスやクリエイティブワークの強い味方になってくれそうです。

4.関連リンク

Summit E13 Flip Evo<インクブラック>:MSI公式サイト
Summit E13 Flip Evo<ピュアホワイト>:MSI公式サイト
Summit(2021年春新発売):MSI公式ストア

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    イラストやマンガの制作にも使えそうなスペックなのに
    B5原寸表示に短辺が微妙に足らない残念なディスプレイ
    DELLのlatitude9420 2in1 みたいに14inchだったら