レノボ(Lenovo)クーポン割引率・セール価格の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【5月30日更新】

スポンサーリンク
ThinkPad X13/X13 Yoga

ThinkPad X13 Yoga Gen 1

この記事では、レノボ(Lenovo)公式サイトで販売されているノートパソコンのセール情報を随時更新しながら掲載していきます。レノボ公式サイトでのセールは「クーポン割引」の形態が取られていますが、クーポンコードはそれぞれの製品ページに掲載されていますので、特にクーポンコードを調べたりする必要はありません。また、セール期間は製品(製品ブランド)によって異なります。

ThinkPadシリーズ:常時クーポン割引が受けられますが、週末限定(祝日を含む場合は祝日も)で特別なクーポンが発行され、割引率が大きくなります。
その他の製品:常時クーポン割引が受けられます。クーポンは毎週金曜日に新しいものに切り替えられ、そのタイミングで割引率が変化することがあります。また、一部の製品ではThinkPadシリーズと同様、週末限定の特別なクーポンが用意されます。特にLegionやidepadシリーズのニューモデルはThinkPadと同様の週末限定クーポンが発行されるケースが多いです。

上記の傾向を考慮すると、「レノボのPCは週末に購入するのがお買い得である」のは間違いありません。特にThinkPadシリーズやLegionシリーズ、ideapadシリーズの最新モデルは週末のほうが確実に安く購入ができます。また、基本的に週末よりも平日のほうが安くなることはありません。ただし、平日の夜に「ナイトクーポン」というのが発行されており、こちらは週末クーポンに近い、場合によっては同等の割引率となります。

5月15日よりゲーミングPCを対象とする「EARLY SUMMER SALE」がスタートしました。対象はLegionシリーズと、IdeaPad S540 ゲーミングエディションで、専用のEクーポンを使用するとセール価格からさらに5,500円の上乗せ割引が受けられます(6月30日まで)。セールの概要はこちらをご覧ください。
EARLY SUMMER SALE:Lenovo

この記事は毎週金曜日の夜(というか土曜日の午前1時くらいになるかも)に更新し、レノボ製品の週末の割引率を一覧表示しています。

1.ThinkPadシリーズ

ThinkPad X13/X13 Yoga

ThinkPad X13 Gen 1

ThinkPadシリーズは世界の代表的なビジネスノートPCの製品ブランドです。かつてはIBMの、現在はレノボの持つブランドになっていますが、製品の企画開発は日本の大和事業所(当初はIBM、現在はレノボの事業所です)で行われており、メーカーが変わっても製品の方向性は長きにわたってブレていません。

独特の「真っ黒」で「キーボードに赤いデベソ(トラックポイント)」を備える筐体はすべてのThinkPadシリーズに共通のデザインアイデンティティと言え、ウインタブを含め、熱狂的な支持者が多く存在します。

「一度使うと抜け出せなくなる」ThinkPadシリーズはウインタブが最もおすすめするビジネスノートです。

便宜上ThinkPadシリーズの表示を「2020年モデル」「2019年モデル」に分けています。ただし、この分け方はLenovo公式のものではなく、ウインタブが目安として表記しているものです。そのため、実際には2019年末に発売されたものも2020年モデルとして区分しているものがありますので、あらかじめご了承ください。

2019年モデルまでは、X1シリーズとPシリーズを除き、ThinkPadは「アルファベット+3桁の数字」が製品名となります。最初のアルファベットは「製品シリーズ名」で、3桁の数字が示しているのは下記です。

100の位:
ディスプレイサイズ。2は12.5インチ、3は13.3インチ、4は14インチ、5は15.6インチ
10の位:
モデルイヤー。8は2018年、9は2019年
1の位:
CPUのメーカー。0がIntel(ほぼCore i)、5がAMD(ほぼRyzen)

例)ThinkPad X395:
「Xシリーズ」で「13.3インチ(100の位が3)」「2019年モデル(10の位が9)」「AMD製CPU搭載(1の位が5)」 

なお、これはレノボが正式に開示している識別ルールではなく、ウインタブ独自の解釈です。しかし、ほぼ正確だと思いますので、製品選びの参考にして下さい。

また、2020年モデルからはこの法則が使われておらず、「シリーズ名+1+ディスプレイサイズ(3が13.3、4が14、5が15.6)」という体系になっています。数字が3桁から2桁になってしまいましたので、「Gen 1(第一世代)」「Gen 2(第二世代)」といった世代名も製品名に付加されるようになりました。

Xシリーズ:薄型軽量の上級モバイルノート

ThinkPad X1 Yoga(2019) 正面

ThinkPad X1 Yoga(2019)

Xシリーズは基本的に「モバイルノート」で、ThinkPadシリーズのイメージリーダー的な存在です。スペックはシリーズ中で最も高く、サイズも最もコンパクトであると言えます。ただし、価格も最も高価です…。

【2020年モデル】
X1 Carbon Gen 8:173,932円から(最大35%OFF)※14インチ
X1 Yoga Gen 5:214,676円から(最大32%OFF)※14インチ2 in 1
X13 Gen 1:108,295円から(最大45%OFF)※13.3インチ
X13 Yoga Gen 1:152,592円から(最大32%OFF)※13.3インチ2 in 1

【2019年モデル】
X1 Extreme(2019):204,864円から(最大36%OFF)※15.6インチ
X1 Carbon(2019):168,256円から(最大36%OFF)※14インチ
X1 Yoga(2019):203,456円から(最大36%OFF)※14インチ2 in 1
X390:91,850円から(最大50%OFF)※13.3インチ
X395:88,924円から(最大53%OFF)※13.3インチAMD製CPU

Tシリーズ:高性能ビジネスノート

Lenovo ThinkPad T490 / T590

Lenovo ThinkPad T590

モバイルノートのトップがXシリーズなら、スタンダードノートのトップはTシリーズです。型番の末尾に「s」がつくT490sやT495sなどはモバイルノートとなりますが、それ以外はスタンダードノートと考えていいです。ただし「モバイルノート」と「スタンダードノート」という用語に明確な定義はなく、ウインタブが独自に判定しているだけなので、ご注意下さい。ウインタブでは一応「重量が1.5 kgを越える14インチ以上のノートPC」をスタンダードノートと呼んでいます。

TシリーズはNVIDIA GeForceの搭載も可能な高性能マシンで、15.6インチサイズの製品にはテンキーもつきますので、自宅や事務所でじっくりPCを使いたい、という人に向きます。

【2020年モデル】
T14s Gen 1:129,591円から(最大37%OFF)※14インチモバイル
T14 Gen 1:112,200円から(最大40%OFF)※14インチ

【2019年モデル】
T490s:5月30日現在、販売休止中
T490:114,202円から(最大42%OFF)※14インチ
T590:125,840円から(最大45%OFF)※15.6インチ
T495s:109,296円から(最大46%OFF)※14インチ(モバイル)AMD製CPU
T495:85,272円から(最大49%OFF)※14インチAMD製CPU

Lシリーズ:メインストリームビジネスノート

Lenovo ThinkPad L390 / L390 Yoga

Lenovo ThinkPad L390 Yoga

Lシリーズは「メインストリームノート」ということになっていますが、どちらかと言うと法人向けっぽい性格になっていて、他のThinPadシリーズと比較して目立った特徴がありません。

構成のカスタマイズ余地が大きく、ハイエンドのスペックに仕上げることも可能です。従来は最低構成とする場合、ThinkPadのモバイルノートとしては非常に安価にすることができましたが、2020年モデルからは「そこまで安くならない」のでX390やX390 Yogaなどとの差別化が少し難しくなっています。現時点での2020年モデルのメリットはCPUが第10世代(Comet Lake)である、という点です。

【2020年モデル】
L13:89,100円から(最大25%OFF)※13.3インチ
L13 Yoga:112,860円から(最大24%OFF)※13.3インチ2 in 1
L14 Gen 1:117,150円から(最大25%OFF)※14インチ
L15 Gen 1:104,775円から(最大25%OFF)※15.6インチ

【2019年モデル】
L390:81,532円から(最大32%OFF)※13.3インチ
L390 Yoga:143,990円から(最大30%OFF)※13.3インチ2 in 1

Eシリーズ:スタンダードビジネスノート

Lenovo ThinkPad E590

Lenovo ThinkPad E590

ThinkPadシリーズで最も「バリュー」なのがEシリーズです。14インチと15.6インチのスタンダードノートで、特にAMD製CPUを搭載するモデルは激安とも言えるくらいに安いです。しかし、ThinkPadの名を冠している以上、品質に疑いの余地はなく、長く安心して使える製品であることは間違いありません。というか、実はEシリーズが一番お得(単に安いという意味ではなく、性能や品質面を踏まえてのコストパフォーマンスという意味です)なのではないか、と思いますね。

【2020年モデル】
E14:60,368円から(最大44%OFF)※14インチ
E15:64,680円から(最大44%OFF)※15.6インチ

【2019年モデル】
E490:5月30日現在、在庫なし
E590:72,600円(46%OFF)※15.6インチ
E495:49,588円から(最大51%OFF)※14インチAMD製CPU
E595:50,600円から(最大50%OFF)※15.6インチAMD製CPU

Pシリーズ:モバイルワークステーション

Lenovo ThinkPad P1(Gen 2)

Lenovo ThinkPad P1(2018)

他のThinkPadシリーズと少し異なるのがPシリーズです。レノボの定義だと「モバイルワークステーション」となります。CPUにCore iプロセッサーではなくXeon(マルチCPUに対応し、ECCメモリーの搭載も可能)を搭載したり、GPUにもGeForceではなくQuadroを搭載したりと、どちらかと言うと業務用、プロ用の仕様になります。技術者の人やクリエイターでもOpen GL系のソフトウェアを使う人に向き、パーソナル用途にはあまり向きません。

【2019年モデル】
P73:225,896円から(最大32%OFF)※17.3インチハイエンド
P53:182,094円から(最大38%OFF)※15.6インチハイエンド
P1(Gen 2):193,688円から(38%OFF)※15.6インチ
P53s:159,060円から(最大40%OFF)※15.6インチ
P43s:156,816円から(最大28%OFF)※14インチ

※ThinkPadシリーズのセール期間は5月31日まで
※クーポンは製品ページに記載されています
※税込み価格

2.ThinkBookシリーズ

Lenovo ThinkBook 13s 展示機

Lenovo ThinkBook 13s

ThinkPadとは異なる「Think」シリーズです。13.3インチ、14インチ、15.6インチの3モデルあり、いずれも高いコストパフォーマンスを誇るビジネスマシンです。ただし、筐体構造はThinkPadシリーズよりもむしろIdeaPadシリーズに近く、金属筐体(アルミニウムとマグネシウムの合金)を採用し筐体色は「ミネラルグレー」です。オーソドックスでクセのない製品と言えますね。

最近13インチの「13s」のCPUが第10世代(Comet Lake)に切り替わり、これで3モデルとも第10世代CPUを搭載することになりました。また、14と15に関しては注文時にシステム構成のカスタマイズができます。IdeaPadシリーズやYogaシリーズはカスタマイズに対応しておらず、「自分好みの構成にしたい」というニーズに応えてくれる、値頃感のあるのーとPCとして貴重な存在と言えるでしょう。

ThinkBook 13s(2019 Autumn):69,960円から(最大47%OFF)※13.3インチ
ThinkBook 14:48,510円から(最大47%OFF)※14インチ
ThinkBook 15:49,126円から(最大48%OFF)※15.6インチ

※ThinkBookのセール期間は5月31日まで
※クーポンは製品ページに記載されています
※税込み価格

3.Legion

Lenovo Legion 550Pi

Legion 550Pi

レノボが非常に力を入れているゲーミングPCの「Legion」。Legionシリーズはどれも「他メーカーの製品に似ていない」独自性の高い筐体デザインになっていて、スペックのほうもエントリークラスからハイエンドクラスまで、フレキシブルに選択することができます。そして「レノボだけに」割引率が大きく、コスパという観点で見ても高い競争力があります。「CPUとGPUの組み合わせからみたお買い得感」ということだと大手メーカーでも屈指の安さと言えます。

5月27日にニューモデル「Legion 750i」および「Legion 550シリーズ」が発表されましたが、5月30日現在販売がスタートしているのは「550Pi(Web限定モデル)」のみです。550Piはゲーミングノートとしてはエントリー~中位クラスとなりますが、最新世代のCPUと、GPUでは最高でGeForce RTX2060の搭載が可能になっていて、新筐体も使われています。エントリーゲーマーやカジュアルゲーマーがいますぐ購入するのならこのモデル、と言えるでしょう。なお、550Piのみ、開催中の「EARLY SUMMER SALE Eクーポン」の対象外です(でも十分安いです)。

また、第9世代CPUを搭載する既存型番にはY540、Y7000、Y740の3種類があり、Y7000は15.6インチサイズのみ、Y540とY740は15.6インチと17.3インチがあります。非常にざっくり分けると

550Pi&Y540&Y7000:エントリーから中位クラス、
Y740:中上位クラス

こんな感じです。最新モデルの550Piは別として、第9世代型番を純粋にスペック表だけ見て決める、という場合、例えば15.6インチで「Core i7-9750H(HF)/GeForce RTX2060/RAM16GB/256GB SSD + 1TB HDD」という構成は、Y7000、Y540(15)、Y740(15)のいずれも選択可能ですが、価格が異なり、Y7000が最も安く、Y740が最も高価となります。もちろんCPUやGPUなどのシステム構成は同じでも、Y7000はキーボードバックライトが赤のみですが、Y740になるとRGBバックライトがつき、筐体の側面にもイルミネーションがつくなど、装備面にはそれなりの差が出ます。

Legion 550Pi(15):94,912円から(最大47%OFF)
Legion Y540(15):92,390円から(最大49%OFF)
Legion Y540(17):111,760円から(最大47%OFF)
Legion Y740(15):167,552円から(最大47%OFF)
Legion Y740(17):186,824円から(最大39%OFF)
Legion Y7000:94,809円から(最大48%OFF)

※Legionのセール期間は6月30日まで(550Piのみ6月4日まで)
※EARLY SUMMER SALE Eクーポンを使用した税込み価格です
※550PiのみEARLY SUMMER SALE対象外です

4.IdeaPad、Yoga

Lenovo Yoga S740 (14)

Yoga S740(14)

ThinkPad以外のLenovoノートで、パーソナル用途に向く製品ブランドとして「IdeaPad」と「Yoga」があります。従来はideapadがクラムシェルノート、Yogaがコンバーチブル2 in 1という区分けになっていたのですが、現在は「IdeaPadなのにYoga(コンバーチブル2 in 1)筐体」だったり、「Yogaなのにクラムシェル筐体」という製品が増えていて、両者の線引きがあいまいになってきています。なので、ideapadとYogaをひとまとめにして調べてみるのがいいでしょう。

IdeaPadとYogaで注意したいのは「型番の下2桁の数字」です。下2桁が「40あるいは45」になっているものが新しく(2019年-2020年モデルと言っていいと思います)、「30」になっているものはやや古いです。発売から日が経っている製品を購入してはいけない、ということは決してありませんが、IdeaPad、Yogaともニューモデルの割引率が大きく、実際の価格も末尾30の製品より割高感がありませんので、個人的には末尾40のモデルをおすすめします。

特におすすめなのが「IdeaPad S540」「IdeaPad C340」「IdeaPad S145」です。いずれも第10世代のCore iプロセッサーやモバイル用第2世代のRyzenを搭載し、かつ割引率、実売価格とも低めに抑えられています。「特に特に」見ていただきたいのが「IdeaPad S540 (13, AMD)」ですね。CPUに高性能版(高TDP版)のRyzenを搭載し、パフォーマンスが非常に高く、筐体にも高級感があり、かつ割引率も大きくなっています。ThinkPad以外のモバイルノートを、という人はぜひ詳細をチェックしてみてください。

また、現在Yogaシリーズは「ほとんど在庫切れ」で、購入できるモデルはごく一部です。「Yoga S740」はスペックもよく、デザインも美しく、ということでおすすめしたい製品ですが、それ以外のモデルは事実上購入候補にはなりにくいと思います。Yogaには尖ったスペック、尖った筐体構造の製品も多いので、早く在庫が復活してくれることを願っています。

ideapad

【15.6インチクラムシェルノート】
IdeaPad S145 (15):41,699円から(最大48%OFF)
IdeaPad S145 (15, AMD):34,667円から(最大45%OFF)
IdeaPad S540 (15):52,470円から(最大50%OFF)
※S540 ゲーミングエディションのみEARLY SUMMER SALE Eクーポン対象
【15.6インチコンバーチブル2 in 1】
IdeaPad C340 (15):56,056円から(最大51%OFF)
【14インチクラムシェルノート】
IdeaPad S540 (14, Intel):57,970円から(最大46%OFF)
IdeaPad S540 (14, AMD):55,176円から(最大56%OFF)
IdeaPad S340(14, Intel):36,608円から(最大48%OFF)
IdeaPad S340 (14, AMD):38,610円から(最大49%OFF)
【14インチコンバーチブル2 in 1】
IdeaPad C340 (14, Intel):54,340円(最大50%OFF)
IdeaPad C340 (14, AMD):5月30日現在、在庫なし
【13.3インチクラムシェルノート】
IdeaPad S540 (13, AMD):80,995円から(最大41%OFF)
【11.6インチクラムシェルノート】
Ideapad S130(11):32,648円(44%OFF)
IdeaPad Slim 150:30,899円から(最大47%OFF)

※Ideapadのセール期間は6月4日まで(IdeaPad S145は5月31日まで)
※税込み価格

Yoga

【15.6インチクラムシェルノート】
Yoga S740 (15):5月30日現在、在庫なし
【14インチクラムシェルノート】
Yoga S940 (14):5月30日現在、在庫なし
Yoga S740 (14):75,790円から(最大47%OFF)
【14インチコンバーチブル2 in 1】
Yoga C940 (14):5月30日現在、在庫なし
Yoga C930:137,108円から(最大22%OFF)
【13.3インチクラムシェルノート】
YOGA S730:135,388円(15%OFF)
YOGA C630:5月30日現在、在庫なし
【10.8インチコンバーチブル2 in 1】
Yoga Book C930:5月30日現在、在庫なし

※Yogaのセール期間は6月4日まで
※税込み価格

5.関連リンク(Lenovo)

今週のオススメ