レノボ(Lenovo)クーポン割引率の一覧(ThinkPad、ThinkBook、Legion、IdeaPad、Yogaシリーズ)【7月20日更新】

Lenovo ThinkPad T495s
この記事では、レノボ(Lenovo)公式サイトで販売されているノートパソコンのセール情報を随時更新しながら掲載していきます。レノボ公式サイトでのセールは「クーポン割引」の形態が取られていますが、クーポンコードはそれぞれの製品ページに掲載されていますので、特にクーポンコードを調べたりする必要はありません。また、セール期間は製品(製品ブランド)によって異なります。

スポンサーリンク

ThinkPadシリーズ:常時クーポン割引が受けられますが、週末限定(祝日を含む場合は祝日も)で特別なクーポンが発行され、割引率が大きくなります。
その他の製品:常時クーポン割引が受けられます。クーポンは毎週金曜日に新しいものに切り替えられ、そのタイミングで割引率が変化することがあります。また、一部の製品ではThinkPadシリーズと同様、週末限定の特別なクーポンが発行されます。

上記の傾向を考慮すると、「レノボのPCは週末に購入するのがお買い得である」のは間違いありません。特にThinkPadシリーズは週末のほうが確実に安く購入ができます。また、ThinkPadシリーズ以外の製品でも週末よりも平日のほうが安くなることは基本的にはありません。

この記事は毎週金曜日の夜に更新し、レノボ製品の週末の割引率を一覧表示しています。

1.ThinkPadシリーズ

ThinkPad X1 Carbon(2019)

ThinkPad X1 Carbon(2019)

ThinkPadシリーズは日本の、いや世界の代表的なビジネスノートPCの製品ブランドです。かつてはIBM製、現在はレノボ製となっていますが、製品の企画開発は日本の大和事業所(当初はIBM、現在はレノボの事業所です)で行われており、メーカーが変わっても製品の方向性は長きにわたってブレていません。

独特の「真っ黒」で「キーボードに赤いデベソ(トラックポイント)」を備える筐体はすべてのThinkPadシリーズに共通のデザインアイデンティティと言え、ウインタブを含め、熱狂的な支持者が多く存在します。

「一度使うと抜け出せなくなる」ThinkPadシリーズはウインタブが最もおすすめするビジネスノートです。

便宜上ThinkPadシリーズの表示を「2018年モデル」と「2019年モデル」に分けています。ただし、この分け方はLenovo公式のものではなく、ウインタブが目安として表記しているものです。そのため、実際には2018年末に発売されたものも2019年モデルとして区分しているものがありますので、あらかじめご了承ください。

X1シリーズとPシリーズを除き、ThinkPadは「アルファベット+3桁の数字」が製品名となります。最初のアルファベットは「製品シリーズ名」で、3桁の数字が示しているのは下記です。

100の位:ディスプレイサイズ。2は12.5インチ、3は13.3インチ、4は14インチ、5は15.6インチ
10の位:モデルイヤー。8は2018年、9は2019年
1の位:CPUのメーカー。0がインテル製(ほぼCore iプロセッサー)、5がAMD製(ほぼRyzen)

例)ThinkPad X395:「Xシリーズ」で「13.3インチ(100の位が3)」「2019年モデル(10の位が9)」「AMD製CPU搭載(1の位が5)」 

なお、これはレノボが正式に開示している識別ルールではなく、ウインタブ独自の解釈です。しかし、ほぼ正確だと思いますので、製品選びの参考にして下さい。

Xシリーズ:薄型軽量の上級モバイルノート

ThinkPad X1 Yoga(2019) 正面

ThinkPad X1 Yoga(2019)

Xシリーズは基本的に「モバイルノート」で、ThinkPadシリーズのイメージリーダー的な存在です。スペックはシリーズ中で最も高く、サイズも最もコンパクトであると言えます。ただし、価格も最も高価です…。

【2019年モデル】
ThinkPad X1 Extreme(2019)(32%OFF)
ThinkPad X1 Carbon (2019)(34%OFF)※14インチモバイルノート
ThinkPad X1 Yoga(2019)(32%OFF)※14インチコンバーチブル2 in 1
ThinkPad X390(最大50%OFF)※13.3インチモバイルノート
ThinkPad X390 Yoga(最大29%OFF)※13.3インチコンバーチブル2 in 1
ThinkPad X395(最大54%OFF)※13.3インチモバイルノート(AMD製CPU搭載)
【2018年モデル】
ThinkPad X1 Extreme(最大43%OFF)※15.6インチ、外部GPU搭載ノート
ThinkPad X1 Carbon (2018モデル)(最大39%OFF)※14インチモバイルノート
ThinkPad X1 Yoga(2018)(最大44%OFF)※14インチコンバーチブル2 in 1
ThinkPad X280(最大57%OFF)※12.5インチモバイルノート
ThinkPad X1 Tablet (2018モデル):(最大28%OFF)※13インチデタッチャブル2 in 1

Tシリーズ:高性能ビジネスノート

Lenovo ThinkPad T490 / T590

Lenovo ThinkPad T590

モバイルノートのトップがXシリーズなら、スタンダードノートのトップはTシリーズです。型番の末尾に「s」がつくT490sやT495sなどはモバイルノートとなりますが、それ以外はスタンダードノートと考えていいです。ただし「モバイルノート」と「スタンダードノート」という用語に明確な定義はなく、ウインタブが独自に判定しているだけなので、ご注意下さい。ウインタブでは一応「重量が1.5 kgを越える14インチ以上のノートPC」をスタンダードノートと呼んでいます。

TシリーズはNVIDIA GeForceの搭載も可能な高性能マシンで、15.6インチサイズの製品にはテンキーもつきますので、自宅や事務所でじっくりPCを使いたい、という人に向きます。

【2019年モデル】
ThinkPad T490s(37%OFF)※14インチモバイルノート
ThinkPad T490(43%OFF)※14インチスタンダードノート
ThinkPad T590(39%OFF)※15.6インチスタンダードノート
ThinkPad T495s(最大46%OFF)※14インチモバイルノート(AMD製CPU搭載)
ThinkPad T495(最大49%OFF)※14インチスタンダードノート(AMD製CPU搭載)
【2018年モデル】
ThinkPad T480s(最大42%OFF)※14インチモバイルノート

Lシリーズ:メインストリームビジネスノート

Lenovo ThinkPad L390 / L390 Yoga

Lenovo ThinkPad L390 Yoga

Lシリーズは「メインストリームノート」ということになっていますが、どちらかと言うと法人向けっぽい性格になっていて、他のThinPadシリーズと比較して目立った特徴がありません。また、スタンダードノートのL480と
L580は個人向けの直販を終了していて、現在レノボの直販サイトで購入できるのは13.3インチの2モデルのみです。

2機種とも構成のカスタマイズ余地が大きく、ハイエンドのスペックに仕上げることも可能ですが、最低構成とする場合、ThinkPadのモバイルノートとしては非常に安価にすることができます。なので、X390やX280を購入する際の比較対象として適しています。

【2019年モデル】
ThinkPad L390(最大36%OFF)※13.3インチモバイルノート
ThinkPad L390 Yoga(30%OFF)※13.3インチコンバーチブル2 in 1

Eシリーズ:スタンダードビジネスノート

Lenovo ThinkPad E590

Lenovo ThinkPad E590

ThinkPadシリーズで最も「バリュー」なのがEシリーズです。14インチと14.5インチのスタンダードノートで、週末なら5万円台から購入が可能です。しかし、ThinkPadの名を冠している以上、品質に疑いの余地はなく、長く安心して使える製品であることは間違いありません。というか、実はEシリーズが一番お得(単に安いという意味ではなく、性能や品質面を踏まえてのコストパフォーマンスという意味です)なのではないか、と思いますね。

【2019年モデル】
ThinkPad E490(最大28%OFF)(36%OFF)※14インチスタンダードノート
ThinkPad E590(最大28%OFF)(35%OFF)※15.6インチスタンダードノート
ThinkPad E595(最大44%OFF)※15.6インチスタンダードノート(AMD製CPU搭載)
【2018年モデル】
ThinkPad E480(最大35%OFF)※14インチスタンダードノート
ThinkPad E580(最大35%OFF)※15.6インチスタンダードノート

Aシリーズ:AMD搭載ノート

Lenovo ThinkPad A285

ThinkPad A285

もともと「AMD製のCPUを搭載するThinkPad」ということで誕生したAシリーズですが、2019年モデルになって、他のシリーズに吸収される動きになっています。要するにXシリーズやTシリーズ、EシリーズにAMD搭載モデルが追加されています。

スポンサーリンク

ということで、現状Aシリーズをあえて購入する動機はほぼなく、強いて言えば「価格の安さ」のみです。CPUのRyzenも一世代前のものになることに注意して下さい。

【2018年モデル】
ThinkPad A285(最大58%OFF)※12.5インチモバイルノート

Pシリーズ:モバイルワークステーション

Lenovo ThinkPad P1(Gen 2)

Lenovo ThinkPad P1(2018)

他のThinkPadシリーズと少し異なるのがPシリーズです。レノボの定義だと「モバイルワークステーション」となります。CPUにCore iプロセッサーではなくXeon(マルチCPUに対応し、ECCメモリーの搭載も可能)を搭載したり、GPUにもGeForceではなくQuadroを搭載したりと、どちらかと言うと業務用、プロ用の仕様になります。技術者の人やクリエイターでもOpen GL系のソフトウェアを使う人に向き、パーソナル用途にはあまり向きません。

【2019年モデル】
ThinkPad P1(Gen 2)(38%OFF)
ThinkPad P53s(最大40%OFF)
【2018年モデル】
ThinkPad P シリーズ(最大41%OFF)
ThinkPad P1(最大42%OFF)

※ThinkPadシリーズのセール期間は7月21日まで
※クーポンは製品ページに記載されています

2.ThinkBookシリーズ

Lenovo ThinkBook 13s 展示機

Lenovo ThinkBook 13s

「シリーズ」と言ってもまだ1機種のみ、「ThinkBook 13s」しかありません。ただ、おそらく現在最もよく売れているレノボのPCはこの製品なのではないか、と思います。モバイルノートとしては申し分のないシステムスペックで、「Core i5/RAM8GB/256GB SSD」という構成のモデルが税込みで79,920円です。他に「Core i7/Radeon 540X/RAM16GB/512GB SSD」という、ビジネスマシンとしてはオーバースペックなんじゃないかと思えるくらいのモデルが税込み124,740円と、こちらもかなり割安感があります。

筐体にも安っぽさはなく、「アルミニウムとマグネシウムの合金」製で、筐体色は「ミネラルグレー」というのが公式の色名ながら、シルバーに近い感じです。ThinkPadシリーズよりも割安感のある製品ですが、「レノボのThink」にふさわしい品質だと思います。

この製品はHPのPavilion 13、DELLのInspiron 13 5000と並んでCore i5搭載モバイルノートとしては最も低価格と言えます。

ThinkBook 13s(最大43%OFF)※13.3インチモバイルノート

※ThinkBookのセール期間は7月21日まで

3.Legion

Lenovo Legion Y740

Legion Y740

最近のレノボが最も力を入れているのはゲーミングPCの「Legion」です。なんか毎週のようにニューモデルがリリースされ、ラインナップがどんどん充実していく傾向にあります。Legionシリーズはスペック面もさることながら、「他メーカーの製品に似ていない」独自性の高い筐体デザインになっています。好き嫌いがわかれるのかもしれませんが、個人的には非常にカッコいいと思います。加えて「レノボだけに」割引率が大きく、コスパという観点で見ても高い競争力があります。

「レノボのゲーミングなんてよく知らない」というなかれ、ぜひ製品ページをチェックしてみてください。なお、非常に乱暴に言うと、

Y540(15):カスタマイズ可能な15.6インチ。最上位のGPUはGTX1660Ti
Y7000(15):カスタマイズできない15.6インチ。最上位のGPUはGTX1660Ti
Y740(15):カスタマイズ可能な15.6インチ。最上位のGPUはRTX2080
Y540(17):カスタマイズ可能な17.3インチ。最上位のGPUはRTX2060
Y740(17):Legionノートのトップモデルで17.3インチ。最上位のGPUはRTX2080

という感じです。腕自慢ならY740、いろいろとカスタマイズしたいならY540、レディーメードでバランスの取れたスペックを求めるならY7000、という感じでしょうか。

Legion Y540(15)(最大33%OFF)
Legion Y540(17)(最大37%OFF)
Legion Y740(15)(最大43%OFF)
Legion Y740(17)(最大35%OFF)
Legion Y7000(GTX 1650搭載)(最大35%OFF)
Legion Y7000(GTX 1660Ti搭載)(最大36%OFF)

※Legionのセール期間は7月21日まで

4.idepad、Yoga

Lenovo IdeaPad S540(14)

Lenovo IdeaPad S540(14)

ThinkPad以外のLenovoノートで、パーソナル用途に向く製品ブランドとして「ideapad」と「Yoga」があります。本来はideapadがクラムシェルノート、Yogaがコンバーチブル2 in 1という区分けになっていたのですが、現在は「ideapadなのにYoga(コンバーチブル2 in 1)筐体」だったり、「Yogaなのにクラムシェル筐体」という製品が増えていて、両者の線引きがあいまいになってきています。なので、ideapadとYogaをひとまとめにして調べてみる、というのがいいと思います。

ウインタブが特におすすめしたいのがニューモデルのideapad C340(14インチと15.6インチのコンバーチブル2 in 1)とideapad S540(15.6インチおよび14インチのクラムシェル)、S340(14インチのクラムシェル)ですね。CPUなどの構成も新しく「コスパモンスター」と言いたくなるくらいに激安です。個人的には、特にメーカーとか製品ブランドに対するこだわりがなく、コスパ重視でノートPCを購入したいと考えている人には、ここに列挙したideapad(C340、S540、S340)がベストな選択なのでは?と思います。

ideapad

Ideapad S540 (15)(最大47%OFF)※15.6インチスタンダードノート
IdeaPad S540 (14, Intel)(最大47%OFF)※14インチスタンダードノート
IdeaPad S540 (14, AMD)(最大53%OFF)※14インチスタンダードノート
IdeaPad S340(14)(最大47%OFF)※14インチスタンダードノート
IdeaPad S340 (14, AMD)(最大48%OFF)※14インチスタンダードノート
IdeaPad C340 (14)(最大51%OFF)※14インチコンバーチブル2 in 1
IdeaPad C340 (15)(最大51%OFF)※15.6インチコンバーチブル2 in 1
Ideapad S130(11)(最大45%OFF)※11.6インチモバイルノート
Ideapad S130 (14)(最大51%OFF)※14インチモバイルノート
ideapad 330シリーズ(最大49%OFF)※14インチ、15.6インチスタンダードノート
ideapad 330Sシリーズ(最大48%OFF)※14インチ、15.6インチスタンダードノート
Ideapad 530S (インテル)(最大51%OFF)※14インチスタンダードノート
Ideapad 530S (AMD)(最大53%OFF)※14インチスタンダードノート
ideapad S530(最大31%OFF)※13.3インチモバイルノート

Yoga

YOGA S730(最大17%OFF)※13.3インチモバイルノート
Yoga Book C930(最大20%OFF)※10.9インチコンバーチブル2 in 1
Yoga C930(最大22%OFF)※13.9インチコンバーチブル2 in 1
YOGA C630(最大10%OFF)※13.3インチコンバーチブル2 in 1(Snapdragon 搭載)

※ideapadとYogaのセール期間は大部分が7月25日まで(一部は7月21日まで)

5.関連リンク(Lenovo)

今週のオススメ


公開日:

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑