Bluboo S3 - 6インチの縦長ディスプレイに大容量バッテリーを搭載するミドルスペック・スマホ。一通り「水準クリア」?

Bluboo S3
中国ブランド「Bluboo」の「どこをみてもひととおりは満足できそう」な新製品「S3」を紹介します。特に「すごい」スペックではないのですが、ミドルスペッククラスの性能を確保した上で、RAMやストレージ、ディスプレイ解像度などの構成にバランスが取れていて、しかも(ここは水準を大きく越えていますが)8,500mAhという大容量のバッテリーを搭載しています。

スポンサーリンク

1.スペック

Bluboo S3
この製品、ちょっと「発展途上」のところがあります。OSはAndroid 8.1ですが、これは「OTAアップグレード予定」という但し書きがありますので、おそらく購入時点だとAndroid 7なのだろうと思います。それと、これも先に書いておきますが、「顔認証」機能も「OTAアップグレード予定」となります。

CPUはMT6750Tで、Antutu(Ver.6)だと45,000点前後のスコアになると思われます。RAMは4GB、ストレージは64GBなので、ミドルクラスのCPUには十分な容量になっていると言えます。また、ディスプレイは6インチで縦長(アスペクト比18:9)、解像度もFHD+(2,160 × 1,080)でSHARP製と、上位クラスの製品に匹敵する構成です。

カメラも数値上はかなり高品質です。イン13MP、アウト21MP + 5MPですからね。私個人としては「中華スマホはスペック表通りのカメラ性能になっていないことが多い」という見解なのですが、中華スマホのカメラが持つ特性のようなものについて、ライターの壁さんが記事を書いていますので、そちらも合わせてご覧ください。
中華スマホのカメラって本当にダメなのか撮り比べしてみた(壁)

次にこの製品の大きなセールスポイントである「バッテリー」です。

Bluboo S3
容量8,500 mAhというのは「世界最大」とかではないです。最近の中華スマホだと、数は多くありませんが10,000 mAhを越える容量の製品もありますから。しかし、ここまで来ると、無理やり10,000 mAhにする必要もないのかな、という気はします。個人として通常の利用をするのなら、まず不満を感じることはないでしょう。

スポンサーリンク

Bluboo S3
また、この製品は他のデバイスに電力を供給できます。つまり、モバイルバッテリーとしても使えるということです。周囲にiPhoneユーザーがたくさんいる、という人は頼りにされそうな感じですね…。

サイズのほうですが、バッテリーが大容量ということもあり、「厚さと重さ」には少し注意したいところですね。厚さは1センチを越え、重量は280 gもあります。

2.筐体

Bluboo S3
この製品には「ブラック」と「ゴールド」の筐体色があります。前面はよくある縦長スマホそのもののデザインになっていますね。また、ノッチ(切り欠き)ディスプレイでもありません。入出力ポートはUSB Type-Cが採用され、イヤフォンジャックも廃止されています。つまり、Type-Cからアダプターでイヤフォン接続するタイプですね。

Bluboo S3
筐体素材は「CNC加工の亜鉛合金(Zinc Alloy)」とのことです。表面に細かい凹凸がついていて、滑りにくそうですね。個人的にはあんまり好きなデザインじゃないですけど…。

3.価格など

Bluboo S3は4月20日現在、中国の通販サイト「Banggood」でメーカーとのタイアップによる独占キャンペーン中で、通常価格199.99ドル(21,986円)のところ、先着999台のみ149.99ドル(16,489円)で購入が可能になっています。ミドルスペックで、上位機種並みの解像度を持つ縦長ディスプレイ、高画素数のカメラ、そして大容量バッテリー搭載と、通常価格の199.99ドルでも決して高くはないと感じますが、さすがに149.99ドルというのはバーゲンプライスと言えるでしょう。

性能面では、スマホでもっぱらゲームをやるという人のニーズには応えられないだろうと思いますが、それ以外の人であれば一通り不満を感じることなく使えそうな良スペック機だと思います。

4.関連リンク

Bluboo S3:Banggood

スポンサーリンク