ドスパラ秋葉原本店で話題の8インチタブレット「raytrektab DG-D08IWP」の実機を肉眼で確認しました!

ドスパラ 秋葉原本店でraytrektab DG-D08IWPにタッチ
「ドッスッパラ、ドースパラー、かいてきーべーんりなおみーせー♪」こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。4月6日、ドスパラの秋葉原本店に行き、話題の8インチWindows タブレット「raytrektab DG-D08IWP」の実機を見てきました。プレスリリースによるとこの日はraytrektabの「タッチアンドトライイベント」が開催される予定になっていたのですが、ちょうどその日にかのあゆさんと「ラーメン食べに行こうぜ!」と話していたところだったので、一緒に行ってきました。ちなみに彼は「どっちにしろ休日は基本秋葉原にいる」そうですw

スポンサーリンク

残念ながら私はイラストを描くスキルがなく、肝心のデジタイザー性能を適切にチェックすることはかないませんでしたが、実機の外観、非イラストレベルでのペン入力の使用感はある程度理解できたと思います。

ドスパラ 秋葉原本店
そういえば「これがドスパラの秋葉原本店」と意識して入店するのは初めてです。実機レビューなどでウインタブを支援してくれている会社なんですけどね。秋葉原の一等地ですが、ちょっと奥まった感のある場所に秋葉原本店がありました。店頭にはピンクのraytrektabのPOPが立ててありました。

ドスパラ 秋葉原本店でraytrektab DG-D08IWPにタッチ
お店の奥の方に展示されてましたよ!こんな感じで誰でも手にとってみることが可能でした。CLIP STUDIO PAINT DEBUT(raytrektabに標準でバンドルされます)が起動した状態になってました。

ドスパラ 秋葉原本店でraytrektab DG-D08IWPにタッチ2
ちょっと見た感じ、普通の8インチタブレットです。というかこの製品、タテ・ヨコサイズは同じドスパラの8インチ「Diginnos DG-D08IW2L」と全く同じです。

ドスパラ 秋葉原本店でraytrektab DG-D08IWPにタッチ3
背面の質感とかデザインも、私の記憶に間違いがなければDG-D08IW2Lと同じですね。なお、ゴム足のようなものがついていますが、これは展示品なのでつけられているもので、実際の製品にはありません。

ドスパラ 秋葉原本店でraytrektab DG-D08IWPにタッチ4
側面はスペック表によると10.1 mmと、最近の8インチタブレットとしては厚みのあるほうです。見た感じも少し厚みがありますね。ただし、重量が特に重く感じるということはありませんでした。スペック表だと約400 gということなので、8インチタブレットとしては重いほうであることは間違いないですけど。

スポンサーリンク

ドスパラ 秋葉原本店でraytrektab DG-D08IWPにタッチ5
せっかくのCLIP STUDIO PAINTですが、あいにくこのソフトウェアを使ったことがなく、「よくわからない」ので、ブラウザー「Edge」に手書き入力してみました。Edgeで使うぶんには非常に快適で、ペン先のズレもありませんし、筆圧もしっかり機能しており、Edge本来の用途である、「Webページにメモ書きして保存する」ような使い方だと満点をあげられる感じです。

ドスパラ 秋葉原本店でraytrektab DG-D08IWPにタッチ6
CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)についてはそもそも「使い方がわからない」という状態で、ドスパラのスタッフの方に質問しつつ、でもどうせイラストなんて描けないので、ペン先の太さを変えたりしながら少し殴り書きをしてみました。

クリスタについては細い線、というか一般的に使いそうな太さの線で描いてみると普通にストレスなく使えるのですが、画像にあるようにペン先を最大の太さにしてササッと描くと、描画がワンテンポ遅れます。展示品で長時間起動しっぱなしですし、私達も含めお客さんが好き勝手にいじり回していたこともあり、RAMが無駄に食われていたのかもしれません。また私達がクリスタについて適正な使い方をできていない、ということもあるので、クリスタを知りもしない人間が10分くらい触っただけでしっかり評価できるはずもありませんが、レイヤーをたくさん作るとかの場合だとCPUにせよRAMにせよ、パワー不足となるかもしれません。

ドスパラのスタッフの方に少しお話をうかがいました(ウインタブだとは名乗ってませんし、名乗ったとしても「はぁ?」くらいのリアクションだったと思います)。ディスプレイ解像度が1,280 × 800にとどまっていることについては、やはりCPUなどのスペックがそれほど高くないことを考慮して負荷の小さいものにした、とのことでした。この製品で精緻なイラストの仕上げをする、ということではなく、出先で思いついたまま下書き(「ラフ」でいいっすか?)をしてもらうなどの用途を想定しているようです。ただし、これは私達に説明してくれた秋葉原本店スタッフの方(すごく接客態度良かったですよ)のお話であって、商品開発責任者の公式説明ではありません。

Atomタブレットをすでに持っている人であれば、ほぼ想定内の挙動であると考えていいと思います。また、ドスパラではraytrektabを発売まで秋葉原本店で常設展示する、ということなので、イラストを描く目的での購入を検討していて、秋葉原に行くことができるのであれば実機に触れてみたほうがいいと思います。また、これも秋葉原本店のスタッフの方のお話ですが、大都市の支店などでも発売(4月27日)までの期間にraytrektabを展示する可能性がある、ということなので、ドスパラの実店舗が近くにある、という人は問い合わせてみるといいでしょう。

ところで、ドスパラの実店舗に行くと決まって流れている「ドスパラのテーマ」というのがあります。

この曲なんですけど、いいとか悪いとかでなく、「耳に残り具合が異常」です。いやほんと。この日もraytrektabを見ている間ずっとこの曲が流れていまして、そのときは全然気にしてなかったんですけど、かのあゆさんと別れて電車に乗り、地元駅について自宅まで歩いている最中、無意識にこの曲の冒頭部分を口ずさんでましたから。

上のYouTube動画はドスパラの公式チャンネルのものですが、この記事を書くために聴いていたら、なんかリピートしちゃうんですよ。よくわかりませんが、個人的には中毒になるおそれのある曲なのかな、とw

関連リンク

筆圧感知ペン付き8インチタブレット「“raytrektab” DG-D08IWP」 発売日が4月27日に決定:ドスパラ プレスリリース
ドスパラ raytrektab DG-D08IWP - 小型Windowsタブレット期待の星が4月27日に発売決定!

スポンサーリンク

Comment

  1. shukaku より:

    ドスパラのテーマ曲の印象は同感です。札幌店でも耳にしまして、帰り道にしばしば脳内でリピート再生してます。^^;

    • NIA より:

      こんばんわ
      ・・・そして「ソフマップ」で上書きされるw・・・「ヨドバシカメラ」の方かも。ココ出来るまで関西人は「エキサイト」だったんですけどね。曲は一緒で詩が違います。

    • NIA より:

      やはり描けるスペースが小さいですね。っていうか小さすぎます。ウィンドウ全消しでやっとラフ描ける位かな?

      • wintab より:

        NIAさん、こんにちは、コメントありがとうございます。にっぽんばしでチェックしていただけると助かりますw ただ、展示機だと挙動はあまりスムーズじゃなかったんですよね、クリスタ。

    • wintab より:

      shukakuさん、こんにちは、コメントありがとうございます。私なんて人通りがないのをいいことにリアルに声出して歌っちゃいましたから。

  2. ひらめ より:

    http://www.links.co.jp/item/te10ea3/
    この製品なんですがワコムスタイラス付属で10.1インチFHDんでもって五万円以下と、4096階調の筆圧感知とブランド力持っていても存在感が薄くなってしまいそうなキラー商品…どうなんですかね?

    • wintab より:

      ひらめさん、こんにちは、コメントありがとうございます。いただいたコメントの後、記事を書いています。Wacomデジタイザー搭載機は固定ファンというか、それだけで注目する人が多いと思うので、一定の人気はでしょうですね。あと、8インチか10インチか、というのも大きいと思いますよ。

  3. ひらめ より:

    しかもIP54準拠の防水w

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest セール


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑