ドスパラ F-14IC - 14インチのCore i5搭載モバイルノート。使いやすそうな新筐体と低く抑えられた価格が魅力です。

ドスパラ F-14IC
ドスパラ(会社名はサードウェーブ)が14インチのモバイルノート「F-14IC」を発売しました。CPUにCore i5を搭載し、14インチで1.2 kgと軽量です。ドスパラからモバイルノートが発売されるのは久しぶりですが、十分な性能とリーズナブルな価格を両立した製品に仕上がっています。
F-14IC:ドスパラ

スポンサーリンク

1.スペック

  F-14IC
OS Windows 10 Home/Pro
CPU Intel Core i5-1035G1
外部GPU なし
RAM 8GB(最大32GB)
ストレージ 256GB M.2 NVMe SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 14インチ (1,920 x 1,080)
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.1
入出力 USB 3.2 Gen2 Type-C × 2、USB 3.2 Gen1 × 2、microSDカードリーダー、オーディオジャック
カメラ Webカメラ
バッテリー 稼働時間 約14.4時間
サイズ 321.0 × 214.5 × 14.8 mm
重量 1.2 kg

ドスパラの製品は注文時に構成をカスタマイズできるものが多いですが、このF-14ICはほとんどカスタマイズ余地がなく、OSをPro版にできることと、Officeなどのソフトウェアの付属有無を選べるくらいにとどまります。

CPUは第10世代(Ice Lake)のCore i5-1035G1です。タイミング的に「なぜ第11世代ではないの?」という気もしますが、第10世代でもビジネス・モバイルノートとしては十分な性能と言えるでしょう。また、このCPUは開発コードネームがIce Lakeではありますが、内蔵GPUはIris Plusではなく、Intel UHD Graphicsです。

RAMは8GB、ストレージは256GBと、Core i5搭載モバイルノートとしては標準的な構成で、「過不足なし」という感じです。また、ディスプレイも標準的といいますか、14インチのFHD解像度で、メーカーは「IPS」と表記していないものの、過去のウインタブでのドスパラ製品の実機レビュー経験に照らし、ほぼ確実にIPS相当のものが使われていると推測します。

通信まわりではWi-Fi6(ax規格)に対応し、入出力ポートもUSBに関しては充実しています。ただし、HDMIなど映像出力専用ポートはありません。映像出力はType-Cを使え、ということでしょう。

サイズは14インチの上位クラスのモバイルノートとしては「普通くらい」ですね。モバイルノートとしては十分にコンパクトだと思います。

スポンサーリンク

2.筐体

ドスパラ F-14IC
すみません、背景がちょっとうるさくなっていますが、正面から見たところです。ベゼル幅は非常に細く、特に下部ベゼルが非常に細く見えますね。

ドスパラ F-14IC
下部ベゼルが細く見える理由はこれです。ASUSなど、最新のノートPCによく見られる「リフトアップヒンジ」を採用しています。ヒンジ開口時に天板の後部が底面に潜り込み、その結果筐体後部がせり上がるような構造で「キーボード面に適度な角度がついてタイピングしやすくなる」及び「底面に空洞ができるため、冷却効率が高まる」というメリットがあるとされています。

しかしこの製品「がっつりリフトアップ」しますね…。

ドスパラ F-14IC
天板です。最近のドスパラのスタンダードノートにもよく見られる「完全無地」です。筐体素材は開示されていませんが、おそらくアルミ合金だと思います。また筐体色も開示がありませんが、少しだけ青みがかったグレー、あるいはシルバーに見えます。

ドスパラ F-14IC
キーボードです。ご覧のように日本語配列で、キーピッチは19 mmと開示されています。レイアウト的にも強いクセはなく、あるべきところにあるべきキーが、大きくあるべきキーは大きく、と感じられます。バックライトについては説明がありませんでしたが、この画像のF10キーのところにバックライトのアイコンが見えますね。また、右上の電源ボタンは指紋センサーも兼ねています。

そして、これも説明がなかったのですが、キーボード面の左右にスピーカーグリルが見えます。この位置であれば音質面でも期待できそうです。ただ、このような形状(キーボード面の左右にスピーカーグリル)の他社製品のレビューをしたことが何度かありますが、一度だけ「ダミー」だったことがありまして、若干不安ではありますけどねw

ドスパラ F-14IC

クリックで拡大します

側面と入出力ポートの配置です。HDMIポートはありませんが、USB Type-Cポートで映像出力は可能です。また、Type-Cポートは充電/給電ポートも兼ねています。

3.価格など

ドスパラ F-14ICはドスパラ公式サイトで販売中で、12月6日現在の価格は74,980円(税込み82,478円)です。また、現在ドスパラでは「Winter PC Festival」を開催中で、F-14ICを購入すると5,000円分のポイント(ドスパラで使えるもの。)がもらえます。正規に5,413ポイントもつきますので、合計で10,413ポイントがもらえることになります。かなりお得ですね(エントリー要、詳しくは下記をご覧ください)。

Winter PC Festival ポイントキャンペーン:ドスパラ

Core i5を搭載するモバイルノートとして、スペックは標準的ながら使い勝手のよさそうな新筐体を採用し、価格も低く抑えられていると思いますので、購入を検討する価値がある製品と言えるでしょう。

4.関連リンク

F-14IC:ドスパラ

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    Core i5-1035G1でこの値段では全然コスパ良いとは思えない。