DELL XPS 12 - ついに日本正式発売!価格とバリエーション(1つだけ)が判明

公開日: : DELL , ,

DELL XPS 12
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。この日を待っていた人も多いでしょう。ついにDELLの12.5インチ2 in 1「XPS 12」が正式に日本発売となりました。XPS 12はここしばらくのWindows タブレット市場で最も「ホット」なセグメントである「Surface Pro 4クラス」の製品で、多くの競合機種がある中、非常に魅力的なスペックとデザインを持つ製品です。
New XPS 12 タブレットパソコン(2016/1/19発売)

スポンサーリンク

1.日本向けスペック

OS: Windows 10 Home / Windows 10 Pro (ともに64ビット)
CPU: Intel Core m5-6Y57
RAM: 8GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 12.5インチ(3,840 x 2,160)※4Kディスプレイ
ネットワーク: 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1
カメラ: イン5MP / アウト8MP
入出力: USB Type-C(Thunderbolt 3) ×2、オーディオ、SDリーダー
バッテリー: 30WHr(詳細不明)
サイズ: 
  タブレット: 291 × 193 × 8 mm / 重量 790 g
  キーボード込み: 291 × 198 × 16-25 mm / 重量 1.27 kg
価格: 159,980円

補足します。日本仕様のXPS 12は1グレード構成となっており、名称は「スタンダード」となっていますが米国市場向けの上位モデルに相当します。具体的にはストレージに128GBの設定がないこと、そしてディスプレイが4K対応の超高精細なもののみで1,920 x 1,080の設定がありません。

また、CPUは米国仕様が「Core m5-6Y54」なのに対し、日本仕様は「Core m5-6Y57」です。両者の違いはターボブースト時のクロックスピードが6Y54が2.7GHzとなっているのに対し6Y57は2.8GHzであること、および6Y57のみ「vPro」対応であることです(vProについてはこちらをご覧ください)。

スペック表の範囲でカスタマイズ可能なのはOSのバージョンのみで、あとはOfficeの有無やオプション類の構成が可能になっています。また、キーボードはカスタマイズ可能なのですが、正直ちょっとわからない部分が残っています。XPS 12の兄弟機と言っていい「Latitude 12 7000」の紹介記事で2種類のキーボードが存在していることを書いたのですが、日本向けのXPS 12にもこの2つのキーボードが選べるようになっているようです(後述します)。

日本仕様の価格は159,800円なのですが、米国向けの上位モデル(全くの同スペックというわけではありません)の価格が1,299.99ドル(約153,000円)であることを考えると、内外価格差はほとんどない(為替レート次第で逆転もありうる)、と言えるでしょう。

スポンサーリンク

2.キーボードについて

Dell Latitude 12 -7000 スリムキーボード
Dell Latitude 12 7000 スリムキーボード
日本仕様に標準で付属するキーボードは「Slim Folio バックライトキーボード」です。上の2枚の画像は「Latitude 12 7000」がCESに出展された際のものですが、「Folio」という表現になっているので、おそらくXPS 12に標準で付属するのはこちらだと思われます。なので、トップ画像に使っているようなスタイルが標準、と言えそうです。

DELL XPS 12
溝にはめ込む方のタイプ、というかそもそもこっちが標準キーボードだと思っていたのですが、どうやらこれがオプションになるんでしょう。ただ、DELLの製品ページを見ていても判然としないので、この部分は後日訂正させていただく可能性があります。すみませんがご了承下さい。

3.ライバルとの勝負は?

XPS 12のライバルとしては、ご存知「Microsoft Surface Pro 4」のほか、「HP Elite x2 1012 G1」「富士通 arrows Tab RH77/X」などがあります。もちろんそれ以外にもLenovoとかNECとか、「ちょっと違うけどコンセプトは似ている」というのがたくさんありますよね。私、このジャンルは2016年の激戦区であると思います。

そんな中でXPS 12のセールスポイントはなんといっても4Kディスプレイと「ベゼルレス」の美しいデザインでしょう。素材も「マグネシウム合金のユニボディ」ですし。XPSというのはDELLの中でもハイエンドな製品に使われるブランド名なのですが、その名に恥じない高級感のある製品ですよね。今回価格が明らかになりましたが、Surfaceなどのライバルと比較して十分競争力があると思います。というか個人的にははっきり「安い」と感じます。

4.関連リンク

New XPS 12 タブレットパソコン(2016/1/19発売)

Comment

  1. 禿しいベイ より:

    うぐぅ、早まった…。

    欲しいです(笑)

    • wintab より:

      禿しいベイさん、こんにちは、コメントありがとうございます。個人的にこの製品はかなり安いように思います。内外価格差がない、というのもうれしいですね。DELLのイメージはこのモデルとXPS13で大きく変わりましたね。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest Easter promotion

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑