DELL Inspiron 11 3000 2-in-1 - フレンドリーデザインのクラウドブックが2 in 1になったよ!

公開日: : DELL ,

DELL Inspiron 11 3000 2 in 1
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。DELLのInspiron 11 3000といえば、11.6インチのモバイルノートPCで、複数のバリエーションがあり、下位のモデルはクラウドブックとして手軽に購入できる、フレンドリーなデザインの製品です。ウインタブではInspiron 11 3000を2機種試用させてもらったことがあり、実機レビュー記事を書いています。

スポンサーリンク

DELL Inspiron 11 3000 -これぞクラウドブック!しっかり感抜群の11.6インチモバイルノート(実機レビュー)
DELL Inspiron 11 3000 エントリー・プラス - クラウドブックをスペックアップ!きびきび動く11.6インチノートPC(実機レビュー)

実機の試用を通じ、私はInspironがすごく気に入りました。外見は高級感はなく、カラフルでかわいいノートPCなのですが、筐体のしっかり感が抜群で、非常に信頼性の高い品質であったと思っています。

今回紹介する「Inspiron 11 3000 2-in-1」は「Inspiron 11 3000」が持つイメージそのままに、キーボード非分離・ディスプレイ360度回転式の2 in 1に姿を変えてリリースされています。これは楽しみ!

1.スペック

OS: Windows 10 Home 64ビット
CPU: Intel Celeron N3060 / Pentium N3710 / Core m3-6Y30
RAM: 2GB / 4GB
ストレージ: 32GB eMMC / 500GB HDD
ディスプレイ: 11.6インチ(1,366 × 768)
ネットワーク: 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0
入出力: USB 2.0 × 2、USB 3.0、HDMI、microSDスロット、オーディオ、電源
サイズ: 291.6 × 201.9 × 20.9 mm / 重量1.21 kg
価格: 39,980円(税抜き)~

この記事ではクラムシェルの従来型「Inspiron 11 3000」と比較しながら書いていきます。従来型が2つのバリエーションであったのに対し、2 in 1のほうは3つのバリエーションとなりました。「エントリー」と「エントリー・プラス」、そして「スタンダード」です。「エントリー」はCeleronにRAM2GB、ストレージ32GB、「エントリー・プラス」はPentiumにRAM4GB、ストレージ500GB HDD、「スタンダード」はCore m3にRAM4GB、ストレージ500GB HDDとなります。

Inspiron 11 3000にCore m3が搭載された、というのはうれしいニュースですが、Celeron、Pentiumとも型番が変更になっており、Celeronは「N3050」から「N3060」に、Pentiumは「N3700」から「N3710」となりました。

型番からしてリファイン版ということになると思いますし、具体的にどのくらい性能が向上しているかは不明なのですが、目立つところではバースト周波数が上昇しています。N3050の2.16GHzに対しN3060は2.48GHzに、N3700の2.4GHzに対しN3710は2.56GHzとなっています。少なくとも性能はダウンしていないはずなので、素直に喜んでいいと思います。

また、2 in 1なので当たり前ですがディスプレイはタッチ対応です。従来型はタッチ非対応である上、品質がイマイチ(視野角が狭かったのでIPSではないはず)だったのですが、2 in 1のほうはどうでしょうかね?

個人的にちょっと残念なのはエントリー・プラスとスタンダードのストレージで、従来型は128GBのSSDだったものが500GBのHDDに変更されています。容量アップを喜ぶ人もいると思いますが、私は128GBであっても断然SSDのほうが好みですし、クラウドストレージを活用する人なら私と同じ考えの人が多いんじゃないでしょうか。

それともうひとつ残念なのがWi-Fiが5GHz帯に対応しなくなったことです。コストダウンが理由なんですかね?せっかくCore mまで搭載できるようになったのに、ちょっともったいない気もします。

あと、サイズのほうはわずかに従来型より大きくなっていますが、ミリ単位の差なので体感的にはそんなに変わらないレベルだと言えます。重量は1.21 kgで、従来型と大差ない(従来型は1.18 kg~1.22 kg)ですが、これは2 in 1としては立派だと思います。一般的にはディスプレイ回転型の2 in 1のほうが重くなってしまうことが多いですから。

2.筐体

DELL Inspiron 11 3000 2 in 1 カラーバリエーション
現時点でこの製品の筐体色はレッドのみ(!)です。従来型にあったホワイトは選べません。しかし、上の画像を見てもらえればわかりますが、ホワイトも存在しているようなので、近日中に追加されるんじゃないか、と思います。ビジネスマシンとして使う場合はレッドしか選べないのは厳しいかな、と思うんですけどね…

スポンサーリンク

DELL Inspiron 11 3000 2 in 1 タブレットモードなど
2 in 1なので、タブレットモードやテントモード、スタンドモードなど筐体レイアウトはかなり自由度が高いです。11.6インチというサイズもあり、クラムシェルタイプに比べると便利に使えることもありそうですね。

DELL Inspiron 11 3000 2 in 1 キーボード
キーボードです。このレイアウト、私が試用した従来型とは全然違うんですよね。でも、米国DELLのwebサイトで確認したら、英語配列の場合、従来型もこのレイアウトになってました。

DELL Inspiron 11 3000 キーボード
ちなみにこっちが従来型のキーボードです。おそらく日本で2 in 1を購入すると、このレイアウトになると思います。

DELL Inspiron 11 3000 2 in 1 各部名称
ポート類は従来型より充実してます。といってもUSB 2.0ポートが一つ増えただけですけどね。あと、2 in 1なので側面に電源ボタンと音量ボタンがついてます。上の画像、番号順に「1.電源ボタン | 2.ボリュームコントロール | 3.オーディオジャック | 4.USB 2.0 | 5.Nobleロックスロット | 6.電源アダプタポート | 7.HDMI | 8.USB 3.0 | 9.microSDカードリーダー」となります。

また、従来型同様、2 in 1のほうもかなり厳しい耐久テストをクリアしてます。以下にDELL製品ページの記述を引用します。

DellのInspironノートパソコンでは、新しいPCをお客様に長くご愛用いただけますよう、厳しい環境での使用も範囲に入れた様々な信頼性テストを実施しています。

• 過酷な熱条件
ロッカールームから閉め切った車内まで、Inspironノートパソコンが短時間の過酷な熱条件(最大65 °C / 149 °F)に耐えられるかどうかテストしています。

• ヒンジの緩み
Dellでは、Inspironノートパソコンが、カバーを20,000回開閉してもヒンジに緩みがないことを確認しています。

•入力環境の耐久性
よく使用されるキーを1,000万回打鍵し、またタッチパッドボタンを100万回タッチするテストを実施し、エラーが発生しないことを確認しています。

• ボタンの耐久性
電源ボタンおよびマルチメディアボタンで問題が発生しないように、全ボタンを最大4万回押して耐久性をテストしています。

•PC 本体のひねり
すべてのInspironノートパソコンの基部とカバーに2万5,000回以上もひねりを加えるテストを実施することで、内部の部品がきちんと保護されていることを確認しています。

3.価格と発売時期

DELL Inspiron 11 3000 2-in-1はDELL公式サイトで販売が開始されており、上に書いた通りカタログモデルは大別して3つ、これにOfficeの有無を選べるようになっています。

エントリー: 43,178円
エントリー・プラス: 64,778円
エントリー・プラス・Officeつき: 86,378円
スタンダード: 73,418円
スタンダード・Officeつき: 95,018円
※税込み価格。Officeは「Microsoft Office Personal Premium」

若干割高に見えますよね。でも大丈夫。DELLもLenovoと同じようにしょっちゅうクーポンセールをやってまして、この価格より数千円から1万円程度安く買えることが多いです。

個人的には「エントリー」に魅力を感じます。従来型の試用を通じ、筐体のデキは文句なしだと思います。しっかり感が高くて信頼できるうえ、ヘタに高級感を出そうとしていないのも好ましいです。

4.関連リンク

New Inspiron 11 3000シリーズ 2-in-1:DELL公式サイト

Comment

  1. 匿名 より:

    これきっと従来型とおなじで、エントリーはRAM、ROM共換装不可能な直付けタイプで
    エントリープラスより上は換装可能なのではないでしょうか?
    すくなくともHDDはSDDに換装できるんだと思いました。
    atom嫌いな人が、換装前提で値引きになったとき買う機体という
    現在の流れをそのままひき継ぎそうな?

    • miyuki より:

      ↑すみまません。
      miyukiでした。

    • miyuki より:

      あ゛~っっ!!
      しかも、ソリッドステートドライブだしぃ!!!

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。それは初耳でした。従来型がそうなんであれば、確かにSSDへの換装は可能なんでしょうね。ちなみにいま値引き中っす!

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
Probox
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑