acer Swift 5 - 14インチモバイルノート、オーソドックスでビジネスにもプライベートにも使いやすそう

公開日: : acer , ,

acer Swift 5
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。本日はacerの新製品の記事が続いていますが、またしてもacerの新製品「Swift 5」の紹介です。先に紹介した「Spin 7」「Swift 7」と同時に日本発売が発表されました。常識的には「Swift 7の下位モデルがSwift 5でしょ?」となりますし、価格はSwift 5のほうがずっと安いのですが、製品特性が全然異なり、個人的にはむしろSwift 5が一番気に入ってます。

スポンサーリンク

1.スペック

OS: Windows 10 Home 64ビット
CPU: Intel Core i5-7200U
RAM: 4GB
ストレージ: 256GB SSD
ディスプレイ: 14インチFHD(1,920 × 1,080)
カメラ: インのみWebカメラ
入出力: USB 3.0 × 2、USB Type-C、HDMI、オーディオジャック
ネットワーク: 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1
バッテリー稼働時間: 13時間
サイズ: 327 × 228 × 14.58 mm / 重量 1.3 kg

Swift 7やSpin 7がCPUに旧Core m系のものを搭載しているのに対し、この製品は「普通の」Core i5-7200U(Kabylake)を搭載しています。従って、CPU性能だけで言うとSwift 7よりも上、と考えられますが、Swift 7がCore m系のCPUとすることによってファンレス筺体を実現しているのに対し、この製品の方はおそらくファンがついていると思います。

また、ディスプレイサイズも13.3インチではなく、14インチサイズとなっています。そして、入出力ポートはUSB Type-Cもついていますが、フルサイズ(Type-A)のUSBポートも2つあり、HDMIも装備しています。入出力ポートをType-C × 2のみに絞り込んだSwift 7とは大きな違いがあるといえます。もちろんSwift 5のほうがずっと使いやすいでしょうね。

ただ、ウインタブ読者的にはRAMが4GB固定で増設不可、というのを残念に思う人もいるかもしれませんね。ストレージは256GB SSDですから十分な容量が確保されていると思います。

また、バッテリー稼働時間も13時間と長く(ただし、誰が使っても公称値通りとは限らないです)なっており、多少割り引いて考えても高い実用性がありそうです。

「そのかわり」と言ってはなんですが、Swift 7よりも厚く、重くなっています。でも厚さ14.58 mmで重量1.3 kgというのは、派手じゃないですけどモバイルノートとしては十分に使えるサイズだと思います。

2.筺体

acer Swift 5 正面
筺体正面です。13.3インチと変わらない筺体サイズに14インチのディスプレイ、ということなのですが、そのために左右のベゼル幅は8 mmと細くなっており、デザイン面にもプラスに寄与しています。なお、筺体素材はアルミニウムです。

スポンサーリンク

acer Swift 5 天板
天板です。この模様というかパターン、どっかで見たことがあるなあ、と思ったら「Aspire S13」にそっくりでした。Swiftブランドですけど、Aspireっぽくもあり…、という感じですかね。それと、筺体色の表記なんですけど、Swift 7とSpin 7は「シェールブラック」で、Swift 5とAspire S13は「オプシディアンブラック」になっています。

acer Swift 5 キーボード
キーボードです。日本向けには日本語配列のものが用意されます。これもSwift 7とは全然違っていて、バックライトがついていますし、指紋センサーも内蔵しています(タッチパッド左上)。はっきり言ってAspire S13にそっくりですね。また、タッチパッドもSwift 7やSpin 7ではかなり大型のものが装備されていたのに対し、Swift 5ではそれがやや小さくなっているようです。ただし、もちろんジェスチャ対応はしてます。

acer Swift 5 側面
側面です。Swift 7やSpin 7を見た後でこの画像を見ると「おお、普通じゃん」となりますね。ビジネス利用だとUSBポートがもうひとつ欲しいとか、映像系でD-subも欲しい、とかはありますが、モバイルノートとしては最低限これで大丈夫と言えそうです。

3.価格など

acer Swift 5は2月16日の発売で、ビックカメラなどでは予約注文の受付が開始されています。ビックカメラでの価格は税込み118,573円(ポイント10%つき)となっていて、Swift 7やSpin 7の「半額強」くらいです。ただし、Swift 7とSpin 7には付属するOffice Home & Business PremiumはSwift 5には付属せず、かわりに「KINGSOFT Office 2013 Standard」となります。

個人的な感想として、ビジネスにもプライベートにも使うとか、あちこち持ち歩いて使い倒す、みたいなことを考えるなら、「7」じゃなくて「5」のほうかな、と思います。確かに「7」よりも大きくて重いですけど、バッテリーは長持ちしそうだし、ポート類も充実してるし…。そして価格もずっと安いんですよね。

ただ、この製品についても、決して割高とは言いませんが、「もう少し安くならんかな」くらいには思います。ドスパラのAltair F-13とかLenovo ThinkPad 13など、このクラスは競合製品が多いですからね。

4.関連リンク

Swift 5:acer公式サイト 製品紹介
Acer Swift 5 オブシディアンブラック:ビックカメラ
icon

Comment

  1. 匿名 より:

    何でCPUはi5なのにメモリ8GBじゃないんだろ?

  2. Wintab より:

    こんにちは、コメントありがとうございます。どうせなら8GBにしたほうが、少し高くなりますけどよく売れそうですよね。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
Probox
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑