acer Aspire ES1-132 ー Apollo Lake搭載の11.6インチモバイルノート、リーズナブルな価格で納得のスペック

公開日: : 最終更新日:2017/08/14 acer , ,

acer Aspire ES1-132
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回もまた、製品リリース時に紹介記事を書いていなかったモバイルノートです。「acer Aspire ES1-132」なのですが、この製品の前身機となる「Aspire ES1-131」についてはすでに紹介記事を書いています。型番が「132」となって変更された箇所は多くはなく、見た目もあまり変わりませんが、豊富な入出力ポートを備えた「そこそこ使える11.6インチ」として非常によくできた製品だと思います。

スポンサーリンク

1.スペック

OS: Windows 10 Home 64ビット
CPU: Intel Celeron N3350
RAM: 4GB
ストレージ: 500GB HDD / 64GB eMMC
ディスプレイ: 11.6インチ(1,366 × 768)
ネットワーク: 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth
入出力: SDカードリーダ、USB 3.0、USB 2.0 × 2、HDMI、LAN(RJ45)
カメラ: ウェブカメラ
バッテリー: 3,220 mAh / 8時間
サイズ: 291 × 211 × 21 mm / 重量1.25 kg

モデルチェンジされた際に紹介記事を書いていない、と言ってもモデル自体決して古くはなく、したがってスペックも最新と言っていいものになっています。前身機からの変更点は少ないものの、重要な部分が変更されています。CPUがApollo Lake世代のCeleron N3350となりました。前身機がCeleron N3050でしたから、各種ベンチマークスコアなどを比較すると「若干」の性能アップとなっています。ただ、どちらかと言うとApollo Lakeによる省電力性能のアップが大きいです。前身機のバッテリー稼働時間が5.5時間となっていたのに対し、8時間まで伸びていますから。

また、モデルチェンジによりストレージに選択肢が生まれ「500GB HDD」に加え「64GB eMMC」も選択できるようになりました。eMMCはSSDと同じシリコンディスクですが、アクセス(データの読み書き)速度はそれほどでもありません。しかし、HDDよりは高速ですし、構造上HDDよりも壊れにくく、軽いです。そして価格が抑えられます。この製品でもHDDモデルとeMMCモデルだと実売価格で5,000円ほどの差(eMMCのほうが安い)になっていますので、内蔵ストレージをそれほど多く必要としない人にはうれしいバリエーション追加となります。

それと、この製品はポート類が非常に豊富です。11.6インチながら3つのUSBポート、フル規格のHDMI、そして有線LANポートも装備します。また、SDスロットもmicroではありません。SDカードのサイズは「大は小を兼ねる」、つまり、microSDカードはアダプターを使うことによってフルサイズのSDスロットで使えますが、フルサイズのSDカードはどうやってもmicroSDスロットでは使えません。なので、スロットがフルサイズというのはモバイルノートとしてはメリットになります。

もちろんサイズ感もいいです。11.6インチで重量1.25 kg(正直もうひと頑張りしてほしかったけど)というのはモバイル利用でも快適に使えると思います。

2.筐体

acer Aspire ES1-132
この製品は筐体色に「レッド」も用意されます。前身機から大きくは変わっていませんが、立体感のある造形になっています。

acer Aspire ES1-132
このアングルから見ると「立体感」がわかると思います。キーボード面の後部からヒンジにかけての処理が独特ですよね。あと、独特といえば「この配色」も…。また、この製品はプラスティック筐体だと思うのですが、天板の細かい模様もデザインアクセントになっています。

スポンサーリンク

acer Aspire ES1-132
保守的というか、一般的な色彩感覚の持ち主も安心、ブラックの筐体色も選べます。ブラックであれば万人向けかな、と。ただ、ブラックの方はかなり品薄ですし、実売価格もレッドのほうがずっと安いんですよね。

acer Aspire ES1-132
この製品、入出力ポートが充実しているのはいいのですが、配置が独特です。「左右の側面」ではなく「背面と右側面」にポートがあります。別にこれが悪いというわけではありませんが、背面にUSBが2つ、ってどうなんでしょうね?HDMIとか有線LANポートは背面でいいと思いますけど。

acer Aspire ES1-132 キーボード
キーボードです。この画像は英語配列ですが、日本向け製品は日本語配列となります。acerのキーボードは以前使っていたAspire Switch 10(10.1インチ、キーボード分離型2 in 1)で慣れていますが、10.1インチサイズでも少し慣れれば問題なく、いやむしろ快適に打鍵できましたので、この製品のキーボードもおそらく心配はいらないと思います。

3.価格など

acer Aspire ES 11 ES1-132はAmazonなどの通販サイトや家電量販店で販売中で、価格は下記のとおりです。

Aspire ES1 ES1-132-H14P/R(64GB eMMC):32,992円
Aspire ES11 ES1-132-F14D/R(500GB HDD):37,511円
※税込み。8月13日現在のAmazonでの価格

少し調べてみましたが、上に書いたとおり筐体色がレッドのものが非常に安く、ブラックは価格が高いばかりか、そもそも販売店を見つけるのに苦労します。なので、ここは「漢の赤」でいく覚悟を決めてくださいw 価格の方はかなり安くなっており、クラウドブックよりもワンランク上の、ビジネスにも使えるモバイルノートを、というニーズであればいい選択肢になるのではないか、と思います。なお、この製品も含めてオピニオン記事「11.6インチのノートパソコンを「Apollo Lake、RAM4GB、4万円以下」縛りで選ぶ!」を掲載していますので、興味のある人はあわせてご覧ください。

4.関連リンク

Acer ノートパソコン Aspire ES1-132-H14P/R:Amazon
Acer ノートパソコン Aspire ES1-132-F14D/R:Amazon
※8月14日追記:H14P/Rのほうは、Amazonで10%引きになっていますので、さらにお買い得です!

Comment

  1. 匿名 より:

    書き込み失礼します。アマゾンの Aspire ES1-132-H14P/Rですが、今見たら10%オフクーポンが使えて、¥ 29,693になりますね。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。頂いた情報をもとに記事に追記しました。失礼だなんてとんでもない!有益な情報ありがとうございました。

  2. 匿名 より:

    1366 × 768…
    あと一歩ですね。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。ウインタブ読者(タッチ対応機の高精細ディスプレイに慣れている)的にはおっしゃる通りかと思います。ノートPCとしては価格が安いのでOKとしておきましょう…。

  3. 匿名 より:

    単純に考えてHDDとeMMCだと重さが違う気がするけど1.25kgってどちらの重さなのだろう?
    あとeMMCはボードにくっついてるからHDD選んでもeMMCとデュアル構成な気がするけどちがうの?
    HDD挿せるって事はeMMC版買って後ろ開ければ簡単にSSD増設出来るのかな?

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。残念ながら実機レビューもしておらず、カタログスペック以上のことは言えません。でもご質問のとおりかもしれませんね。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑