マウス X4 / DAIV 4N - 14インチで重さ1.1 kgの軽量ノートに第10世代CPUが搭載されました。GeForce搭載モデルもあるよ!

マウス X4 / DAIV 4N
マウスコンピューターが14インチのモバイルノート「X4」とクリエイターノート「DAIV 4N」を発売しました。両者はスペックに違いがありますが、同一筐体を採用していて、「X400(B)/ DAIV-NG4300」の後継機種となります。14インチサイズながら重量は1.1 kg前後と、「これまでのマウスっぽくない」軽量ノートです。

スポンサーリンク

1.スペック

マウス X4 / DAIV 4N
マウスはBTOメーカーなので注文時に構成のカスタマイズが可能です。基本スペックが高いのはクリエイターPCのDAIV 4Nのほうで、選択しうるCPUとGPUは下記のとおりです。

X4:Core i5/Core i5、CPU内蔵グラフィックス
4N:Core i7、GeForce MX250

ともに第10世代(Comet Lake)のCore iプロセッサーを搭載しますが、Core i5はX4のみに設定され、4NはCore i7のみとなります。また、外部GPUのGeForce MX250は4Nのみに標準搭載され、X4はCPU内蔵のIntel UHD Graphicsです。

RAMも選択肢があるのはX4のみで、8GBと16GBを選べますが、4Nは16GBで固定です。また、ストレージも128GBはX4のみに設定があります。製品ブランド名が異なるので少し混乱しますが、ここまでは

X4(Core i5)<X4(Core i7)<4N(Core i7+GeForce)

という性能差(そして価格差)になると考えればいいでしょう。それと、X4のCore i5モデルのみ初期のOSが「Sモード」になっています。Sモードの場合、アプリのインストールに制約があり、Windowsストア経由でないとアプリが入れられませんが、このモードはユーザーが簡単に解除できるので、特に問題はないと思います。

ディスプレイも少し仕様が異なります。ともに14インチのFHD解像度、ノングレア液晶ですが、4Nのみ「NTSC比72%」という注釈が付きます。つまり、4Nのほうが広色域で、クリエイターの利用にも向くものになっています。

通信系ではWi-Fi6(ax規格)に対応します。既存の「X400(B)/ DAIV-NG4300」はWi-Fi6非対応だったので、CPUの換装と合わせ、この点が大きな変更点です。

また、入出力ポートの構成は既存モデルと基本的には変わらず、マウスらしく「薄型なのにLANポートがある」という点も変わりません。ただし、SD(microSD)カードリーダーがない、ということには注意が必要かと思います。

バッテリー稼働時間は公称値が少し短くなり、12時間となりました。筐体サイズは既存モデルから変わりません。ただ、なぜかDAIV 4Nのほうが重量が軽いんですよね(1.09 kg)。まあ、1.1 kg前後であれば14インチのモバイルノートとしては文句なしの水準だと思います。

2.筐体

マウス X4 / DAIV 4N
筐体は基本的に既存モデルと同じです。サイズは全くの同寸ですし、見た目の違いもわかりません。14インチサイズとしてはコンパクトにまとめられており、ベゼル幅も細くなっています。

スポンサーリンク

マウス X4 / DAIV 4N

マウス X4 / DAIV 4N
X4とDAIV 4Nの外観上の違いはここ、「天板のロゴ」くらいです。筐体素材はマグネシウム合金となっています。でないと1.1 kgには収められないですよね。

マウス X4 / DAIV 4N
キーボードです。キーピッチは18 mm、キーストロークは1.4 mm、LEDバックライト付きと開示されています。ウインタブではこの製品のRyzen版である「X400B」をレビューしていますので、使用感についてはX400Bのレビュー記事をご覧ください。

マウス m-Book X400B レビュー - 2,500台限定価格のRyzen搭載モデル!見ているだけで楽しくなるレッドカラーが素敵、品質も良いです(実機レビュー)

マウス X4 / DAIV 4N
側面と入出力ポートの配置です。個人的には唯一SDカードリーダーがない、という点だけ不満ですね。ちなみにRyzen版のX400BにはmicroSDカードリーダーが付いてるんですけどね。

3.価格など

マウス X4 / DAIV 4Nはマウスコンピューター公式サイトで販売中で、1月14日現在の価格はX4が87,800円(税込み96,580円)から、4Nが139,800円(税込み153,780円)から、となっています。

14インチサイズで、マグネシウム合金を採用した軽量・コンパクトな筐体を備え、マウスらしく豊富な入出力ポートを備えるX4/4Nは、従来のマウスPCとはずいぶんと印象が異なりますよね?10万円を切る価格でこれだけの軽量・ハイスペックなモバイルノートが購入できるというのが素晴らしいと思います。

4.関連リンク(マウスコンピューター)

14型 mouse X4シリーズicon
DAIV 4Nシリーズicon

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    あとからRyzen版のX4B?とか出そう
    メモリは…またシングルかなあ。