ONE-NETBOOK OneMix3S+ - 第10世代のCore i3-10110Yを搭載、購入しやすい価格のOneMixが登場しました

ONE-NETBOOK One Mix 3S+
日本でも大人気のUMPC、ONE-NETBOOK OneMix3シリーズに新たなバリエーションモデル「OneMix3S+」が加わりました。日本のONE-NETBOOK公式サイトにはまだ製品ページがありませんが、ONE-NETBOOK社から連絡があり、中国通販のgeekbuyingで取り扱いがスタートしたとのこと。「3」「3S」「3Sプラチナ」「3SPro」「3SPro Koi」と、どんどん増殖していくOne Mix3シリーズ、今度はどこが変わったのか、というと…。

スポンサーリンク

ONE-NETBOOK One Mix 3S+
製品名は「3S+」ですが、仕様としては「3」に最も近いと言えます。「3」のCPUが第10世代のCore i3-10110Yに変更されています。第10世代とは言え、開発コードネームは「Amber Lake Y(超省電力タイプ)」のままなので、実際どのくらいパフォーマンスが向上しているのかなんとも言えませんが、少なくとも世代が新しくなったことによる性能向上は間違いないでしょう。

RAMは8GB、ストレージは256GB SSDと、こちらは「3」と同じです。ちなみに「3S」はRAM16GB、ストレージ512GBという構成です。

スポンサーリンク

ONE-NETBOOK One Mix 3S+
One Mix3シリーズはバリエーションモデルごとに筐体色が異なります。「3」は明るいシルバー、「3S」はブラック、「3Sプラチナ(Core i7-8500Y、販売終了)」はガンメタリックっぽい濃いグレー、「3SPro(Core i5-10210Y)」はブラック、そして「3SPro Koi(Core i7 10510Y)」はレッド、というぐあいです。

「3S+」の筐体色はブラックです。つまり、見た目は「3S」と同じ、内部構成(RAMとストレージ)が「3」に近く、CPUが第10世代、ということですね。

ONE-NETBOOK One Mix 3S+
筐体の外観を確認してみましたが、他のOneMix3シリーズと異なるところはありませんでした。また、キーボードは(いまのところ)「3SPro」「3SPro Koi」の日本仕様とは異なり、かな印字はありません。

ONE-NETBOOK OneMix3S+は中国の通販サイト「geekbuying」で販売中で、1月14日現在の価格は799.99ドル(90,295円)ですが、クーポンコード「OneMix3SPlus」を使うと776.99ドル(87,699円)で購入ができます。この価格はONE-NETBOOK日本公式サイトで「3」を購入するよりも若干安くなっていますが、geekbuyingでの購入だと正規代理店の国内保証は受けられませんので、お買い得と言えるかどうかはわかりません(ただし、ONE-NETBOOK社の保証はしっかりしています)。

矢継ぎ早にバリエーションが追加されていくOneMix3シリーズ、それだけメーカーに熱意があるということだと思いますが、そろそろ混乱してきましたね…。個人的には急速にスペックアップしていくUMPCにあって、この製品の「RAM8GB/ストレージ256GB」というのは十分なスペックなんじゃないか、と思います。

関連リンク

One Netbook One Mix 3S+:geekbuying

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    3S-の方がピンとくる