マウス m-Book X400 / DAIV-NG4300 - 14インチで重量わずかに1.13 kg!さらにGeForceも積んでるモバイルノート

マウス m-Book X400 / DAIV-NG4300
マウスコンピューターが14インチのモバイルノート「m-Book X400シリーズ」と「DAIV-NG4300」シリーズを発売しました。両者は異なる製品ブランドを称していますが、筐体は同じものが使われていますので、この記事は2機種を同時に紹介します。筐体は同じですが、かたや汎用のモバイルノート、かたやクリエイターノートという位置づけになりますので、システム構成には差異があります。

スポンサーリンク

1.スペック

マウス m-Book X400 / DAIV-NG4300
CPUはm-BookがWhiskey LakeのCore i5もしくはCore i7、DAIVがCore i7のみとなります。また、DAIVは外部GPUのGeForce MX250(VRAM2GB)も搭載します。MX250はオンラインゲームをプレイするには少々力不足ですが、画像や動画の制作、加工、編集などには威力を発揮してくれると思います。

RAMは8GBもしくは16GBで、ここはカスタマイズ項目となります。ストレージもカスタマイズが可能ですが、コンパクトサイズのモバイルノートなので、他のマウス製品のように物理ストレージを2基以上搭載することはできず、M.2 SSDが1つだけ、最大で2TBまで搭載可能です。

ディスプレイはウインタブのスペック表だと1種類のみの表記ですが、m-BookとDAIVでは仕様が異なるようです。m-Bookのほうは14インチのFHD解像度、ノングレアタイプとのみ表記され、DAIVのほうは14インチのFHD解像度というところまでは同じで、「NTSC 比 約 72%(参考値 sRGB 比 換算約 102%)」という注釈があり、一般的な液晶ディスプレイよりも色域が広くなっています。このあたりもクリエイターの利用を意識した差別化と思われます。

入出力ポートは一般的な14インチノートよりも豊富に揃っている感じです。特にモバイルノートに有線LANポートを装備するところがマウスらしいですよね。ただし、この2機種にはSD(microSD)カードリーダーはついていません。

サイズは14インチノートとしては小さいほうですね。特に重量が1.13 kgに抑えられているのが目を引きます。マウス製品はこれまで「利便性を損なうくらいなら重いほうがマシ」という考えに立っていたと思われ、サイズという点では他メーカーの製品よりも大きく重い傾向があったのですが、この2機種は他メーカーの製品と比較してもむしろ小さく軽いほうだと思います。

2.筐体

マウス m-Book X400 / DAIV-NG4300
m-BookとDAIVは筐体が同一と思われますので、まずはm-Bookの画像を使って説明します。なんかこれ、いろんな意味でマウスっぽくないですよね?横幅320 mmというのは14インチサイズとしては非常に小さい部類で、ベゼル幅もかなり細くなっています。また、上部ベゼルの隅のラウンドが強めになっていて、これもマウスっぽくないかな、と思います。

マウス m-Book X400 / DAIV-NG4300
天板です。筐体素材はマグネシウム合金で、質感もよさそうです。

スポンサーリンク

マウス m-Book X400 / DAIV-NG4300
キーボードです。このデザインもマウスらしくない(いや別にディスっているわけではありません)です。マウスのモバイルノートは右側に特徴があり、Enterキーの周辺のキーがやたらと大きいサイズになっていることが多いんですが、この製品はかなり自然な配置になっています。キーピッチは18 mm、キーストロークは1.4 mmなので、使っていて窮屈さを感じることもないでしょう。

マウス m-Book X400 / DAIV-NG4300
側面と入出力ポートの配置です。この製品は非常に軽量ですが、厚みのほうはそれなりにありますね。SDカードリーダーがないことを除けば、ポートの数も十分かと思います。

マウス m-Book X400 / DAIV-NG4300
マウス m-Book X400 / DAIV-NG4300
こちらがDAIVの画像です。製品画像を見ていてわかるのは天板のロゴマークが異なる、というくらいでした。

3.価格など

マウス m-Book X400 / DAIV-NG4300はマウスコンピューター公式サイトで販売中で、6月25日現在の価格はm-Bookが94,800円(税込み102,384円)から、DAIVが129,800円(税込み140,184円)から、となっています。ちなみにm-Bookの94,800円のモデルでもCore i5/RAM8GB/256GB SSDという構成なので、ビジネスマシンとしては不満のないスペックだと思います。またDAIVの129,800円のモデルはCore i7/GeForce MX250/RAM8GB/256GB SSDという構成になっています。

14インチで1.13 kgという軽さ、そして特にDAIVのほうはGeForceも搭載し、ディスプレイも高品質なものがついているということで、高性能なモバイルノートの購入を検討している人にはとても魅力的な製品なのではないか、と思います。

4.関連リンク(マウスコンピューター)

14型 m-Book X400シリーズicon
DAIV-NG4300シリーズicon

スポンサーリンク