acer Liquid Z6 & Z6 Plus- 日本発売が期待されるエントリー/ミッドレンジのAndroid スマホ

公開日: : acer , ,

acer Liquid Z6 Plus
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。Androidにも強いライターが2名も運営に参加してくれるようになったので、この秋からはSIMフリーのAndroidスマホも取り上げていきたいと思っています。すでにかのあゆさんがいくつか紹介記事を書いてくれているのですが、スマホ関連記事も数がある程度増えてきたら多少は見てもらえるようになるかな、と思っています。

スポンサーリンク

さて、今回は日本での発売が期待され、出るとしたらSIMフリー機であろう、「acer Liquid Z6シリーズ」です。「シリーズ」と書いたのは、5インチサイズのZ6(無印)と5.5インチサイズのZ6 Plusの2タイプが存在するためです。

1.スペック

OS: Android 6.0(Marshmallow)
CPU: MediaTek MT6737 / MT6753
RAM: 1GB / 3GB
ストレージ: 16GB / 32GB
ディスプレイ: 5インチIPS(1,280 × 720)/5.5インチIPS(1,920 × 1,080)
カメラ: イン2MP、アウト8MP / イン5MP、アウト13MP
ネットワーク: GSM/HSPA/LTE
バッテリー: 2000mAh / 4080mAh
サイズ: 不明

Z6とZ6 Plusは型番は似ているのですが中身は全くの別物と考えていいでしょう。上のスペック表で「/」の前がZ6、後がZ6 Plusです。OSはともにAndroid 6.0ですが、その下が全然違いますね。CPUはZ6がMT6737でクワッドコアの1.25GHz、Z6 PlusはMT6753でオクタコアの1.3GHzとなっています。組み合わされるRAMとストレージがZ6が1GB/16GB、Z6 Plusは3GB/32GBであることからも、Z6はエントリースペック、Z6 Plusはミドル(あるいはミドルハイ)スックであることがわかります。ポケモンGOならZ6だと動作が厳しく、Z6 Plusなら快適、というところでしょうか。

また、ディスプレイも異なります。そもそもディスプレイサイズが違うので、筐体サイズは公開されていませんが、当然違っているはずですね。Z6のほうは割とオーソドックスというか、5インチで1,280 × 720となっているのに対し、Z6 Plusは5.5インチで1,920 × 1,080と高精細です。カメラ性能もZ6 Plusのほうが全然ハイスペックですね。また、Z6 Plusはバッテリーもかなりの大容量で、4,080mAhです。

スポンサーリンク

2.筐体

acer Liquid Z6 Plus

acer Liquid Z6 Plus


acer Liquid Z6

acer Liquid Z6

Z6とZ6 Plus、デザインは似ているといえば似ていますが、やはり詳細部分が大きく異なります。まず、筐体素材ですが、Z6 Plusのほうは「ウルトラプレミアムメタル(acerの英文プレスリリースより)」、Z6のほうはおそらくプラスティック製と思われます。また、ホームボタン付近のレイアウトも異なっており、Z6 Plusは指紋センサーが搭載されていますが、Z6のほうはウインタブでよく見かけるデザインですw 筐体背面の質感がかなり異なって見えますね。

3.価格など

acer Lquid Z6は11月に発売され、価格は119ユーロ(約14,000円)、Z6 Plusのほうは12月発売で価格は249ユーロ(約29,000円)となっています。サラッと書いてしまいましたが価格差は2倍以上ありますね。

上の方に「Z6だとポケモンGOは厳しくて、Z6 Plusだと快適」というようなことを書きましたが、意外とこれがいい例えになるんじゃないかと思います。acerはパソコンに関しては世界の大手ですし、日本でも有名ですが、ことスマホに関しては決して存在感が高いとまでは言えません。しかし、最近ではハイスペックなWindowsスマホ「Liquid Jade Primo」も発売するなど、徐々に日本市場に浸透している感がありますね。

エントリークラスのZ6にせよミドルクラスのZ6 Plusにせよ、日本市場への投入可能性は高いと思いますし、戦略的にも重要なものになるのではないか、と思います。

4.関連リンク

Acer Launches Intuitive and Compact Android Devices at IFA 2016:acer プレスリリース(英語)

Comment

  1. 匿名 より:

    Z6がメモリ1GBなら、そもそもポケモンGOの要求仕様(2GB以上)を満たしていませんね。
    ポケモンGOはメモリ2GBでもほかのアプリを動かすと頻繁に落ちるので、3GBは快適な動作には必須ですね。その意味で、Z6 Plusで快適に動くというのは言い得てるかと思います。
    なんかGSMArena.comでスペック見ると両機種ともバッテリーがRemovableって書いてありますが、その点でも食指が動く方もいそうな気が。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。ポケモンを快適に動かすのは3GBいるんですね?偶然助かりましたw 私ちょっとしかやったことないんですよ。Androidスマホの記事は増やしていくつもりなので、今後とも有益なコメントをよろしくお願いします。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑