Lenovo IdeaPad S540 (15) - 15.6インチながら重量1.8 kgのコンパクトサイズ、コスパ抜群のスタンダードノート

Lenovo IdeaPad S540 (15)
Lenovoが15.6インチノート「IdeaPad S540 (15)」を発売しました。「IdeaPad S500シリーズ」には13.3インチモバイルノートの「S530」がありますが、シリーズができてからは日が浅く、最新シリーズと言えます。このS540はディスプレイサイズ15.6インチながら、スリムで軽量、そしてパフォーマンスも高くなっていて、しかもお値段はかなり割安です。

スポンサーリンク

1.スペック

Lenovo IdeaPad S540 (15)
IdeaPad S500シリーズというのは(Lenovoでは明言していませんが)、IdeaPadの中でも中上位に位置する製品ラインと思われ、S540もCore iプロセッサー専用機です。Whiskey LakeのCore i3/Core i5を搭載し、Core i7の設定はありません。また、GeForceやRadeonといった外部GPUも搭載しないので、「15.6インチノートとしてハイエンド」とも言えないですね。しかし、一般的なビジネス用途やプライベート用途で不自由するようなことはないと思います。オンラインゲームとか高度な画像・動画編集などには向かないでしょう。

RAMはCore i3モデルが4GB、Core i5モデルが8GBです。先日の「IdeaPad C340」の紹介記事でも触れましたが、Whiskey LakeのCore i3は性能が高く、できればCore i3モデルにもRAM8GBの設定が欲しかったところです。

ストレージはSSDのみで、Core i3モデルは256GB、Core i5モデルは256GBか512GBを選択可能です。「ウインタブが嫌いな」HDDのみ、という構成はなく、そもそもHDDの設定はありません。また、ディスプレイは15.6インチのIPS液晶、FHD解像度で、タッチ対応はしません。この点はコンバーチブル2 in 1のIdeaPad C340とは異なるところです。

入出力ポートは15.6インチスタンダードノートとしては特に優れているわけではありませんが、「とりあえず十分」なものが装備されます。有線LANポートなどもあると良かったのですが、この製品はスリムで軽量、というのもセールスポイントなので、仕方ないのかもしれません。

サイズはかなり優秀です。15.6インチの超軽量ノートということだとLG gramなんかがありますが、そのへんの「最軽量クラス」は置いておいて、一般的な薄型軽量ノートであるHP Pavilion 15-cs0000と比較してみましょう。

IdeaPad: 358 x 245 x 16.9 mm / 1.8 kg
Pavilion: 361 x 246 x 18-20 mm / 1.82 kg

ほぼ互角ながら、若干IdeaPad優勢、という感じです。Pavilion 15 cs0000はPavilionの15インチとしては史上最薄最軽量を謳っていて、価格帯もIdeaPad S540よりはワンランク上です。そのへんを考慮すれば、S540のサイズ感は素晴らしいと言っていいでしょう。

2.筐体

Lenovo IdeaPad S540 (15)
横幅360 mmを切っていることから想像できると思いますが、かなりのナローベゼルに仕上がっています。同時に発売されたIdeaPad C340がコンバーチブル2 in 1筐体で、サイズがやや大きめ、したがってベゼルもやや太くなっているのとは異なります。

スポンサーリンク

Lenovo IdeaPad S540 (15)
天板です。IdeaPadシリーズは共通のデザインコンセプトになっていて、この製品もC340とほとんど同じデザインです。筐体素材はアルミで「アルマイト加工(表面に陽極酸化皮膜を作るもので、塗装ではないので剥がれ落ちることがない)」が施されています。筐体色は、IdeaPadシリーズによく見られる「ミネラルグレー」です。

Lenovo IdeaPad S540 (15)
Lenovo IdeaPad S540 (15)
キーボードです。15.6インチのコンパクトタイプながらテンキーも装備します。画像は英語配列になっていますが、日本仕様は「84キーJIS配列+テンキー」でバックライトもつきます。また、パームレスト右側には指紋センサーも装備されています。

Lenovo IdeaPad S540 (15)
側面と入出力ポートの配置です。C340と同様、SDカードリーダーはmicro規格ではなく、フル規格になります。

3.価格など

Lenovo IdeaPad S540 (15)はLenovo直販サイトで販売中で、4月20日現在の価格は税込み52,488円から、となっています。52,488円のモデルの構成は「Core i3/RAM4GB/256GB SSD/FHDディスプレイ」なので、RAM容量が少し少なめと感じる人がいると思いますが、それにしても安いですよね!ちなみに「Core i5/RAM8GB/256GB SSD」という構成にすると71,410円になりますが、この構成であればほとんど不満のないスペックだと言えます。

先日のC340にせよこのS540にせよ、めちゃめちゃ割安感があります。また、15.6インチながら重量も1.8 kgに抑えられていますし、モバイル利用も不可能ではないくらいのサイズ感です。低予算で少しでも高性能なノートPCがほしい、という人には最適なのでは?と思います。

4.関連リンク

IdeaPad S540 (15):Lenovo

スポンサーリンク