Makibes M3 - Android OS搭載スマートウォッチ、いろんなところがちょっとずつスペックアップした「2019年仕様」です!

Makibes M3
以前ウインタブでも実機レビューをしたことのあるスマートウォッチブランド「Makibes」から、Android OSを搭載する最新スマートウォッチ「M3」が発売されました。中華メーカーの間では昨年あたりからAndroid OSを搭載するスマートウォッチが増えていて、ウインタブでも注目しているのですが、このM3はかなり意欲的な製品だと感じられます。

スポンサーリンク

1.スペック

Makibes M3
「かなり意欲的な製品」と書きましたが、正直ウインタブでもこのスペック表を見て的確に製品特性を把握するのが難しいです。まずOSですが、Android 7.1とsmartband 52840 OSのデュアル、となっています。Android 7.1のほうはわかるとして、smartband 52840 OSというのがよくわかりません。また、以前の中華タブレットに見られた「WindowsとAndroidのデュアルブート」のようなシステム構造なのかどうかすら判然としません。

CPUはエントリースマホでおなじみのMT6739とVR、IoT、スマートデバイス向けのNordic NRF52840の2つが搭載されます。2つのチップを搭載するスマートウォッチということでは「LEMFO LEM9」という製品が先行していますが、LEM9には「ウォッチモード」と「ブレスレットモード」という2つのモードがあり、ブレスレットモードでは通話などOS搭載スマートウォッチとしての機能が使えないかわりに、長時間のバッテリー稼働が可能、というものでした。

あくまでも想像ですが、M3の「デュアルOS」というのはLEM9の2つのモードと同じものなのではないか、と思われます。

RAMは2GB、ストレージは16GBで、OS搭載スマートウォッチのほとんどがRAM1GB/ストレージ16GBであることを考慮すると「余裕がある」ということになります。ただし、OSを搭載し、スマホと同じ機能が使えるとはいえ、サイズが非常に小さいことによる操作面での制約がありますので、RAMを倍増することによるメリットがどのくらいなのかはなんとも言えません。ただし、RAM容量が大きいに越したことはない、とは言えます。

この製品、ディスプレイのスペックもちょっとだけいいです。1.39インチの有機ELというのは競合製品の多くと同じですが、解像度が454 × 454で、競合製品の多くが400 × 400になっているのと比較すると「ちょっと高精細」と言えますね。ただし、あまり体感差はないんだろうと思います。

Makibes M3
カメラ性能も高めです。画素数が8MPというのはスマホとして考えると低性能ですが、スマートウォッチの内蔵カメラとしてはごく高性能です。仮に(というかあまり期待していない)スペック通りの画質であれば、ある程度は使いみちのあるものになっているかもしれません。

スポンサーリンク

Makibes M3
ライターのかのあゆさんがOS搭載スマートウォッチ「Zeblaze THOR 4 Pro」の実機レビュー(第1回/第2回)をしてくれた際に、繰り返し「残念!」と書いていたのが防水・防塵性能です。THOR 4 Proは「生活防水」だったんですよね。しかし、Makibes M3は「IP67レベル」です。水泳用ではありませんが、この水準だと大雨に打たれても大丈夫かと思います。

それとバッテリーです。最近ウインタブでもOS搭載スマートウォッチの紹介記事をたくさん掲載していますが、それらの製品のほとんどは「580mAh~600mAh」というバッテリー容量になっています。また、OS搭載スマートウォッチを使っている読者にいただいたコメントを見ると「バッテリーが終日持たない」というものが見受けられます。使い方にもよりますが、「バッテリーが終日持たない腕時計」となると、さすがに購入を躊躇してしまいますよね。

しかし、この製品のバッテリー容量は800 mAhと大きいですし、上に説明したとおりデュアルチップで簡易タイプ(と言っていいと思います)のOS(モード)を搭載していることから、稼働時間の方はかなり期待できます。同じようにデュアルチップを採用しているLEMFO LEM9は「ブレスレットモード」で最長5日間のスタンバイが可能ということなので、Makibes M3はさらに長時間のバッテリー稼働が可能と思われます。

2.筐体

Makibes M3

クリックで拡大します

割とわかりやすい画像が用意されていました。とはいえ、見た感じはサイズが大きくてちょっとゴツい腕時計そのものです。ケース素材は金属だと思います。またベゼル部分の素材はセラミックである、という説明がありました。

Makibes M3
背面には充電用のPOGO Pin、そしてNano SIMを挿入できるSIMスロットがあります。この製品はスマホとペアリングして使う、「普通のスマートウォッチ」でもありますが、せっかくならSIMを入れて単体運用してみたいですよね!

3.価格など

Makibes M3は中国の通販サイト「geekbuying」でプレオーダー中で、4月15日現在の価格は139.99ドル(16,155円)です。ウインタブが過去に紹介したOS搭載スマートウォッチの中で最も人気があるのがZeblaze THOR 4 Proで、こちらは100ドル弱くらいになっていますので、それよりは少し高価です。しかし、デュアルOS、デュアルCPUでRAMも2GB、カメラも高画素数ということなので、高価なりの理由を見出すのは容易です。また、かのあゆさんが気にしている「防水・防塵」についてもMakibesならある程度は安心できそうです。

腕時計という小さな筐体にたくさんの技術が詰め込まれたこの製品、ガジェット好きは注目です!

4.関連リンク

Makibes M3:geekbuying

スポンサーリンク

コメント

  1. かぜ より:

    こういう系のスマートウォッチ購入検討中なので実機レビューしてほしいです

  2. Masahito Okami より:

    日本語は使えますか?
    OKGoogleで日本語使えたら購入したいとおもっています。