ノートPC購入ガイド(2019年春、第5回)- トップクラスのコンバーチブル2 in 1を厳選してご紹介します。

HP Spectre x360 13 スタンドモード
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。すっかり間隔が空いてしまったのですが、2019年春のノートPC購入ガイド(第5回)です。今回は各社上位のコンバーチブル2 in 1をご紹介します。この記事を書き始めた際に、「各社1台くらい」を目安に製品をピックアップしていったのですが、「ただ列挙すればいいってもんじゃない」と考え直し、3機種のみに絞りました。あくまでウインタブの主観に基づくオピニオン記事なので、ここに記載していない製品がよろしくない、ということは決してありません。ただ、オピニオン記事らしく、「いまハイエンドの2 in 1を買うならこれ!」って個人的に思えるものだけにした、ということです。なお、ここで言う「ハイエンド」というのは単にCPUがCore i7だとか、外部GPUを搭載しているから、とかではなく、処理性能や筐体品質が非常に高く、「メーカーの顔」と言っても良さそうなものを指しています。

スポンサーリンク

1.HP Spectre x360 13

HP Spectre x360 13
価格: 134,800円(税込み145,584円)から
※4月16日現在のHP Directplus価格
※ウインタブ限定クーポンでさらに7%オフ

OS: Windows 10 Home/Pro
CPU: Intel Core i5-8265U/Core i7-8565U
RAM: 8GB/16GB
ストレージ: 256GB/512GB/1TB SSD
ディスプレイ: 13.3インチIPS(1,920 × 1,080)/(3,840 × 2,160)
サイズ: 307 × 218 × 14.7 mm/ 1.32 kg

「Spectreブランド」はHPの個人向けPCの最上位です。HPいわく「マスターピース」。この製品はウインタブでも実機レビューをしていますが、筐体デザインが半端じゃないです。見るからに高級感があり、造形も非常に凝っていて、一般的なノートPCや2 in 1とは明らかに異なる雰囲気を出しています。それだけにデザインの好き嫌いがわかれてしまうかもしれません。特に筐体色ですね。Spectreシリーズの代表色は「アッシュブラック」で、天板やキーボード面が黒く、アクセントカラーがゴールドになっています。この「黒金」は、個人的には苦手なんですよね。ただ、この製品では「ポセイドンブルー」という色も選ぶことができ、こちらのほうが万人受けしそうな気がします。下記にリンクした実機レビュー記事ではポセイドンブルーの筐体を試用したのですが、黒金が苦手な私でもこの配色は「いいなあ」と思えました。

もちろんスペックの方も高く、CPUは最新のWhiskey Lakeを搭載します。それと、上位クラスのコンバーチブル2 in 1では必須とも言えるペン入力も可能で、1,024段階の筆圧に対応するSpectreアクティブペンが付属しますので、PCでイラストなどを描きたい、という人のニーズにもしっかり応えてくれます。

あと、HPの上位PCといえば「音質」です。Bang&Olufsenのスピーカーシステム(4スピーカーです)を備え、とてもノートPCの内蔵スピーカーとは思えないような素晴らしい品質になっていますので、個人的には「外部スピーカーいらず」な製品だと思っています。

あら捜しをすると、「ちょっと重い」ということは指摘できます。1.32 kgというのはモバイルノートとして決して悪くはありませんが、この記事に掲載した製品の中では最も重いんですよね。中には1 kgを遥かに下回っている製品もありますしね。それ以外はケチのつけようのない、最高品質の2 in 1だと思います。

ウインタブ紹介記事:HP Spectre x360 13 レビュー - HPのマスターピース・モバイル2 in 1、持つ喜びを感じさせてくれる13.3インチのハイパフォーマンス・マシン(実機レビュー)

なお、この製品は下記のリンクから購入すると、さらに7%の特別値引きが受けられます(特別な操作は不要です)。
個人向けPC:ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC

2.DELL XPS 13 2-in-1

DELL XPS 13 2-in-1
価格: 119,984円(税込み129,582円)から
※4月15日現在のDELL公式サイト価格

OS: Windows 10 Home/Pro
CPU: Intel Core i5-8200Y/Core i7-8500Y
RAM: 8GB/16GB
ストレージ: 256GB/512GB/1TB SSD
ディスプレイ: 13.3インチ(1,920 × 1,080)/(3,200 × 1,800)
サイズ: 304 × 199 × 8-13.8 mm/ 1.24 kg

スポンサーリンク

続いてDELLの看板モデル「XPS 13」の2 in 1版です。とはいえ、筐体は全く同じではありませんし、CPUなどの構成も異なります。この製品に搭載されているのはノートPCによく使われるKaby Lake RとかWhiskey Lakeではなく、Amber Lakeと呼ばれる「超省電力タイプ」です。ベンチマークスコアなどで比較するとKaby LakeやWhiskey Lakeには負けちゃいますが、Core i5とかCore i7という名前を冠するにふさわしい実力はあります。また、Amber Lakeを搭載することにより、冷却ファンがなく(したがって静音)、バッテリー稼働時間も長めです(ただし、XPSの公称値は10-15時間なので、顕著に長時間稼働ができるというわけではありません)。

デザインは言わずもがなです。XPSの特徴であるフレームレス(非常に細いベゼル)ディスプレイを採用し、筐体素材はCNC削りだしのアルミ、パームレスト部分はカーボンファイバーが採用されています。もちろんXPSですから「4Kディスプレイ」も選べます。ちょっと語弊があるかもしれませんが、上のSpectre x360 13が「見るからに高級」なのに対し、XPSのほうは「触ってみて質感の良さに驚く」という感じでしょうか。どちらも素晴らしいのは間違いないですけどね。

この製品の購入検討をするのにあたり、注意したいのはCPU性能です。「Kaby LakeやWhiskey Lakeよりもやや性能が劣るかわりにファンレスで静か」ということを念頭に入れておきましょう。それと、重量はそこまで軽くないものの、タテ・ヨコ、そして厚さに関しては「抜群にコンパクト」です。

ウインタブ紹介記事:DELL XPS 13 2-in-1(Amber Lake)- 最新のCPUを搭載するDELLの上級コンバーチブル2 in 1、でも筐体は変化なし
DELL製品ページ:xps-13-9365-2-in-1-laptop(2017/1/20発売)

3.NEC LAVIE Hybrid ZERO

NEC LAVIE Direct HZ / LAVIE Hybrid ZERO(2018/10)
価格: 119,016円(税込み128,537円)から
※4月16日現在のNEC Direct価格
※直販モデル「LAVIE Direct HZ」の価格
※クーポン「NAK-355-324-FAEH(13%オフ)」を使用

OS: Windows 10 Home/Pro
CPU: Intel Core i3-7030U/Core i5-8250U/Core i7-8550U
RAM: 8GB/16GB
ストレージ: 256GB/512GB SSD
ディスプレイ: 13.9インチIPS(1,920 × 1,080)/(3,840 × 2,160)
サイズ: 305 × 205 × 16.9 mm/ 769 g – 831 g

この製品は13.3インチのコンバーチブル2 in 1としては世界最軽量です。スペックを見てください、最軽量モデルだと800 gすら切ります。この製品の最大のセールスポイントは「重量」と言っていいでしょう。

スペックの方も決して低いわけではありませんが、上の2機種と比べると「Core i3/RAM4GB」という選択肢があり、その分低価格ではあるものの、この記事の趣旨は「ハイエンド」なので、SpectreやXPSとの比較ではCore i5/Core i7モデルからが対象になると言えます。そのCPUですが、最も新しいWhiskey Lakeではなく、Kaby Lake Rです。ベンチマークテストなどをするとWhiskey LakeのほうがKaby Lake Rよりも高いスコアとなりますが、おそらく実用面で性能差を体感できるような顕著な差ではないと思います。

それと、NECだから高い、ということもないですよね。上に記載した119,016円というのはCore i3モデルのものですが、「Core i5/RAM8GB/256GB SSD」という構成にしても152,076円(税込み162,242円、クーポン価格)です。

私は毎日ノートPCをリュックに入れて持ち歩いていますが、その経験で言わせてもらえば「軽さは正義」です。この製品はNEC製で、軽いだけでなく極めて過酷な耐久テストをクリアした堅牢な筐体に仕上がっていますし、タテ・ヨコサイズも十分にコンパクトです。高級感ということだとSpectreには及びませんが、この製品の「マグネシウムリチウム合金」を使った質実剛健な筐体を好む人も多いでしょうね。

ウインタブ紹介記事:NEC LAVIE Direct HZ / LAVIE Hybrid ZERO(2018/10)- 世界最軽量の13.3インチコンバーチブル 2 in 1がリニューアル
NEC製品ページ:LAVIE Hybrid ZERO

4.関連リンク

ノートPC購入ガイド(2019年春、第1回)- パソコン買いたいけど、どれにしていいかわからない、という人のために
ノートPC購入ガイド(2019年春、第2回)- 予算15万円でクラムシェル・モバイルノートを買う!おすすめモデル4選
ノートPC購入ガイド(2019年春、第3回)- 予算10万円のクラムシェル・モバイルノートを「Whiskey Lake縛り」で選んでみました
ノートPC購入ガイド(2019年春、第4回)- こんどは予算5万円。低価格でもしっかり使えるクラムシェル・モバイルノートが購入できます

スポンサーリンク

 スポンサーリンク