NEC LAVIE Direct HZ / LAVIE Hybrid ZERO(2018/10)- 世界最軽量の13.3インチコンバーチブル 2 in 1がリニューアル

NEC LAVIE Direct HZ / LAVIE Hybrid ZERO(2018/10)
NECが13.3インチの超軽量コンバーチブル2 in 1(モバイルノート)「LAVIE Hybrid ZERO」の2018年秋冬モデルを発表しました。なお、この製品はカタログモデル(量販店モデル)とWeb直販モデルで名称が異なり、「LAVIE Hybrid ZERO」というのがカタログモデル、「LAVIE Direct HZ」というのがWeb直販モデルです。この記事では注文時に構成のカスタマイズが可能なWeb直販モデルのほうをメインに紹介していきます。

スポンサーリンク

1.スペック

NEC LAVIE Direct HZ / LAVIE Hybrid ZERO(2018/10)
記事の冒頭にご案内したとおり、このスペック表はWeb直販モデル「Direct HZ」のほうを記載しています。直販モデルの場合、BTOメーカーのように注文時に構成のカスタマイズが可能です。

OSはHome版とPro版を選べ、CPUはCore i3からCore 7まで選択可能です。なお、Core i3のみ第7世代、Core i5とi7は第8世代となりますが、Core i5とi7については現在販売されている上級モバイルノートとしては一般的な型番です。

RAMは4GBか8GBで、Core i3を選ぶと4GBのみ、Core i7を選ぶと8GBのみ、という制約があります(Core i5を選ぶ場合は4GB/8GBを選択可能)。ストレージはSSD専用で、最小128GBから最大で1TBまで選べます。ただし、Core i3を選ぶ場合はストレージ容量にも制限があり、最大で256GBまでしか選べません。

ディスプレイは13.3インチのIPS液晶、FHD解像度で、全モデルがタッチ対応です。この製品はコンバーチブル2 in 1筐体を採用しているため、当然といえば当然ですね。

超軽量がセールスポイントの製品ですが、入出力ポートは最低限確保されています。しかもType-Cではなくフルサイズ(Type-A)USBポートになっています。13.3インチなので、欲を言えばもう1つくらいUSBポートがあればよかったかな、とは思います。

そしてサイズ。タテ・ヨコは世界最小のDELL XPS 13には一歩譲るものの、その差はわずかですから、最小クラスと言ってもいいでしょう。さらに重量がすごいです。Core i3モデルはなんと769 gしかありません。NECによれば「13.3インチの2 in 1として世界最軽量」ということです。ちなみにクラムシェルノートだと富士通FMV UHシリーズの748 gというのが世界最軽量です。1、2年前から世界最軽量の座を巡ってNECと富士通が激戦を繰り広げていますが、メーカーさんのプライドの問題もあるんでしょう。ただ、私達ユーザーにしてみれば、13.3インチで700 g台とか800 g台ということなら全く文句なんかはなく、別に世界最軽量である必要もないんですけどね。

2.筐体

NEC LAVIE Direct HZ / LAVIE Hybrid ZERO(2018/10)
NECではこの製品について、「とにかく軽量」というアピールを優先しているように思われますが、横幅305 mmというのは強烈に小さいです。世界最小の13.3インチ、DELL XPS 13が302 mmですから、それに肉薄するレベル。画像を見てもベゼル幅は非常に細くなっていて、余計なものを削ぎ落としたデザインに見えます。

スポンサーリンク

NEC LAVIE Direct HZ / LAVIE Hybrid ZERO(2018/10)
天板です。天板と底面は「マグネシウムリチウム合金」が使われています。また、この筐体は700 g台から、という驚異的な軽量化を実現しているにもかかわらず、天板は150kgfの面加圧試験をクリアしていて、通勤ラッシュで押されたくらいではびくともしません。なお「kgf」という単位について、適当にググっていただければ簡単に理解できると思いますが、ウインタブ的にざっくり書くと、一般人的には「kg」と同じと考えていいです。

NEC LAVIE Direct HZ / LAVIE Hybrid ZERO(2018/10)
筐体色は全3色。このうち、インディゴブルーはこの秋冬モデルからの新色です。

NEC LAVIE Direct HZ / LAVIE Hybrid ZERO(2018/10)
キーボードです。キーピッチ18mm、キーストローク1.2mmでJIS標準配列(85キー)となっています。なお、バックライトはありません。

NEC LAVIE Direct HZ / LAVIE Hybrid ZERO(2018/10)
側面と入出力ポートです。ポート類は右側面に集中配置され、コンバーチブル2 in 1形態のため電源ボタンと音量ボタンが左側面に配置されます。

あと、一般的にコンバーチブル2 in 1筐体の製品だと、「テントモード」とか「スタンドモード」の画像を製品ページに掲載して、利用形態がフレキシブルであることをアピールするのが普通ですが、なぜかこの製品の場合はそういう画像がありませんでした(タブレットモードの画像はありました)。ですが、間違いなくヒンジは360度回転しますw。

3.価格など

NEC LAVIE Direct HZはNEC Directで販売中で、10月17日現在の価格は139,320円(税込み150,465円、10%オフ後)から、となっています。この価格はCore i3/RAM4GB/128GB SSDという構成のもので、Core i5/RAM8GB/256GB SSDという構成だと149,200円(税込み161,136円、10%オフ後)です。なお、「10%オフ後」というのは、10月17日時点で開催されているNEC Directのクーポンセールによる割引です。なお、NEC Directでもセールは常態化していますので、割引率の変動はあるにせよ、いつ購入しても何がしかの割引は受けられると思います。

しかし、この価格設定はおかしいと思いません?Core i3をCore i5にして、RAMとストレージを倍増して差額1万円強ですわ。これならCore i3モデルを購入するモチベーションは働きませんね。また、Core i5モデルの161,136円という価格は、めちゃめちゃ安い、という感じではないものの、NEC製のPCで、800 g台の超軽量筐体を備える2 in 1としては全然高くないように思われます。

やっぱりいいですね、NEC。私も予算があったら1台ほしいです。

4.関連リンク(NEC Direct)

LAVIE Hybrid ZERO

Comment

  1. 匿名 より:

    このシリーズいつも凄い製品出すのに全然注目されてない気がする。売り方が悪いんだろうな。

    • wintab より:

      こんにちは。あと、私だけかもしれませんけど、NECってやたら高いイメージがあるじゃないですか。実際直販サイトなんかだと全然高くないんですけどね。大学生協とか、家電量販店とか…、ああ、やめておこう…。

  2. 匿名 より:

    USキーボード選べないとコンテンツ制作関係の人には浸透しないかも…

    • wintab より:

      こんにちは、それ、初めて知りました。そういうもんなんですね。ありがとうございます。

  3. かぜ より:

    ほんと内臓売ったのかってくらい軽いですねえ

    • wintab より:

      かぜさん、こんにちは。最初「内臓じゃなくて内蔵だろ!」と思ったんですけど、確かに内臓売ったくらいに軽いですねw

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Banggood セール
  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑