NEC LAVIE Note NEXT / LAVIE Direct NEXT(2018) - 15.6インチ、個性的な上級スタンダードノートにCoffe Lake搭載!

公開日: : NEC , ,

NEC LAVIE Note NEXT / LAVIE Direct NEXT(2018)
NECが15.6インチスタンダードノートのトップモデル「LAVIE Note NEXT / LAVIE Direct NEXT」の2018年秋冬モデルを発売しました。この製品はウインタブで従来モデルを実機レビューしていて、極めて個性的な外観と高いパフォーマンスを備えた、素晴らしい製品だと記憶しています。

スポンサーリンク

具体的なシェアはわかりませんが、15.6インチのスタンダードノートというのは日本でもっとも販売台数の多いパソコンであり、NECや富士通、東芝といった伝統大手メーカーの牙城であるとも言われています。そして、これら伝統大手メーカーの製品は「さすが」と言いたくなるような出来になっています。

1.スペック

NEC LAVIE Note NEXT / LAVIE Direct NEXT(2018)
この製品に限らず、NEC製のPCは「カタログモデル(量販店向け)」と「カスタマイズモデル(Web直販モデル)」があり、この製品の場合はカタログモデルが「LAVIE Note NEXT」、Web直販モデルが「LAVIE Direct NEXT」という名称になります。この記事では注文時に構成のカスタマイズが可能なWeb直販モデルについて説明します。

2018年秋冬モデルになって、もっとも大きく変わったのはCPUです。ご覧のようにワイドバリエーションなのですが、ゲーミングノートなどにも搭載される高性能なCoffee Lake世代の6コアCPUであるCore i5-8300HとCore i7-8750Hが選択できるようになりました。ただし、GeForceやRadeonなどの外部GPUの搭載はありません。

RAMとストレージも選択肢が広いです。RAMは4GBから32GBまで、ストレージは2基搭載可能で、256GB SSDや1TB HDDといった単一構成から512GB SSD + 2TB HDDといった大容量の構成も可能です。いつもウインタブで書いていることですが、この製品のようにCeleronモデルがなく、高性能なCPUを搭載している場合、「HDDのみ」という低速な構成はおすすめできません。選択肢に「1TB HDD + 16GB Optaneメモリー」など、Optaneメモリー(HDDキャッシュと呼ばれ、これがあるとアプリの起動が高速になります)をセットしたものも選べますので、最低限Optaneメモリー搭載モデルにするのがいいと思います。

ディスプレイは15.6インチのIPS液晶、FHD解像度となります。「フルフラットスーパーシャインビューLED」という表記になっているのですが、従来モデルのレビューで経験した印象だと非常にキレイです。個人的には文句なし!というレベル。

NECのスタンダードノートということで、イメージ通り光学ドライブはしっかり温存されています。最近は15.6インチでも光学ドライブを装備しない製品が増えていますが、「年に1回くらい」は欲しくなるんですよね…。あと、ブルーレイドライブも選択できますので、レンタル店で借りた映画なんかも楽しめます(一人暮らしの人には意外に重要かも)。

入出力ポートは…、個人的にはもう少し欲しかったかな、という感じ。USBが合計で3つ、HDMIがありますが、有線LANポートはありません。光学ドライブを搭載している関係で(側面のスペースが圧迫されるので)ポートの装備については少し不利なんだろうなあ、と思います。

なお、バッテリー稼働時間はCoffee Lake(CPUの末尾H)搭載モデルとKaby Lake R(CPUの末尾U)のモデルで少し差があります。5.8時間と少し短めなのがCoffee Lakeです。ただこれ、スタンダードノートなんで、稼働時間が長いに越したことはないですが、モバイルノートのように購入時の重要検討項目とは言えないかも知れませんね。

サイズは従来モデルとほとんど変わりません。タテ・ヨコは同寸、厚さが若干違います(従来モデルは25 mm、ニューモデルはCoffee Lakeモデルが24.6 mm、Kaby Lake Rモデルが23.9 mm)が、「ほぼ同一筐体」と考えていいです。「1 mmくらいなんとでもなる」なんて、工業製品にはあるまじき感想を述べてみたりして…。

2.筐体

NEC LAVIE Note NEXT / LAVIE Direct NEXT(2018)
上に書いたとおり、この製品は従来モデルと外観の差が(見た目上)なく、サイズもほぼ同じなので、適宜従来モデルの画像を使いながら説明します。「全部同じ」という保証はできませんが、下記のレビュー記事が参考になると思います。
NEC LAVIE Direct NEXTの実機レビュー - 大胆にして緻密!「NECらしさ」と「らしくなさ」が同居するハイエンドスタンダードノート

まず、この画像はニューモデルのものですが、少し角ばっていて、他のスタンダードノートとは少し印象が違います。

スポンサーリンク

NEC LAVIE Direct NEXT
これは従来モデルの画像です。この製品のデザイン上、実用上の特徴として「落とし込みヒンジ」が採用されている、というのがあります。ヒンジ開口時にヒンジが下に沈むので、下部ベゼル面が視界の邪魔になりません。また、デザイン上のアクセント効果も大きいです。

NEC LAVIE Direct NEXT
これも従来モデルの画像です。横幅が361 mmということで、左右のベゼルもかなり細いです。落とし込みヒンジと左右の狭ベゼル、そして「フルフラットスーパーシャインビューLED」の相乗効果は高く、没入感の大きい使用感となります。

NEC LAVIE Direct NEXT
これも従来モデルの画像です。キーピッチ18.7 mm、キーストローク1.7 mmというのが公称値で、これは従来モデルもニューモデルも変わりません。また、このキーボードは静音タイプで、打鍵音がかなり小さくなっています。さらに、キーボード面に電源ボタンだとかスピーカー穴だとか、そういったものが一切ありませんよね?これもNECが狙ってやっていることで、キーボード面に打鍵に不必要なものを配置せず、集中して打鍵できるように、という配慮です。


筐体色は全4色。いずれもシンプルなデザインで、素材はプラスティックと思われますが、「マット塗装」が施され、しっとりした質感になっています。

NEC LAVIE Note NEXT / LAVIE Direct NEXT(2018)
日本メーカーらしく、スピーカーは「YAMAHA」です。いいですねー!

NEC LAVIE Note NEXT / LAVIE Direct NEXT(2018)

クリックで拡大します

側面とポート配置です。このようにスクエアな形状です。また、この製品は側面に指紋センサーがついています。

3.価格など

NEC LAVIE Direct NEXTはNEC Directで販売中で、10月18日現在の価格は126,720円(税込み136,857円、10%オフ)から、となっています。なお「10%オフ」というのはNEC Directの製品ページにあるクーポンを使った場合の割引額で、NEC Directだといつ買ってもある程度の割引が受けられます。

「Core i5-8250U/RAM8GB/256GB SSD」という構成で試算してみたところ、148,320円(税込み160,185円、10%オフ)でした。上級のノートPCとしてふさわしいスペック、考え抜かれた筐体構造、そしてNECのブランド力ということを考えれば悪くないお値段だと思います。というか、この筐体本当にいいですよ!

あと、追加されたCoffee LakeのCPUですが、個人的には「GeForceとかが搭載できないなら、いらないかな」という気はします。ただ、上記の税込み160,185円となる構成で、CPUのみCore i5-8300Hに変更した場合、165,110円(税込み178,318円)となり、税込みベースで18,000円程度の追加となりますので、これをよしとするなら、より高性能なCoffee Lakeを選ぶというのもありでしょう。

4.関連リンク(NEC)

LAVIE Note NEXT

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑