LEMFO LEM9 - こんどのAndroid OS搭載スマートウォッチはデュアルチップ!2つのモードを使い分けてバッテリー稼働時間を改善

公開日: : アクセサリ ,

LEMFO LEM9
ウインタブで注目しているAndroid OS搭載のスマートウォッチに最新モデルが登場です。このジャンルではLEMFOとZeblazeの2社の製品をよく目にしますが、今回紹介するのは「LEMFO LEM9」です。スペックもデザインもかなり大きく変わっていますよ!

スポンサーリンク

1.スペック

LEMFO LEM9
OSはAndroid 7.1.1なので、スマホでAndroid 9が主流になってきている現在だと少し古く感じますが、OS搭載スマートウォッチの場合はこれでも新しいバージョンのOSということになります。

CPUにはスマホ向けとしてはエントリークラスのMT6739とVR、IoT、スマートデバイス向けのNordic NRF52840の2つが搭載されます。ただ、すみません、NRF52840については私は全く情報を持っていませんので、こちらの説明をご確認ください。
Nordic Semiconductor nRF52840マルチプロトコル2.4GHz SoC:MOUSER

LEMFO LEM9
この製品には「ウォッチモード」「ブレスレットモード」という2つのモードがあり、ウォッチモードでは OS搭載スマートウォッチとしてのフル機能が、ブレスレットモードではいわゆるスマートウォッチ(単体では電話が使えない)としての機能が使えるようです。そして、ブレスレットモードの搭載によりバッテリー稼働時間が大きく伸びています。メーカーによればブレスレットモードなら最長5日間のスタンバイが可能とのこと。

CPUを2つ搭載しているのはこの2つのモードと関係しているのだろうと思います。ウォッチモードではMT6739が、ブレスレットモードではNRF52840がメインに動作するんじゃないでしょうか。

RAMは1GB、ストレージは16GBと、このジャンルのスマートウォッチとしては標準的です。また、カメラ性能(5MP)に関しても悪くはありませんが、特に高画素数ということもありません。

ディスプレイは1.39インチの有機ELと、ここも競合する他機種と同じではあるものの、解像度が454 × 454と高め(他機種は400 × 400とか320 × 320とかです)です。

スポンサーリンク

2.筐体

LEMFO LEM9
筐体色はロイヤルブルーとダークグレーの2色です。ベゼル部分は「航空用アルミニウム」、バンド部分はPU製となっています。この製品は腕時計ですから、見た目が気に入るかどうか、というのも購入時には大きな要素になると思います。個人的にはなかなかカッコいい、とは思いますけどね。

LEMFO LEM9
注目したいのがカメラ位置です。競合製品の多くが側面(リューズの位置)にカメラを装備しているのに対し、この製品は正面にカメラを配置しています。ビデオチャットなんかを考慮すると明らかにこの位置のほうが使いやすいと思います。

LEMFO LEM9
IP67レベルの防水・防塵機能も備えます。手洗いなどのことを考えると、このジャンルの製品は防水・防塵機能が高いほうが望ましいでしょう。

3.価格など

LEMFO LEM9は中国の通販サイト「Banggood」と「geekbuying」に製品ページがあり、geekbuyingではすでに販売中で、3月14日現在の価格は187.99ドル(21,540円)、Banggoodでは「入荷お知らせ」というステイタスでまだ未発売、参考価格は169.99ドル(19,246円)です。

デュアルチップ搭載、ということで内部的にはお金がかかっていますから、若干高価になってしまいますが、実売期にはもう少し価格が下がるのではないか、と思います。ちなみに競合機種は100ドル強くらいで買えてしまいますんでねえ…。

OS搭載スマートウォッチの場合、ユーザーの人たちから「バッテリー稼働時間が短い」というコメントをいただくことがあります。でも腕時計なんでバッテリー容量はあまり大きくできないというジレンマがメーカー側にもあるんでしょう。この製品はデュアルチップによってソリューションを提供してくれたと思います。「常時通話ができるようにして、そのかわりバッテリー稼働時間が短いのを我慢する」か、「必要に応じで通話機能をオンに、普段は一般的なスマートウォッチととして使い、バッテリー稼働時間を伸ばす」か、という選択ができる、ということですね。

4.関連リンク

LEMFO LEM9:Banggood
LEMFO LEM9:geekbuying

スポンサーリンク

Comment

  1. Kospet Hope を買おうと思っていましたが、正面カメラとデュアルチップによる長いバッテリー持ちは魅力的ですね。欲を言えばメモリが2GBだとなお良かったかも…

  2. 匿名 より:

    すげえ発想だなぁ

  3. かぜ より:

    これが売れてスマートウォッチ向けのCPUが作られるようになったら面白いことになりそうですね

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑