当サイトの記事は広告を含みます

HP ENVY 16 - GeForce RTX3060と4K有機ELディスプレイ搭載のクリエイターノート

HP ENVY 16
HPが16インチノート「ENVY 16」を発売します。第12世代(Alder Lake-H)のCore i7/Core i9と外部GPUのGeForce RTX3060を搭載し、ディスプレイも高精細な、クリエイターのニーズに合った高性能マシンです。

スポンサーリンク

1.ENVY 16 スペック

  ENVY 16-h0000
OS Windows 11 Pro
CPU Intel Core i7-12700H / Core i9-12900H
外部GPU NVIDIA GeForce RTX3060 Laptop
RAM 32GB (16GB×2) DDR5-4800MHz(最大32GB) 
ストレージ 1TB/2TB SSD (PCIe Gen4x4 NVMe M.2)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 16インチIPS(2,560 × 1,600)
16インチOLED(3,840 × 2,400)タッチ
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.3
入出力 USB4 Type-C(Thunderbolt 4, 40Gbps)× 2、USB Type-A(10Gbps)× 2、HDMI、オーディオジャック、microSDカードリーダー
カメラ Webカメラ(5MP)顔認証対応
バッテリー 稼働時間 最大約5-5.5時間
サイズ  357.4 × 252.4 × 19.9 mm
重量 2.67 kg

バリエーションモデル

・パフォーマンス:Core i7/1TB/IPS
・クリエイター:Core i9/2TB/OLED
 ※左からCPU/SSD/ディスプレイ

スポンサーリンク

コメント

OSはWindows 11 Proのみで、Home版の設定はありません。CPUは第12世代の高性能タイプ(H型番)、Core i7-12700H/Core i9-12900H、外部GPUにはGeForce RTX3060 Laptopを搭載しています。また、RAMは全モデル32GB、SSDも1TB/2TBと大容量データを扱うクリエイターも納得の容量です。

ディスプレイはCore i7モデルがIPS液晶、2,560 × 1,600解像度、Core i9モデルは有機ELパネルを採用し、解像度も4K(3,840 × 2,400)で、有機ELディスプレイはタッチ対応もします。なお、製品紹介ページでは「リフレッシュレート120Hz」及び「HP MPP アクティブペンで4096段階の筆圧検知と傾き検知に対応」という説明がありましたが、2種類のディスプレイのいずれもリフレッシュレートが120Hzなのかは不明です。また、ペン入力についてもタッチ対応する有機ELディスプレイのみの対応になると思います。

2.ENVY 16 筐体

HP ENVY 16
ENVY 16の筐体サイズは357.4 × 252.4 × 19.9 mmと、16インチノートとしては横幅が小さいほうですが、左右ベゼルだけでなく、上下ベゼルも細めです。高精細なディスプレイを活かせるベゼル幅だと思います。

キーボードは「JIS標準準拠(日本語配列)[87キー]、バックライトつき、キーピッチ約19×19.0mm、キーストローク約1.3mm」と開示されており、テンキーはありませんが、キーボード面の左右にBang&Olufsenのスピーカーがあります。なお、この製品はクアッドスピーカーを搭載しています。

HP ENVY 16
天板です。HPロゴはプレミアムタイプ、筐体素材はアルミです。

HP ENVY 16
側面と入出力ポートの配置です。ENVY 16はUSBポートが合計で4つあり、うち2つはThunderbolt 4と高速な規格になっていますし、microSDカードリーダーも装備しています。ただし、有線LANポートは装備していません。

3.ENVY 16 価格など

HP ENVY 16は10月2日現在「近日発売予定」で、販売はスタートしていません。製品ページに表示されている価格はCore i7モデルが税込み330,000円、Core i9モデルが税込み440,000円です。HP製品は発売後しばらく経ってから割引価格になるケースが多く、この製品も少し経ってからなにがしかの割引が受けられる可能性があります。

ゲーミングノートとしても使えるシステムスペックに高品質なディスプレイ搭載と、高負荷な制作をするクリエイターの利用に向く製品です。

4.関連リンク

HP ENVY 16 製品詳細:HP

スポンサーリンク