Blackview Tab 9 - UNISOC T610を搭載する10.1インチAndroidタブレット。Blackviewだけどタフネス系ではありません

Blackview Tab9
タフネススマホでおなじみの中国メーカー「Blackview」が10.1インチサイズのAndroidタブレット「Blackview Tab9」を発売しました。この製品は現在も販売中のタブレット「Tab 8」の後継機と思われ、Tab 8からCPU性能が大きく向上しています。

スポンサーリンク

1.Blackview Tab 9 スペック

スペック表

  Blackview Tab 9
OS Android 10
CPU UNISOC T610
RAM 4GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 10.1インチ(1,920 × 1,200)
LTEバンド B1/3/7/8/20
SIM Nano SIM × 2
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
入出力 USB Type-C、microSDカードリーダー、オーディオジャック
カメラ イン5MP/アウト13MP
バッテリー 7,480 mAh
サイズ 243.7 × 162.5 × 8.5 mm
重量 570 g

コメント

スペック表を見る限り、多くの部分で「割とよくある中華のエントリータブ」と感じられます(決して悪い意味ではありません)。OSはAndroid 10で、最新のAndroid 11ではありませんが、大手メーカーを別とすれば、中国メーカーのタブレット製品ではまだAndroid 11搭載機は見かけません。

CPUはUNISOC T610です。日本でも人気の「Teclast M40」「ALLCOCUBE iPlay 40」に搭載されているUNISOC T618の下位型番で、それでもAntutu(Ver.8)のスコアは18万点オーバー、ということなので、タブレット製品としては高性能な部類となります。

RAMは4GB、ストレージは64GB、そしてディスプレイは10.1インチのWUXGA(1,920 × 1,080)解像度と、このあたりは上に書いたとおり「よくある」構成です。RAMとストレージに関してはTeclast M40やALLDOCUBE iPlayよりも劣りますね。

Blackview Tab9
ただ、カメラが微妙に高性能です。アウト側13MPでソニー製センサーというのは、スマホとしては「どうってことない」レベルですが、タブレットとしてはいいスペックですよね。実際のところ、カメラの品質にこだわってタブレット選びをする人がどのくらいいるのかわかりませんが、CPU性能と並んで、Blackview Tab 9が他のエントリータブレットと差別化されているポイントの1つかと思います。

スポンサーリンク

2.Blackview Tab 9 筐体

Blackview Tab9
Blackview Tab9
筐体色はグレーとゴールドの2色。前面のベゼル色も異なりますので、どちらを選ぶかによって雰囲気も結構変わってきます。それで、非常にトリッキーな話なんですけど、グレーのほう(上の画像)の中央に映っているのが「上側面」、ゴールドのほう(下の画像)の中央に映っているのが「下側面」ですねw 上側面にはイヤホンジャックとSIMスロット、下側面には2つのスピーカーグリルとUSB Type-Cポートがあるのがわかります。

Blackview Tab9
で、スピーカーなんですが、いつも注意喚起させていただいている通り「中華タブの場合、見るからにステレオなんだけど、実はモノラル」という例が少なくありません。メーカーの説明でステレオと書かれているにも関わらず、実際はモノラルだった、という経験もしています。なので、Blackview Tab 9に関しても「ステレオだったらラッキー」くらいに考えておくほうが安全です。

Blackview Tab9
この記事を書いている時点だとまだ発売されていないようですが、別売りでキーボードが用意されるようです。ちなみにBlackview Tab 8用のキーボードは現在でも販売されていますが、Tab 8とTab 9はカメラ周りのデザインが異なりますので、(Tab 8用でも使えるとは思いますが)Tab 9用キーボードが発売されるまで、しばらく待つ必要がありそうです。

Blackview Tab9
なお、ちょっとだけうれしい話として、この製品にはタブレットケース(いわゆる風呂蓋カバー)が付属します。

3.Blackview Tab 9 価格など

Blackview Tab 9は中国の通販サイト「Banggood」に製品ページがあります。5月6日現在「入荷お知らせ」のステイタスで、まだ販売はスタートしていません。参考価格は199.99ドル(22,157円)です。

記事中に引き合いに出したTeclast M40(実売価格160ドル前後)やALLDOCUBE iPlay 40(実売価格210ドル前後)よりも全体的にスペックが低くなっていますので、販売が開始されたら、価格面で特にTeclast M40と比較してどうか、というのがポイントになると思います。個人的には「M40よりも高いのなら厳しい」と思いますね。

しかしねえ、Blackviewだけに「タフネスタブレット」にすればよかったのに…、と思わないでもないですね。そうすればAndroidタブレットとしては希少性が出てきますし、TeclastやALLDOCUBEとガチで価格勝負しなくて済んだろうに…。まあ、10.1インチタブレットでMIL規格クリア、とかは簡単じゃないんでしょうね。

4.関連リンク

Blackview Tab 9:Banggood

スポンサーリンク