マウス MB11ESV - 11.6インチで厚さ12.9 mmの低価格モバイルノート、ウインタブにはちょっとデジャブ感あり?

マウス MB11ESV
マウスコンピューターは自社サイト用ではなく、家電量販店用の新製品として、11.6インチモバイルノート「MB11ESV」を発売しました。つい先程12インチWindowsタブレット(2 in 1)「MT-WN1201E/S」の紹介記事を掲載したところなのですが、マウスはたて続けに「量販店モデル」をリリースしたことになります。マウスとして、直販モデル、量販店モデルをどのような基準で設定しているのかはわかりませんが、確かに既存のマウス製品とは少し毛色の異なる製品だと思います。

スポンサーリンク

1.スペック

マウス MB11ESV
クラムシェルタイプのモバイルノートとしては最小サイズとも言える11.6インチのこの製品は、ちょっと前の「クラウドブック」を使いやすくした感じのスペックになっています。CPUはApollo Lake世代のCeleron N3350で、よく似た型番「N3450」と比較すると性能面ではやや劣ります。各種ベンチマークスコアで見ると、「Atom Z8350といい勝負」くらいの性能ですね。なので、ExcelやWord、Webブラウジング、動画視聴など、比較的軽めの用途に向きます。

RAMは4GBと、CPU性能から見て妥当な容量になっていますが、ストレージ64GBは(中華製品だと普通ですが)、本格的なビジネス用途だと少し不足感があるかもしれません。というのも、この製品にはSD(microSD)カードリーダーがついていないんです。そのため、使い方によっては比較的早めにストレージ不足を感じる可能性はありそうです。

ディスプレイは11.6インチながらFHD解像度と高精細です。ただし、液晶形式については開示されていないため、IPSなのかTNなのかは不明です。また、入出力ポートはUSB Type-Cが1つだけ、しかも充電/給電兼用となっていて、非常に不安に感じられますが、付属品として「 HDMI、USB 3.0 Type-A、USB Type-C(充電用)」を備えるハブがありますので、最低限の実用性は確保されます。ただ、これでも「ハブのタコ足配線」になってしまうかもしれませんけどね。

サイズのほうは非常に素晴らしいです。11.6インチサイズなのでタテ・ヨコが小さいのはもちろん、厚さも12.9 mmと非常に薄いですし、重量も1.07 kgとなっています。最小・最軽量とは言えないまでも、モバイル利用はごく快適なのではないか、と思います。

スポンサーリンク

2.筐体

マウス MB11ESV
マウス MB11ESV
ウインタブらしい感想を書かせてもらうと「中華っぽい」というか「深センっぽい」ですね。このデザイン、日頃中華ノートを紹介したり、レビューしたりすることの多いウインタブとしては「すっかりおなじみ」です。「MacBookにインスパイアされました」系ですよね。ただ、筐体素材はアルミということなので、質感は高いのではないかと思います。

マウス MB11ESV
キーボードはもちろん日本語配列です。81キー、キーピッチ13.7 mm、キーストローク1.8 mmというのがメーカーの公称値なのですが、キーピッチ18 mm、キーストローク1.37 mmの間違いなんじゃないか、という気はします。13.7 mmのキーピッチって相当なもんですよね?11.6インチと小ぶりなサイズであることを差し引いても、画像を見る限り主要キーのピッチは十分確保されているように見えます。

また、この製品には指紋センサーが装備されます。タッチパッドの左上についてますね。

マウス MB11ESV
側面と付属のハブです。ハブにはHDMIがありますし、フルサイズ(Type-A)のUSBポートもついていますし、充電用のType-Cポートもありますが、要するにハブを使ってもUSBポートは1つしか使えないということなので、ちょっと厳しいかも…。

3.価格など

マウス MB11ESVは家電量販店などで販売中で、4月27日現在のビックカメラ価格は税込み48,384円(ポイント10%つき)となっています。ポイント分を考慮すると4万円台半ば、というところでしょうか。

CPU性能がやや低いと感じますが、11.6インチでFHD解像度のディスプレイを備え、アルミ筐体を採用したコンパクトなモバイルノートとしては魅力があります。外観がちょっと中華っぽいですが、れっきとしたマウスブランドの製品ですし、マウスならではの「24時間365日電話サポート」もついていますので、安心感は中華製品の比ではありません。また、キーボードも日本語配列ですしね。「出先でテキスト入力」のような作業に使うのに向くでしょうし、とにかく気軽に持って出かけたくなるようなモバイルノートだと思います。

4.関連リンク(ビックカメラ)

MB11ESV
icon

スポンサーリンク

コメント

  1. 11Lの匿名 より:

    電源ボタンの位置や、無理矢理詰め込んだ感のあるキー配列からして、出自は恐らく予測通りかと。

    ネットブックやクラウドブックの進化系としてみると面白いですけど、左右シフトキー周辺のキー配列がちょっと気になりますね。

  2. 匿名 より:

    中身丸々中華だろうし日本語キーボードと保証付いただけだと正直ちょっと高いな。

  3. 匿名 より:

    スペック表のmicroSD表記に???