マウス m-Book B504E / B504H - 15.6インチ、こんどのCM記念限定モデルはハイスペックモデルもあるよ!

マウス m-Book B504
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。マウスコンピューターはTVCMに乃木坂46を起用していて、定期的に「TVCM記念限定モデル」のスタンダードノートを発売します。「m-Book B5○○」という型番で、これまで何度か限定販売がされていますが、CPUにCeleronを搭載するエントリースペック機ながら、RAMやストレージ構成、入出力ポート構成などのバランスが良く、しかもかなりのお買い得価格ということで毎回人気があるようです。

スポンサーリンク

今回はB504Eという、従来の限定モデルの流れを汲むエントリースペックのものに加え、B504Hというハイスペックな製品も加わりました。なお、マウスコンピューターのプレスリリース上はB504HのほうだけがTVCM公開記念と銘打たれていますが、この2製品はともに限定モデルで同一筐体を使用していると思われますので、この記事で一緒に紹介します。

1.スペック

マウス m-Book B504 スペック表
B504EとB504Hは同一筐体を使用していると思われ、基本的なスペックは非常によく似ています。しかし、数少ない相違点が「CPU」「RAM」「ストレージ」で、いずれもパソコンの性能を決定する際に非常に重要なパーツでして、特にCPUはかたやApollo Lake世代のCeleron N3450、かたや第8世代のCore i7-8550Uとなっており、要するに一方(B504E)はエントリーモデル、もう一方(B504H)はハイスペックモデル、ということになります。

B504EはCeleron N3450を軸にRAM4GB、ストレージ240GB SSDと、エントリーマシンとしてはバランスのいいスペックになっており、特にストレージが比較的大容量のSSDを搭載しているというのが魅力です。また注文時のカスタマイズによりRAMは最大で8GB、ストレージは240GB SSDのほか、SSD + HDD、SSD + SSDといったデュアル構成も可能になっています。

B504HはCore i7-8550U、RAM8GB(カスタマイズにより最大32GB)、512GB SSD(まだ発売日前なので詳細は不明ですが、B504Eと同様に、デュアル構成が可能と思われます)と、ハイスペックマシンらしい仕様ですね。なので、この2機種、型番は似ていますし、同一筐体を使っていますが性能は全然異なりますし、当然価格も「2倍違います」。

ディスプレイは15.6インチでFHD解像度と十分なものになっており、入出力ポートはマウスらしく非常に充実しています。後述しますが、マウスの筐体はいたずらに「今風」にはしていないというか、最新モデルでは省略されているようなディテールをしっかり残して使い勝手を確保しているというのが魅力です。

ただし、B5○○シリーズの、あんまりうれしくない伝統といいますか、B504EもB504Hも光学ドライブはついていませんし、オプションでも内蔵することはできません。

2.筐体

マウス m-Book B504 正面
私が確認した限り、B504EとB504Hは全く同じ筐体を使用しています。そして、従来のB5○○シリーズと比較しても相違点が見つかりません。クセのない、そして特にデザインに凝ってもいない、プレーンな感じのスタンダードノートです。おそらく筐体素材もプラスティックと思われます。

スポンサーリンク

マウス m-Book B504 キーボード
キーボードです。キーピッチは約18 mm、キーストロークは約1.8 mmと、ノートPCとしては十分なサイズを確保しており、配列にも大きなクセはありません(個人的には右のSHIFTキーがもう少し大きいと良かった…)。また、タッチパッドには物理クリックボタンが2つ装備されていて、タッチパッドを常用する人には歓迎されるのではないかと思います。タッチパッドに物理クリックボタン、というのはマウスのこだわりポイントでもあります。

マウス m-Book B504 側面
側面です。十分な入出力ポートが確保されています。ハイスペッククラスのB504Hはともかく、低価格なB504Eのほうも全く同一の構成になっています。

マウス m-Book B504 前後面
前後面です。マウスのいいところがここにもひとつ。バッテリーが着脱式です。最近はスタンダードノートの多くがバッテリーを着脱できない構造になっているのですが、バッテリーは消耗品ですから、ユーザー目線では簡単にバッテリーを交換できるほうがずっと助かりますよね!

マウス m-Book B504 バックライト
筐体面でB504EとB504Hの相違点は「バックライトの有無」だけです。上位機種であるB504Hのみバックライトがつきます。逆にこれ以外の相違点は見つかりませんでした。

3.価格など

マウス m-Book B504Eはマウスコンピューター公式サイトで「限定10,800台」で販売中です。価格は税込み53,784円です。また、B504Hは12月1日の発売予定で、「限定4,000台」、価格は税込み107,784円となっています。B504EとB504H、「約2倍」の価格差となります。

今回の限定2機種は同一筐体とはいえ、性能面および価格面であまりにも違いが大きいので「どっちにしようかな」という悩み方をすることはないと思います。要は使いみち、ということになると思いますが、どちらを選ぶにせよ、お買い得な気はします。また、マウスならではの充実した入出力ポート、キーボード品質、着脱式バッテリーといった地味なところへのこだわりというのも無視できないですよね!

4.関連リンク(マウスコンピューター)

限定台数 m-Book B504H
icon
限定台数 m-Book B504E
icon

Comment

  1. 匿名 より:

    いつも楽しく拝見させていただいています。マウスのこのノート、5万円と手頃で飽きのこないデザインだし、キーボードバックライトもついてるし、自分的には買い!と思ったのですが、よく見たら高い方しかバックライトはついてないんですねぇ。中華でもいいから安価でバックライト付きのパソコンてないですかねぇ。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑