Onda OBook 20 Plus - 10.1インチデュアルブート中国タブレット、ディスプレイ性能が上がり、見た目もゴージャスに

公開日: : 輸入製品 ,

Onda oBook 20 Plus
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。先ほどライターのかのあゆさんのマニアックな記事を公開したのですが、この記事は万人向けではなくとも、需要のある人にはとってもありがたい内容だと思います。単なる機種紹介とか実機レビューだけでなく、突っ込んだ内容の記事も掲載していきたいですね。miyukiさんの一連のRemix OS関連記事とか、あと「数ヶ月使ったあとの実機レビュー」とかもいいと思います。過去に読者レビュアーをしてくれた人も、時間があるようでしたら継続レビューを投稿していただけるとうれしいです。単なるボランティアになってしまうのですが、ぜひよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

ということで今回は「単なる紹介記事w」です。「Onda oBook 20 Plus」という製品ですが、以前ウインタブで実機レビュー読者レビューをしたことのある「oBook 10」のリニューアル版という理解でいいと思います。

1.スペック

OS: Windows 10 + Android 5.1
CPU: Intel Atom X5-Z8300
RAM: 4GB
ストレージ: 64GB
ディスプレイ: 10.1インチIPS(1,920 × 1,200)
ネットワーク:  802.11b/g/n、Bluetooth 4.0
カメラ: インのみ2MP
入出力: microUSB、microHDMI、DC電源アダプタ、オーディオ、microSD
サイズ: 254 x 168 x 8 mm / 重量 560 g
バッテリー: 6000mAh、最大稼働時間6時間
※キーボードは別売り

従来機oBook 10と比較しながら書きます。oBook 10は現在ではデュアルブート化されているものの、ウインタブで実機レビューした当初はWindowsのみのシングルブート機でした。しかし、oBook 20 Plusは最初からAndroid 5.1とのデュアルブート機になっています。RAMは4GB、ストレージは64GBと、oBook 10とは同じ、またほとんどの10インチ中国タブレットと同じような構成です。

oBook 10との最大の相違点はディスプレイで、oBook 10がHD(1,280 × 800)だったのに対し、FHD(1,920 × 1,200)と高解像度化しています。もともとoBook 10のHDディスプレイの状態でもかなり画質はいいと感じていたので、この高解像度化には期待していいと思います。

それ以外はカメラ、バッテリー容量などほどんどがoBook 10と共通です。あとはデザインですかね。

2.筐体

Onda oBook 20 Plus キーボード
まず目を引いたのは専用キーボードです。これは完全に従来機oBook 10のものとは異なります。キーボード面が筐体色と同じゴールドではなく、ブラックに変更されました。HPのSpectreシリーズみたいな「黒金」カラーですね。

スポンサーリンク

Onda oBook 20 Plus キーボード拡大
キーボードのレイアウトはoBook 10とほぼ同じです。打鍵はしやすくていいキーボードですが、省略されているキーが多くFキーがFnキーと同時押しになるなど、ある程度の慣れが必要になります。

Onda oBook 20 Plus 各部名称
ポート類のレイアウトです。タブレット本体だけだと明らかに入出力ポートは不足していますね。USBはmicroUSBポートが一つあるだけです。しかし、専用キーボードを接続すると、キーボード側にフルサイズUSBポートがついているため、拡張性は高まります。また、DC-INはUSBポートと兼用ではありません。

Onda oBook 20 Plus 天板
筐体背面はこんな感じで、素材はアルミ合金製です。従来機oBook 10でもかなり質感は高かったので、この製品についても質感という点では心配はいらないでしょう。

3.価格と発売時期

Onda oBook 20 Plusはこの記事を書いている9月11日現在、中国の通販サイト「Gearbest」で販売中です。他の通販サイトではまだ取り扱いが開始されていないようでした。価格は195.05ドル(20,263円)となっています。

いつものことながら、この製品の購入時に一緒に購入することになるであろうキーボードがまだ発売されていません。中国向けのOnda直販サイトだと販売が開始されていて、日本円で3,000円強となっていたので、通販サイトでも近日中には発売されると思います。

oBook 20 Plusは「oBook 10のディスプレイ解像度を高め、キーボード込みでのデザインをより洗練させたもの」と言っていいでしょう。それを理解したうえで、oBook 10との価格差を見ながら購入を検討すればいいと思います。

4.関連リンク

Onda OBook 20 Plus Tablet PC:Gearbest

Comment

  1. もりもり より:

    これ、デザインと裏面の主張の控えめさがいいっすね
    バッテリーの持ちだけ気になるなぁ…
    実機レビューしていただけるかな…(チラッチラッ

    • wintab より:

      もりもりさん、こんにちは、コメントありがとうございます。通販サイトの方にお願いしてみますね。

  2. miyuki より:

    ギアベストのリンクを踏んでみました。
    これ、ロリポはロリポですけど、Remix OS 2.0みたいです。
    スクショの泥側パートがRemixぽいなぁ、と思って眺めていたら
    about tabletの1枚におもいっきりRemixて表示されてますし。
    とゆーわけで、winとRemixのデュアルブートのようですよ。

    • wintab より:

      miyukiさん、読者の方からご要望もありましたし、実機レビューができるよう、通販サイト様に依頼してみようと思いますニヤリ

  3. miyuki より:

    どんとこい! ららら~。

  4. Merlin より:

    実機、秋葉原の東映無線ラジオデパート店で入手しました。

    とりあえず、Remixはいらないのと、日本語版のWindows10をクリーンインストールしたかったので、メーカーサイトからドライバ関係をダウンロードし、念のためDoubleDriverでもバックアップをとった上で、さっくりと初期化しました。

    このマシン、立ち上げたときのロゴの出方が、なんとWindowsロゴボタンの方を上にしてでてきますね。それだけがちょっと戸惑ったくらいで、あっさりとクリーンインストール&ドライバのセットアップも完了です。

    キーボードですが、特に可も無く不可も無くでしょうか。但し、「~(チルダ)」が、FnキーとWキーという組み合わせで入れる関係で、USキーボードでの日本語IMEのON/OFFの標準キーバインドである「Alt+~」はうまく認識してくれません。

    タッチパッドの挙動はイマイチなので、Fn+スペースでOFFにして、マウスを別途使った方がストレスにはなりませんね。

    ondaのタブレットは、V919 air CH、V80 plusに続き3台目ですが、素直に再インストールできるし、メーカーサイトからもちゃんとドライバをダウンロードできるので安心して使えますね。

    • wintab より:

      Merlinさん、こんにちは、コメントありがとうございます。ご購入おめでとうございます!Ondaがお好きなんですね。私はoBook 10を試用したことがありますが、価格の割に質感が高く、製品としての欠点も少なかったと思います。これから楽しそうですね!

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑