ドスパラ raytrektab DG-D08IWP - 期待の8インチ・デジタイザータブレット、ついに発売!店頭分は品切れも!?

ドスパラ raytrektab DG-D08IWP
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。いよいよ、といいますか、ドスパラの8インチ、デジタイザー搭載Windows タブレット「raytrektab DG-D08IWP」が発売されました!ウインタブ読者からは歓迎される一方で、CPUスペックやディスプレイ解像度について辛口のコメントも見られましたが、それも期待感の現れなのかな、と思います。私は本日(4月27日)、ドスパラの実店舗に行ったわけではないので詳しいことはわかりませんが、秋葉原本店では発売直後に当日分を完売したようです。やはりデジタイザータブレットって、皆さん楽しみに待ってたんですね!

スポンサーリンク

1.スペック

ドスパラ raytrektab DG-D08IWP スペック表

クリックで拡大します

この製品については既に何度か記事にしていますが、発売日となり、ドスパラから詳しいスペック表が公開されています。CPUは低価格帯タブレットではすっかりおなじみのAtom X8350で、RAMは4GB、ストレージは64GBです。またディスプレイは1,280 × 800と、標準的なものにとどまります。もしデジタイザーでイラストを描く、という用途でなければ、8インチでRAM4GB、ストレージ64GBのタブレットは競合が少なく、大歓迎されるはずなのですが、PC負荷の大きいイラスト用のソフトウェアを快適に動かすには力不足なのではないか、という懸念もあります。同様にディスプレイ解像度についても、通常の8インチタブレットとしては過不足ないものの、イラストを描く上では不十分かも、という声が聞かれます。

実際のところ、イラストに使う場合、個々人のスキルとか描き方のスタイルによっても快適さが異なってくると思いますし、私は実機に触ったことがありますけど、肝心のイラストスキルがないため、なんとも評価できない、というのが正直なところです。

また、この製品、イラストに使えるソフトウェア「CLIP STUDIO PAINT DEBUT」がプリインストールされています。CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)はイラスト用の定番ソフトウェアの1つで、そのDEBUT(デビュー)版というのは製品版よりも機能が限定され、通常購入は出来ないもののようです。詳しくは下記のリンクをご確認下さい。
CLIP STUDIO PAINT DEBUT

DEBUT版とはいえ、無料でついてくる、というのはイラスト初心者にはうれしいですよね。また、製品版のクリスタを持っている場合でも、このタブレット用にクリスタが使えるというのは大きいと思います。

スポンサーリンク

この製品、高性能なデジタイザーがついているとは言え、凝ったイラストを完結させるという目的で購入する人はそんなに多くないと思います。外出先などで下書きレベルの作業をするのに向いている、ということだと思うのですが、それであればCPU性能やクリスタのバージョンはハイエンドなものである必要はないのかもしれませんね。

肝心のデジタイザーですが、ワコムです。Feei IT Technologiesです。私はイラストは描きませんが、個人的にはワコムのデジタイザーが最も使いやすいというか気持ちいいと思っています。しかも4,096階調もの筆圧にも対応する、高性能なものが搭載されています。まあ、これを先に見てしまうからCPUとかが物足りなく見えちゃうんですけどね。

2.筺体

ドスパラ raytrektab DG-D08IWP
筺体については新しい画像が公開されておらず、この記事で気の利いたことは書けないっす。先日ドスパラの秋葉原本店で実機を手にとって見た感じでは、基本的にDiginnos タブレットとよく似た質感で、背面素材はアルミ合金になっており、非常にしっかりした印象でした。参考までに秋葉原本店での模様を書いた記事と、8インチタブレット「Diginnos DG-D08IW2」の実機レビュー記事にリンクしておきます。
ドスパラ秋葉原本店で話題の8インチタブレット「raytrektab DG-D08IWP」の実機を肉眼で確認しました!
ドスパラ Diginnos DG-D08IW2 - 新型CPUを体感できるハイコスパ8インチタブレット(実機レビュー)

見た感じDiginnos DG-D08IW2にそっくり、というのはあるんですが、厚さは1 mmほど、重量は20数g重くなっています。ただこれはデジタイザー搭載であるとか、RAMを増強したり(基板とかが変わってくるらしいです)とかで、仕方のないことかな、と思います。

3.価格など

ドスパラ raytrektab DG-D08IWPはドスパラの公式サイトで販売中で、価格は税込49,800円です。これは事前に公表されていた情報と全く同じですね。なお、記事の冒頭にも書きましたが、発売日である本日(4月27日)、ドスパラの秋葉原本店では開店前から行列ができ、行列していた人全員には製品が行き渡らなかったそうです。なので、ネット通販を利用するほうが安心だと思いますが、この記事を書いている時点で「7日後に出荷」と表示されており、この日数は伸びていく可能性はあると思いますので、購入する覚悟が決まり次第注文しといたほうがいいかもしれません…。

4.関連リンク

raytrektab DG-D08IWP:ドスパラ公式サイト

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    値段と解像度は駄目だけど8インチは好き

  2. 読者 より:

    以前の記事
    http://win-tab.net/dospara/raytrektab_dg_d08iwp_1704042/
    のスペックにあった
    「デジタイザ Wacom feel IT technologies デジタイザ4096階調, スキャンレート180Hz」
    が販売ページの商品情報から項目ごと完全に消えてるけどこれ本当に大丈夫なん?

  3. マッシュ より:

    何故CPUをz8700にしなかったのか。。。

  4. いりえ より:

    色々惜しいなぁ…この値段だったら中華を承知でcube mix plus買うかな……

  5. FLIP↗FLOP より:

    絵心がないのでデジタイザーには縁が無いですが、みなさんの関心はかなり高いんですね。

  6. raytrektabは一言で表すと「ペン性能を優先したVivoTabNote8後継機種」になるかなと思います
    (企画担当の人はVivo8のユーザーさん)
    ペン性能は出かけた先でちょっとした落書きをするときでも大事です
    CPUパワーを要求されない簡単なラフ画でもペン性能が微妙だと残念なことになります
    Vivo8を落書きやメモ、ラフ書き端末として使ったときに残念に思うであろうことを値段なりに解決してる良端末だと思います

    逆に言うと想定以外の運用については潔く切り捨ててますので割り切りも要求されます
    (バッテリー4時間なのもペン機能の影響みたいです)
    ドスパラ側もニッチな需要しかないと売れ行きを読み違えたのもここら辺が原因かもしれませんね

  7. 匿名 より:

    CoerM、メモリ128、9.7インチで8万くらいなら欲しいな

    ステッドラーコラボSペンも使えそうな雰囲気

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
Probox
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑