acer Switch 7 Black Edition - 第8世代のCore i7とGeForce搭載、13.5インチのSurfaceタイプが発表されたよ!

公開日: : acer , ,

acer Switch 7 Black Edition
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。acerがドイツ・ベルリンで開催されるIFA(家電見本市)に先立ち、複数の新製品を発表しました。モバイルノートもいくつか発表されているのですが、この記事では13.5インチサイズのSurfaceタイプ2 in 1「Switch 7 Black Edition」を紹介します。私にはたぶんこの製品が一番力が入っているように思われました。

スポンサーリンク

なお、この記事はTHE VERGEの下記の記事を引用元としています。
Acer’s new fanless 2-in-1 has Intel’s latest processors and discrete Nvidia graphics

では、最初にこの動画をご覧ください。

OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core i7(第8世代)
GPU: NVIDIA GeForce MX150
ディスプレイ: 13.5インチIPS(2,256 x 1,504)
重量: 1.15 kg(キーボード別)

スペックに関して現時点で明らかになっているのはこれだけです。CPUは第8世代「Kaby Lake R(リフレッシュ)」のCore i7が搭載されます。Intelがリリース済みのCore i7は「8550U」と「8650U」の2種類で、どちらにせよウインタブでは第7世代と第8世代が実用上でどのくらいの差があるのか、まだよくわかっていません(実機レビューも見かけませんし)。ともかく最新のCPUが搭載される、ということですね。

acer Switch 7 Black Edition
この製品には外部GPUも搭載されます。「GeForce MX150」という名称もあまりなじみがないですが、Pascal世代(GTX1050など)のローエンドに位置するもので、現行モデルだと「940MX」くらいの位置づけになります。なので、ゲーミングマシンとして使うには少し物足りないかもしれませんが、第8世代のCore i7との組み合わせで、グラフィック性能がかなり高くなっていることは予想できますね。

acer Switch 7 Black Edition
ディスプレイは2,256 × 1,504と、通常のFHD解像度よりも高精細で、Surfaceタイプらしくアスペクト比も3:2です。そして、ワコムのデジタイザーが搭載されます。上の画像にもありますがEMR(電磁誘導式)となっているので、ペンに電池を使わないタイプですね。ざっくり言うと「Windowsタブレットに使われている普通のワコム」というか「Feel IT Technology」のタイプです。動画を観ると、細身のペンを本体に収納できるようになっています。

スポンサーリンク

acer Switch 7 Black Edition
また、この製品はCore i7とGPUを搭載するにも関わらず「ファンレス」です。そのかわり「Dual LiquidLoop」という液冷方式が採用されます。この辺の仕組みは前身機「Switch Alpha 12」からの正常進化と言えるでしょう。

acer Switch 7 Black Edition
あと、キックスタンドが「AutoStand」という新方式になっていて、ワンタッチで展開、収納が可能とのことです。上にリンクした動画を見てみたのですが、センサーか何かでスーッと開いたり閉じたりするような高度な仕組みではなく、指一本でディスプレイ角度を調整したり、ボタン一つでキックスタンドを展開したりできるようなものですね。

acer Switch 7 Black Edition
「Black Edition」だけに、筐体は黒一色です。

この製品はまだ日本発売が正式にアナウンスされておらず、「北米とヨーロッパで12月より販売予定」とのことです。ドルベースでの予想販売価格は1,699ドル(約188,000円)です。

日本の年末商戦に間に合うでしょうかね?おそらく第8世代のCore iプロセッサーを搭載する製品としてはごく早いリリースになると思われます。また、GeForce MX150との組み合わせによるパフォーマンスの向上も期待できます。液冷システムは別として、この製品のスペックがこの年末以降のSurfaceタイプのベンチマークになるのかもしれません。

関連リンク

Acer’s new fanless 2-in-1 has Intel’s latest processors and discrete Nvidia graphics:THE VERGE
SWITCH 7 BLACK EDITIONacer グローバルサイト

Comment

  1. もし筆圧調整ができるなら買ってますねこれ。必要なものが全て入ってますから。

  2. わらびもち より:

    重いことで定評あるあのacerだから、これはたぶん1kg超えるだろうな…勿論本体だけで。

  3. 匿名 より:

    一般用途向けAESですら採用してないAcerが他社でも採用例がほとんどない
    絵描き向けの最新型EMR採用はサプライズですね
    EMRで3:2パネルの組み合わせもかなり珍しい

    ピュアタブ初のdGPUやルートヒートパイプでたった1.15kg
    という点がもちろん目玉ですけど
    メモリやストレージも多くかなりガチに絵描き向けにチューニングしてる感じ

    かなり意欲的な部分が多い製品で値段も18万ってかなりコスパ高い
    今までのAcerの2in1で一番の会心作じゃない?

  4. 匿名 より:

    重すぎて普通の人は対象じゃないね

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑