UMIDIGI X - 近日発売予定の6.35インチスマホ、いろんな意味でわかりやすい流出情報が出てます。魅力的な機能満載で価格にも期待!

UMIDIGI X
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回は出所がメーカー自身という流出情報をお伝えします(いやそれ流出って言わんでしょ…)。ここのところ非常に元気な中国メーカー「UMIDIGI」の新製品情報なので、ウインタブ読者にお知らせする価値は大きいと思います。トップ画像は6月の末に出回ったもので、中華スマホをメインに扱っているサイトさんではすでに掲載されていると思います。UMIDIGIのニューモデル「X」のイメージ画像ですね。

スポンサーリンク


今回新たに「流出した」とされるのがこれです。新品のスマホに貼られている液晶保護フィルム。このフィルムにはUMIDIGI Xの特徴がいくつか盛り込まれています。

・ディスプレイ埋込み型の指紋センサー
・48MPのトリプルレンズカメラ
・6.35インチのAMOLED(有機EL)ディスプレイ
・4,150mAhの大容量バッテリー
・18Wの急速充電
・7.9 mmの薄型筐体
・Google Payに対応するNFC(ウインタブ注:日本では使えません)

スポンサーリンク

さらに「流出」情報では、フィルムの形状がノッチを考慮したものではなく、「ポップアップ式カメラもしくは水滴型ノッチ」が装備されているかもしれない、といいます。また、この情報はこうも言っています。

「UMIDIGI Xはお手頃な価格で発売されそう。また、ディスプレイ埋込み型指紋センサーと48MPのAIカメラを搭載する製品としては最も低価格になるだろう」
※原文:The UMIDIGI X is almost certain to be released at a budget pricing and would be the most affordable in-screen fingerprint smartphone with 48MP AI triple camera.

今どきこういう情報の出しかたはどうなの?とは思いますが、UMIDIGIと言えば2018年末から「F1」や「S3 Pro」といった非常に魅力的かつハイコスパの製品を立て続けにリリースしていますし、きちんと日本の技適を取得し、Amazonに公式ストアを出店するなど、日本市場に積極的に切り込んでくる姿勢は高く評価できます。

CPUやRAM、ストレージ構成については明らかになっていませんし、具体的にいくらで発売されるのか、というのも不明ですが、F1やS3 Proは(当時)衝撃的とも言えるくらいの低価格でしたから、UMIDIGI Xについても極めてコストパフォーマンスの高い製品になるのは間違いないでしょう。

中国メーカーお得意の「プレゼント(GIVE AWAY)」企画も開催されています。TwitterやFacebookなどのSNSでフォローするなどのアクションが必要ですが、興味のある人はどうぞ!
Giveaway:UMIDIGI 公式サイト(英語)

スポンサーリンク