ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー - 第2世代のRyzen5を搭載するゲーミングデスクトップ。これは「10万円PC」の最適解か?(実機レビュー:takumi)

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
こんにちはtakumiです。今回はドスパラのデスクトップパソコン「GALLERIA RJ5」をレビューします。ミドルレンジクラスのゲーミングPCで、CPUにAMD製の「Ryzen5 2600」を、GPUにNVIDIAのミドルレンジGPU「Geforce GTX 1660」を採用した意欲作となっています。また、筐体サイズもコンパクトに仕上がっています。

スポンサーリンク

1.スペック

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
ドスパラはBTOメーカーなので、CPU以外はカスタマイズが可能です。CPUはAMDの第2世代Ryzen「Ryzen5 2600」が、GPUはGeforce GTX 1660(VRAM6GB)もしくはGTX1660Ti(VRAM6GB)が搭載されます(7月17日現在、無料アップグレードにより、GTX1660Tiが標準となっています)。

NVIDIAのGPUというと、今日ではどうしてもRTX製品が目立ち気味ですが、この型番でもゲームの起動自体はほぼすべてのゲームで出来ますし、フルHDならほとんどのゲームでは高設定で快適に遊ぶことができると思います。但し、RTX製品ではないので、対応ゲームでは「DXR」や「DLSS」は使用できません。

システムメモリは8GBで、最大32GBまで増設できますし、4GBへ減らすこともできますが、お勧めはしません。個人的には、16GB以上への増設をお勧めします。ストレージは240GB SATA SSD(M.2接続、メーカーは不明です)+1TB HDD(シーゲート製)という構成で、HDDは最大8TBまでのものに換装出来ますし、最大1TBまでのSSDに変更することも出来ます。

光学ドライブは純正では装着されておらず、有料オプションでの装着になります。また、SDカードスロットもしっかり備えています。

その他、CPUクーラーを性能の高いものに変更したり、ケースファンを換装したりなどのオプションもあります。このマシンはケースサイズがMicroATX規格のものになっており、MiniITXサイズの物には敵いませんが、通常のATXサイズと比較して大きく体積を削ることが出来ています。

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
レビュー機はOSがWindows10 Proへ変更されていました。それ以外は標準構成と同じです。また、Windows10のバージョンは1903でした。

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
GPUはGTX1660でVRAMは6GBです。ドライバーは記事執筆時点で最新の431.36です。

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
ストレージも標準構成です。人によっては物足りないかもしれませんが、大体の人には足りるかと思います。

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
読み書き速度を「CrystalDiskMark」で測定しました。SATA接続なので速度に物足りなさは感じますが、ゲームに関しては大きな差は感じないと思います。

2.外観と内容

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
まずは正面です。電源、リセットボタン、SDカードスロット、オーディオジャック、USB3.0 Type-A×2があります。

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
右側面には何も装備されていません。一応、ここを開ければ裏配線にアクセスできます。

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
左側面にはパーツの大部分が集中してるエリアのため、エアインテークが大きめに装備されています。

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
背面です。マザーボードのIOポート類(USB3.0Type-A×4、USB2.0Type-A×2、有線LAN、オーディオジャック)に、グラフィックカードの画面出力コネクタ(DP、HDMI、D-DVI)、電源プラグが備えられています。ポート類右側には排熱用ファンが取り付けられています。ケースの構成上、電源が上部に搭載されています。

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
ケースを開けたところです。内部スペースにはそこそこ余裕がありそうです。メモリはSK hynix製のものが採用されていました。また、右側のディスクマウンタはネジを外すことで、手前側に回転させることが出来、ディスクの増設や換装が簡単に出来るようになっています。

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
下部はゴム足が4点に装着されています。

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
上部には特に何もありません。

3.使用感

この製品の最大の魅力は省スペース性にあると思います。パーツのグレードを低めに設定し発熱を抑えることで、ケース内のエアフローにさほど配慮せずとも安全に使っていくことが出来ます。発熱の関係上かBTOオプションにはありませんが、M.2スロットも1つ搭載されていますので、自己責任という形にはなりますが、DIYでより高速なNVMe対応SSDの増設も可能です。

Ryzenはマルチスレッド性能は高いですが、シングルスレッド性能とメモリキャッシュ周りの性能がこの世代ではまだ低いため、Intel製のCPUを搭載したPCと比較して、パフォーマンスがやや出にくくなっていますので、その部分は自分がプレイしているゲームとよく相談する必要があるかと思います。

4.性能テスト

この製品はCPUにAMDのRyzen5 2600、GPUにGeForce GTX 1660を搭載していますので、「ドラゴンクエスト X ベンチマーク」「ドラゴンズドグマオンライン(DDON)ベンチマーク」「3D Mark」「PC Mark」をやってみました。また、デスクトップPCということもありますので「ファイナルファンタジーXV Windows Editionベンチマーク」もテストしてみました。

実動テストでは「シャドウ・オブ・ザ・トゥームレイダー」「Quake Champions」「Forza Horizon4」もそれぞれテストしています。

スポンサーリンク

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
参考:
※ドスパラ GALLERIA ZF(Core i7-9700K、RTX2070): 22,792
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 21,271
※ドスパラ GALLERIA DF(Core i5-8500、RTX2060): 19,274
ドスパラ GALLERIA GCF1070NF(Core i7-8750H、GTX1070): 19,008
MSI GS65 Stealth Thin(Core i7-8750H、GTX1070): 18,571
ドスパラ GALLERIA GKF1070NF(Core i7-7700HQ、GTX1070): 18,222
※ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 18,061
※印はデスクトップPC

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
参考:
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 13,600
※ドスパラ GALLERIA ZF(Core i7-9700K、RTX2070): 13,230
※ドスパラ GALLERIA DF(Core i5-8500、RTX2060): 12,958
ドスパラ GALLERIA GCF1070NF(Core i7-8750H、GTX1070): 11,440
※ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 10,491
ドスパラ GALLERIA GKF1070NF(Core i7-7700HQ、GTX1070): 10,215
ドスパラ GALLERIA GCF2070NF(Core i7-8750H、RTX2070): 10,155
※印はデスクトップPC

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
参考(高品質):
※ドスパラ GALLERIA ZZ(i7-8700K RTX2080Ti): 12532
※ドスパラ GALLERIA ZF(i7-9700K RTX2070): 9520
※ドスパラ GALLERIA DF(Core i5-8500、RTX2060):7890
ドスパラ GALLERIA GCR2070RNF(i7-9750H RTX2070): 7440
ドスパラ GALLERIA GCF1070NF(i7-8750H GTX1070): 6691
MSI GL63(i7-8750H RTX2060): 6982
MSI GS65(i7-8750H GTX1070 Max-Q): 5821
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(i7-8750H GTX1060): 4675
ドスパラ GALLERIA GCF1050TNF(i7-8750H GTX1050Ti) :2914
MSI GF75 Thin(i7-8750H GTX1050Ti Max-Q) 2990

やはりCPU周りの性能差が出ており、スコアが低めに出ています。ただGPUの基本性能が高いせいか、FF15では思ってたよりも高いスコアとなりました。

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
参考:
※ドスパラ GALLERIA ZF(Core i7-9700K、RTX2070): 8,665、19,807、45,030
※ドスパラ GALLERIA DF(Core i5-8500、RTX2060): 7,072、16,142、34,912
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 6,703、17,345、37,589
OMEN X by HP(Core i7-7820HK、GTX1080): 6,283、15,476、30,804
MSI GL63 8SE(Core i7-8750H、RTX2060): 6,205、14,838、33,985
ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 5,583、15,146、36,268
ドスパラ GALLERIA GCF2060GF-E(Core i7-8750H、RTX2060): 5,453、13,800、33,609
※印はデスクトップPC
※左からTime Spy、Fire Strike、Sky Diverのスコア

3DMarkの全体的なベンチマークを見ても、Intel機と比較して低めなスコアが出ているのが見て取れるかと思います。GPUの性能としては、GTX1060以上は出ているかと思います。

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー
参考:
※ドスパラ GALLERIA ZF(Core i7-9700K、RTX2070): 6,337
※ドスパラ GALLERIA DF(Core i5-8500、RTX2060): 5,769
DELL G7(Core i7-8750H、GTX1060): 5,401
ドスパラ GALLERIA GCF2060GF-E(Core i7-8750H、RTX2060): 5,328
ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 5,122
MSI GF75 Thin(Core i7-8750H、GTX1050Ti): 5,009
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(Core i7-8750H、GTX1060): 4,976
※ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 4,906
※印はデスクトップPC

GPU性能がスコアに左右されないPCMarkですが、Intel Core i5-8500搭載マシンと比較して500程差を付けられています。ただし、通常使用では、もたつきを感じるシーンはほとんどありませんでした。

ガレリアRJ5 トゥームレイダー

トゥームレイダーですが、グラフィックスドライバが最適化できていることもあって、平均で60fpsを超えてきています。Ryzen5という点を考えるとかなり高いフレームレートが出ているんじゃないかと思います。正直驚きです。

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー

クリックで拡大します

トゥームレイダーの初期設定です。高よりの中設定でバランスを取ろうとしているのが見て取れます。あまりいじらずこのままが一番いいかもしれません。

ガレリアRJ5 Quake

QuakeChampionsですが、最低で100fps程、平均で110fps前半といったくらいでしょうか。少し設定を落としたほうが遊びやすいかもしれません。

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー

クリックで拡大します

初期設定では、全てMediam設定になっています。144fps付近を狙うならやはり少し設定を下げた方がいいですね。

ガレリアRJ5 Forza

Forza Horizon 4ですが、ウルトラ設定で70fpsをオーバーしています。不自由があることは全く無いでしょう。ここまでフレームレートが出るのは個人的にすごいと思ってます。

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー

ドスパラ GALLERIA RJ5 レビュー

クリックで拡大します

初期設定ではプリセットはミディアムでした。しかしプリセットをウルトラにしても全く問題はないです。

5.まとめ

ドスパラ GALLERIA RJ5は、7月17日現在ドスパラ公式サイトにて送料税別92,980円(標準構成時送料税込100,418円)で販売中で、GeForce GTX1660Tiへの無料アップグレードキャンペーン中です。

RyzenはIntel製CPUと比較して価格が安いため、非常にコストパフォーマンスに優れた一台となっています。10万円という価格を考えた場合、パフォーマンスは非常に高いと思います。軽めのゲームであればこれで十分でしょうし、ある程度のゲームでも十分快適に動かすことが出来るかと思います。使用する際には画質設定をしっかり行うのがいいかもしれません。

10万円という価格も含めて、これからPCゲームを始める人には最適な一台だと思います。マシン選びに悩んでいる方はぜひ検討してみてください。

6.関連リンク

GALLERIA RJ5:ドスパラ

スポンサーリンク

コメント

  1. しまやん より:

    Ryzen、気になっているところです。
    インテルのCPU供給が安定していないところを見ると
    これからもカスタマイズPCで増えてくるのでは?と思っています。
    個人的にはLenovoのThinkCentreのRyzenカスタマイズをカートに入れては
    やっぱやめる、ってのを1ヶ月ぐらいやってます(笑)

    • takumi より:

      しまやんさん、コメントありがとうございます。

      3000前番台の性能にこの時期は目が行きがちですが、値段がとにかく低い2000番台も十分魅力的でしょう。
      3000番台はまだ出たてですが、在庫が落ち着いてくればBTOのモデルでもスタンダードになりそうな気がしますね。

  2. ユーレカ より:

    同じドスパラで3600搭載モデルはGTX1660無印になって7000円アップですね。
    もっとも、それならパソコン工房のLEVEL-M0B4-R53-RIS(電源が500WになるがB450マザーになる)選ぶかな、ってところで競合しそう。

    • takumi より:

      ユーレカさん、コメントありがとうございます。

      調べたところこの2台はRAM8Gなんですけど、今RJ52600はRAMも16GBの無料アップグレード対象なので、余計に悩ましいですね。