goo g08 ー 今度のgooスマホはフランスwiko製!インカメラにデュアルレンズを採用した、セルフィーに強い縦長スマホ!(かのあゆ)

goo g08
こんにちは。かのあゆです。gooブランドでスマートフォンを展開しているNTTレゾナントが2月23日に新型スマートフォン「g08」を発表しました。本端末はフランスのWiko社と共同開発した端末となっており、ベースになっているのはすでに昨年SIMフリースマートフォンとして販売されている「Wiko View」の上位モデル「Wiko View Prime」となっています。
Wiko View - フランス発、18:9ディスプレイを搭載したミッドレンジスマホ(ふんぼ)

スポンサーリンク

1.スペック

g08 スペック
ハードウェアとしてのスペックはすでに発売中の「Wiko View」を踏襲しており、OSはAndroid 7.1”Nougat”を搭載しています。CPUにはエントリー向けのQualcomm Snapdragon 430を採用しており、普段使いには十分な性能を確保しています。

ただしg08のベースになっている「Wiko View Prime」がグローバルモデルとしてはViewシリーズ最上位モデルに位置していることもあり、RAMが3GBから4GBに、ストレージ容量が32GBから64GBに強化されているのはうれしいアップグレードです。

g08 ディスプレイ
最近のトレンドになりつつある縦横比18:9のワイドディスプレイを搭載しており、Android 7.0以降で正式に搭載されたマルチウィンドウを有効的に活用できるほか、ゲームや動画などのコンテンツも大画面で楽しむことができるようになっています。

またカメラの仕様も強化されており、Viewが「イン16MP、アウト13MP」という仕様だったのに対し、g08では「イン20 + 8MPデュアルレンズ、アウト16MP」に変更されています。近年スマートフォンのデュアルレンズカメラ搭載が一般的になりつつあり、アウトカメラがデュアルレンズ搭載というのは珍しくありませんが、g08はインカメラにデュアルレンズを採用した珍しい仕様になっています。

超広角レンズを採用していることもあり、多人数と撮影する「グループセルフィー」も簡単に撮影することができます。またViewにも搭載されていたセルフィー撮影用のフラッシュライトも搭載されています。アウトカメラもF値2.0、画素数16MPと十分なスペックとなっており、2万円台クラスのスマートフォンであることを考えるとカメラ面ではかなり力を入れていることがわかります。

通信面ではドコモの主要バンドのほかauの通信バンドもサポートしており、DSDSやVoLTEにもしっかり対応します。さらに本端末はmicroSDカードスロットとSIMカードスロットが別になっているため、SIMカードを2枚刺した状態でもmicoSDカードによるストレージ拡張を行うことができる仕様となっています。

スポンサーリンク

2.デザイン

g08 カラーリング
デザイン面では先に販売されているWiko Viewを踏襲したものとなっており、ハイエンドスマートフォンでも採用されているほぼ全面液晶のディスプレイが目を引く前面デザインと、上質感のあるメタルデザインを採用した背面で高級感のあるものです。カラーリングは「チェリー・レッド」「ディープ・グリーン」「ブラック」「ゴールド」の4色が用意されます。

また、もちろん背面ロゴはWiko社のものからg08のものに変更されています。

3.価格など

g08はNTTレゾナントのオンラインストア「gooSimseller」にて販売中で、販売価格はSIMカードなしの端末単体価格が税別33,800円。「OCN モバイル ONE」のSIMカードとのセット価格が税別25,800円です。さらに「OCN モバイル ONE」音声通話SIM契約が必須となりますが、「らくらくセット」で3月26日までに申し込むとなんと税別6,800円という超低価格で購入することが可能になっています。

ただし「らくらくセット」で申し込んだ場合「OCN モバイル ONE」の音声SIMの契約が必須になるだけでなく、6か月以内に解約の場合、違約金が発生する点に注意が必要ですが、MVNO契約を検討している方にとってはg08が超低価格で購入できるチャンスになるのでこれを逃す手はないでしょう。

また税別25,800円で販売されているSIMカードセットの場合も「OCN モバイル ONE」のSIMカードが付属していますが、こちらで購入した場合は特に回線契約する必要はないので、端末単体で購入するよりお得です。すでに販売されているWiko Viewも何回か店舗で実機を触っていますが、最近のトレンドを取り入れた大型ディスプレイを採用し、質感の高い筐体と十分軽快に動く端末性能も相まって非常に魅力的な端末に仕上がっていました。本製品もその魅力を継承しつつさらにカメラやRAM、内蔵ストレージの仕様が強化されたモデルになっています。

4.関連リンク(goo)

g08 製品紹介

gooのスマホ g08 (SIMカードなし単体購入)

gooのスマホ g08(OCN モバイル ONE SIMカードセット 契約任意)

らくらくセット(OCN モバイル ONE 音声SIMとのセット購入 契約必須)

スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    縛りなし販売の値段が高いなぁと思う
    もちろん中華スマホと捉えた場合ですけどね。
    gooスマホは結構やらかしてる感もあって手放しでオススメ出来るとは言い切れないなぁ

    スナドラも含めポイントは抑えてていいけど、縛りなし価格を考えたらnova lite2を勧めるなぁ

    • wintab より:

      mさん、こんにちは、コメントありがとうございます。MVNOといいますか、大手3キャリア以外の通信会社でもこの手の売り方増えてきましたね。こちらのほうが一般的に買いやすいと思いますが。個人的には通信料金と端末の分割払い分が不明瞭になりがちなので、あまり好きな売り方ではありません。ただ端末価格って馬鹿になりませんもんね…。

  2. 匿名 より:

    フランスのwiko、とは書かないほうが良いですね。
    すでに中国傘下で、フランスのイメージだけ利用しているのが実態ですよ。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。その手の話はやめておきましょう。以前荒れたことがあるので。会社の国籍は親会社の所在地なのか、当該会社の所在地なのか、という点でも異論があるでしょう。Wikoの本社がマルセイユにあり、フランス企業だと言っているのに、ウインタブがいや中国だ、なんて書けませんよ?