MicrosoftがWindows 10 Mobileのサポート終了をアナウンス - AndroidやiOSデバイスへの移行を推奨(かのあゆ)

Windows 10 Mobileのサポート終了について
こんにちは、かのあゆです。MicrosoftのモバイルOSである「Windows 10 Mobile」に関して、開発の終了と2019年12月10日をもってすべてのサポートが終了されることがアナウンスされていましたが、サポート終了後にどうなるのか、ということが改めてMicrosoftからアナウンスされました。Microsoftではサポート終了までにAndroid、あるいはiOS端末への移行を強く推奨しています。

スポンサーリンク

1.2019年12月10日までサポートされるのは「Fall Creators Update」が適用できる端末

Microsoftの公式FAQ
すでにベータテストプログラムである「Windows Insider」のWindows 10 Mobile向け最新ビルドの配信も終了し、セキュリティパッチのみが提供されているWindows 10 Mobileですが、最終機能アップデートである「Fall Creators Update」が適用できる端末に関しては2019年12月10 日まではWindows Updateにてセキュリティアップデートが提供されます。

この完全サポート終了日時は個人向け、および企業向け(Windows 10 Mobile Enterprise)ともに共通となっており、企業向けのWindows 10 Mobile Enterpriseに関しても有償でのパッチ提供・サポート提供などは行われず、2019年12月10日をもってサポート終了となる点に注意が必要です。

また、日本国内で販売されている一部の端末に関しては最終バージョンのFall Creators Updateまでアップデートできない端末も存在しますが、一つ前のバージョンである「Creators Update」に関してはFall Creators Updateよりも早い2019年6月11日にはアップデートの提供が終了します。

また、これ以前にリリースされた「Anniversary Update」以前のバージョンに関してはすでにサポートが完全に終了しています。

2.サポート終了後も使用はできるが…

使用はできるが、実用は厳しくなるかもしれない
2019年12月10日のサポート終了以降も端末自体が利用できなくなるわけではなく、使おうと思えばそのまま使用を継続することもできます。

特にWindows 10 Mobileの場合、iOSと同じく基本的にアプリのインストールがWindows Store経由に限定されるため、デスクトップ版のWindows 10やAndroid環境よりもセキュリティ的には強いのですが、サポート終了後に見つかったWindows 10 Mobile OSの脆弱性やバグに関しては修正されることがないことを頭に入れておく必要があります。

スポンサーリンク

サポート終了後も端末修復ツールである「Windows Device Recovery Tools」によるデバイスの復元やサポート終了までにリリースされてきたセキュリティアップデートの提供は引き続き行われますが、端末のオンラインバックアップ機能に関してはサポート終了後3か月後に完全終了することがアナウンスされています。

Windows Storeに関してはサポート終了後も「機能する場合があります」というあいまいな表現となっていますが、これも過去のWindows Phoneで提供されていた「Windows Marketplace For Mobile」やWindows Phone 8.1以前のストアの例を踏まえると、デスクトップ向けWindows 10の更新に合わせ、いずれWindows 10 Mobileのサポートを終了する可能性がありそうです。

仮にWindows Storeでのアプリのダウンロードが継続されたとしても、Microsoftのサポート終了に合わせWindows 10 Mobileのサポートを終了するアプリも増えてくるでしょうから、やはりサポート終了後以降「スマートフォン」として活用するのは厳しい状況になっていくのではないでしょうか。

なお現時点では「Twitter」や「Spotify」などのアプリに関してはWindows 10 Mobile向けのサポートを継続しています。

3.今後はAndroidやiOSデバイスへの移行を推奨

Microsoftは今後Windows 10 Mobileのセキュリティアップテートや各種サポートが終了することに伴い、サポートページにて「サポートされているAndroidまたはiOSデバイスへの移行をお勧めします。」としています。

現在では「Microsoft Office Mobile」や「Microsoft Edge」「OneDrive」「Outlook Mobile」などのMicrosoft公式アプリがAndroid、iOSデバイス向けにリリースされており、デスクトップ版Windows 10自体もWindows 10 Mobileの開発終了以降他社プラットフォームとの連携を強化しているため、例えばWindows 10を搭載したPCで行っていた作業の続きをAndroid端末やiOSデバイスで続けるといったことも可能になっています。

ただ企業でWindows 10 Mobile専用アプリを利用していたようなケースの場合、他社プラットフォームへの移行にいろいろと手間がかかるかもしれません。

4.まとめ

Microsoft最後のフラッグシップモデルLumia 950
もう間もなく終わりの日が来るのはすでに分かっていたとはいえ、Microsoftの公式サイトで改めてサポート終了をアナウンスされるといろいろとこみあげてくるものがあります。

Windows 10 Mobileの場合、デスクトップ版Windows 10と比較するとセキュリティ面では安全性が高いため、セキュリティアップデートの提供終了後も何とか端末の寿命までは利用できるかなとは思っていたのですが、個人的には端末のバックアップ機能の提供終了はかなり厳しい、というのが正直な感想です。

Windows StoreもいずれWindows 10 Mobileのサポートを打ち切りにするでしょうし、そうなるとアプリのインストールすらできずスマートフォンとしての常用は厳しくなるでしょう。

かのあゆがモバイル端末にはまったきっかけがMicrosoftのモバイルOSであったため、現時点では後継プロジェクトもなく長い歴史に幕を下ろそうとしている現状に悲しみを覚えています。

5.関連リンク

Windows 10 Mobile のサポート終了: よくあるご質問 : Microsoft

スポンサーリンク

 スポンサーリンク

コメント

  1. takamizu より:

    WindowsMobileのOSと時と同じ状況になりましたね・・・。私は、T-01A機種変更でandroidOSに行ってしまってWindows 10 Mobileを購入するタイミングを逃してしまいましたが、やはりそうなってしまいましたか・・・。残念です。3台キャリアで扱ってくれたら・・・。と思いました。

    • かのあゆ より:

      一応ソフトバンクから503LVは出ましたが、あれも売ってるのか売ってないのか微妙な扱いだったので…
      auがかつてはIS12Tで頑張ってたのもあったのでキャリア展開も期待はしてたんですけどね…
      非常に残念です…

  2. 匿名 より:

    Windows 10 Mobile端末は死んだのではない
    Windows 10 ARMをブートしてニヤニヤに路線変更したに違いない(白目

    • かのあゆ より:

      ちょっといろいろアレな話ではあるので細かくは控えますが、Lumia 950/950XLに関してはぶーとろーだーがはずせるようになってることもあってかつてのHTC HD2よろしくGeekには愛される端末たちになるかもしれませんね。
      そういう方面ではかのあゆもかなり期待してますです。

  3. メイン端末2年くらいwindows10mobileでやってきたけど流石に買い換えか…

  4. あるえふ より:

    この程度で終わらせるなら8.1で終わっておいて欲しかったなぁ。
    ARM版Windowsが噂から製品化に変わった辺りからこうなるんだろうなとは思ってたけど、Windows Phone は7の発表以来その設計思想に惚れ込んでたんだけど・・・。

    次はARM版が「通話も可能なモバイル用Windows」になるのかどうか、というところだろうか。

    • かのあゆ より:

      10Mも魅力的だったんですけどね…
      ただ一時期Elite x3向けに流出したビルドは何だったのかとか、結局実装予定だったContinuum For Mobileのマルチウィンドウサポートとか放置したまま終わっちゃったのは残念ですね…
      WoAはまだ出始めたばかりですがやろうと思えばスマホサイズでフルWindows!なんて端末もできるはずなので、スマホ向けUI整理して再チャレンジしてほしいところですけど、今のMSの方針考えると多分どうかなぁなんて思ってますです…