Teclast M40SE - Antutuスコア18万点、購入しやすい価格の割に性能高めの10.1インチAndroidタブレット

Teclast M40SE
中国メーカーのTeclastが10.1インチのAndroidタブレット「M40SE」を発売しました。この製品は昨年発売され、日本でも人気となった「Teclast M40」の下位モデルと言えるスペックになっていて、その分価格も低くなっています。

スポンサーリンク

1.スペック

  Teclast M40
OS Android 10
SoC UNISOC T610
RAM 4GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ 10.1インチIPS(1,920 × 1,200)
LTEバンド B1/2/3/5/7/8/17/20
SIM nano-SIM ×2(SIM2はmicroSDと排他)
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac(推定)、Bluetooth 5.0
入出力 USB Type-C、SIMカードリーダー
カメラ イン2MP/アウト5MP
バッテリー 6,000mAh
サイズ 241 × 159 × 9.2 mm
重量 520 g

ポイント

●CPUのUNISOC T610はAntutuスコア18万点(メーカー公称)
●ストレージは128GBと、タブレット製品としては大容量
●M40よりも抑えたスペック、抑えた価格

コメント

CPUにAntutuスコア20万点オーバーのUNISOC T618を搭載し、人気となったTeclast M40の「スペックと価格を抑えた下位モデル」がM40SEです。搭載CPUのUNISOC T610はT618よりも性能が低くなりますが、Teclastによれば「Antutu18万点」ということなので、スマホ用だとSnapdragon 662とかHelio P70と同じくらいの性能と思われます。「ウマ娘」が快適にプレイできるかギリギリくらいですかね。ゲーム用途以外なら十分サクサク動作すると思います。

RAMはM40の6GBに対し4GBと減らされています。これもまあ、もっぱらゲーム用ということでなければ大丈夫でしょう。CPU性能が結構高いので、できれば6GBにしておいてもらいたかったですけど。ストレージは128GBと、こちらはM40と変わりません。また、ディスプレイの仕様もM40と同じです。

CPUとRAM以外でスペックが落とされているのはカメラ(イン側8MPから2MPに)、そしてイヤホンジャックの廃止くらいでしょうか。それと、サイズも異なっているようです。

M40SE:241 × 159 × 9.2 mm / 520 g
M40:243 × 162 × 9 mm / 548 g
※M40SEの数値はBanggood製品ページより引用
※M40の数値はライター実測値

スポンサーリンク

異なっている「ようです」と書いたのは、M40SEの数値がメーカー公称値ではなく、Banggoodにあったもの(しばしば間違えてるんですよね、Banggood)であるというのと、M40はライターの実測値であって、こちらも公称値ではない(特に重量は多少個体差が出てしまうと思います)というのが理由です。ただ、この数値を見る限り、「大差ない」と片付けてしまってもいいでしょう。

2.筐体

Teclast M40SE
前面です。ウインタブ愛読者なら「はいはい、わかりましたわかりました」と言うであろう、Teclastらしい画像ですね。

M40ディスプレイ

参考:Teclast M40

こちらはM40の実機レビューでライターが撮影したものです。M40SEの製品画像と全く違いますが、言うまでもなくM40SEの本来の前面はこちらの画像に近いと思われます。

Teclast M40SE
背面です。

M40背面

参考:Teclast M40

参考までにM40の実機画像です。M40とM40SEはよく似たデザインですが、上部の継ぎ目のところやカメラのデザイン、そして電源ボタンの位置が違っていますので、別筐体であることがわかります。

画像を盛る(美しく見えるように画像加工する)Teclastですが、実機の筐体品質は悪くありません、というか「いい」です。M40SEも筐体は金属製で質感についても心配いらないだろうと思います。

Teclast M40SE
画像上から右側面、左側面、上側面、下側面です。M40に装備されていたイヤホンジャックは廃止されています。また、下側面にあるスピーカーは見た目がステレオ、メーカー公称もステレオ、とのことですが、モノラルだと思っておいてください。中華では「見た目ステレオ、実はモノラル」という例が珍しくありませんので、「ステレオだったらラッキー」と考えておくのが安全です。

3.価格など

Teclast M40SEは中国の通販サイト「Banggood」で販売中で、3月18日現在の価格は149.99ドル(16,654円)です。同日のTeclast M40の価格が164.99ドル(18,320円)なので、M40SEのほうが15ドルほど安い、ということになります。この価格差をどう見るかは人それぞれですが、まだ発売直後ということもありますので、この後のクーポン割引等に期待したいところですね。

4.関連リンク

Teclast M40SE:Banggood

スポンサーリンク