ASUS ROG Chakram - ジョイスティックがついたゲーミングマウス、ガジェット好きにはたまらないギミック満載です!

ASUS ROG Chakram
ASUSがゲーミングマウス「ROG Chakram」を発売します。と書くと「オレはゲーマーじゃないから関係ないわ」って思う人もいると思いますが、ちょっと待って下さい。このマウスはガジェット好きの心を鷲掴みにするくらいの魅力があります。ガジェット好きだけど安いものしか買わない私だって心が激しく揺れていますから…。

スポンサーリンク

ASUS ROG Chakram
今回はこの画像から。なんか異様に同梱物が多いと思いませんか?携帯用のポーチがついてるし、何やらピンセットとか細かい部品がたくさんあります。…なので、これからご説明していきます。

ASUS ROG Chakram
まず、この製品は接続方法が3種類あります。ゲームするなら必須と言える有線USBと、無線USB(PC本体にUSBレシーバーを接続して使う無線接続)、そしてBluetoothです。複数の接続方式を選べるマウスというのは他にもありますが、3種類から選べるというのは珍しいんじゃないでしょうか(私が知らないだけかな?)。同梱物にUSBレシーバーとケーブルが写っていますよね。

ASUS ROG Chakram

クリックで拡大します

そして、おそらくこれが「ハイライト」だと思いますが、この製品は「バラすのが前提」ですw 工具なし(スクリューレス)でカバーなんかを取り外しできるというのはわかります、というか別に珍しくもありませんが、左右クリックボタンのスイッチを工具なしで(正確には付属のピンセットを使って)交換できます。同梱物に交換用のスイッチが含まれ、メーカー特設ページの動画を確認すると、どうやら標準のものと交換用のものでは使用感(クリック感やストロークの深さなど)が異なるようです。また、スイッチだけを指しての表現ではないと思いますが、メーカーによると「ピボットボタンメカニズム」が採用され、より短いストロークで動作し、結果的に応答速度が極めて高速であるとの説明がありました。

ASUS ROG Chakram
また、この製品の「ハイライトその2」が「ジョイスティックつき」という点です。アナログモードとデジタルモードが選べ、アナログモードにすると「実際のアナログスティックやジョイパッドの親指スティックをシミュレートする」ため、使いやすいかどうかは別として「ゲームパッド不要」でプレイができます。

スポンサーリンク

一方デジタルモードでは「プログラム可能な4方向を提供」つまり、ジョイスティックを上下左右に傾けること操作にそれぞれ動作を割り当てることができます。操作割り当て可能なボタンが4つあるイメージですね。

そして、このジョイスティックにも交換用の部品が付属し「長いジョイスティック」「短いジョイスティック」そして「ソケットカバー(スティックを使用しない場合に使うカバー)」を選ぶことができます。

ASUS ROG Chakram

ASUS ROG Chakram
外観はゲーミングマウスらしく、随所にLEDが配され、結構派手な印象です。それで、上の画像にROGのロゴがありますよね?実はこのロゴ、なくすこともできますし、自分のオリジナルデザインに変更することもできます(上の分解画像に説明があります)。

ASUS ROG Chakram
ボタンの機能割当やLEDライティングのコントロールはアプリ「Armory II」から可能です。ボタンのマッピングやキャリブレーション、ジョイスティックの操作設定、そしてDPI(マウスカーソルの敏感さ)も100dpiから16,000dpiまで調整できます。

ASUS ROG Chakram
さらに、このマウスは充電式で、Qi規格のワイヤレス充電ができます。ASUSからはQi充電ができるマウスパッドも販売されますし、手持ちのQi充電パッドも使えます。また、有線充電の場合は「15分の充電で最大12時間のゲームプレイ」が可能とのこと。

ASUS ROG Chakram
最後になりますがスペック表です。一般的なマウスよりも少し大型ですね。

ASUS ROG Chakramは4月3日の発売予定で、ASUS Storeでは予約販売がスタートしています。3月28日現在のASUS Storeでの価格は15,436円(税込み16,979円)で、Amazonでも同価格(税込み16,980円)で予約ができます。マウスとしてはかなり高価ですが、「それも理解できる」くらいの高性能・多機能な製品だと思いますし、なにより「めっちゃ面白そう」ですよね!これは私も買っちゃうかも。

関連リンク

ROG Chakram 特設ページ:ASUS
ROG CHAKRAM(P704)icon:ASUS Store
ROG CHAKRAM:Amazon

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    これの情報が出た時に「おおっ!」と思ったものですが、本記事や特設ページに書かれていない「注:ジョイスティック機能は、2.4GHzモードと有線モードでのみ使用できます。」という情報は購入検討する上で重要ではないかと思いました。
    まあ、USBポートを圧迫しないBluetooth接続でジョイスティックをOfficeやVSCodeのマクロ用途として使いたいという私の考え方自体に対してNot For Meということだと思いますが(ゲーミング用途なら確かに有線や2.4GHzが主流でしょうし)。