acer Swift 5(SF514-52T-A58U/BNF)- 14インチで1 kgを切るモバイルノートに装備簡略化のニューモデル登場!

公開日: : acer , ,

acer Swift 5(SF514-52T-A58U/BNF)
acerは重量970 gと超軽量のモバイルノート「Swift 5」にバリエーションモデル「SF514-52T-A58U/BNF」を追加します。acerの製品はいまひとつ日本でヒットしていないような気がするのですが、世界的な大手メーカーだけあって、とても魅力的なPCがそろっています。今回紹介する「SF514-52T-A58U/BNF」は既存モデルと比較して一部の装備が簡略化されていて、そのかわりに製品版のOfficeを搭載しています。なお、既存モデルについては2月に紹介記事を掲載していますので、こちらもあわせてご覧ください。
acer Swift 5(2018)ー 14インチで重量970g!第8世代Core i5を搭載する高性能モバイルノート

スポンサーリンク

1.スペック

acer Swift 5(SF514-52T-A58U/BNF)
CPU、RAM、ストレージなどの構成は典型的な、というかボリュームゾーンの上級モバイルノートと言えます。「Core i5-8250U/RAM8GB/256GB SSD」というスペックであればビジネスモバイルノートとしてほとんどの利用シーンで不満を感じることはないでしょう。実際このスペックのモバイルノートは各社からリリースされています。

また、ディスプレイは日本で最も人気があると思われる13.3インチよりは若干大きく14インチで、IPS液晶、FHD解像度です。

ここで既存モデルとの相違点を見ていきましょう。まず、ストレージ容量が既存モデルでは512GBのところ、256GBに半減しています。次にディスプレイがタッチパネルではなくなりました。一方で、既存モデルはOffice Home & Business 2016搭載モデル・非搭載モデルが存在する(ただし、Office搭載モデルは10月2日現在販売店が見つかりません)のに対し、このニューモデルはOffice搭載モデルしかありません。しかし、このタイミングで「Office 2016」というのはちょっと微妙ですね。まだ日本でOffice 2019がリリースされていないので仕方ないですけど。

価格については後述しますが、「タッチ非対応・ストレージ半減」ということで、本来であれば実売価格がかなり下がるのでは?という期待が持てますよね?しかし、現状Office搭載モデルしかないので、実売価格は特に下がらないようです。価格も含め、いろいろな意味でこの先Office非搭載モデルが追加されることに期待したいですね。

入出力ポートは既存モデルと同じです。ポートの数と種類はモバイルノートとして悪くありませんが、注意したいのはSD(microSDも含む)スロットが装備されないことです。

サイズと重量は既存モデルと同じです。特に「重量 970 g」というのが燦然と輝きますね!タテ・ヨコサイズは14インチディスプレイを搭載していることもあり、あまりコンパクトとは言えませんが、なにしろこの重量であればモバイル利用にはとても便利だと思います。私のメインPCであるThinkPad 13は重量約1.5 kgなので、1 kg切りなんてうらやましいです…。

スポンサーリンク

2.筐体

acer Swift 5(SF514-52T-A58U/BNF)
筐体は既存モデルと同じです。この画像はベゼル幅が「わずか9.2 mm」ということをアピールしていますが、ご存知の通り、最新のモバイルノートだと「ベゼル幅4 mm台」というのが増えていますので、特に狭ベゼルということでもないです。しかし、上に書いたとおり重量が1 kgを切っているということのほうがモバイル利用にはずっとインパクトがあると思います。

acer Swift 5(SF514-52T-A58U/BNF)
「チャコールブルー」にゴールドのアクセント、というのは既存モデルから変更ありません。また、筐体素材はマグネシウム合金(天板とボトム)が使われています。

acer Swift 5(SF514-52T-A58U/BNF)
キーボードです。この画像は英語配列になっていますが、日本向けには「87キー、日本語配列」のものが装備されます。バックライトもついています。

acer Swift 5(SF514-52T-A58U/BNF)
入出力ポートです。ポートの種類と数はいいとして、主要なポートが右側面に集中してしまっているので、当初は少し使いにくく感じるかも知れないですね。また、繰り返しになりますがSDスロットはありません。

3.価格など

acer Swift 5(SF514-52T-A58U/BNF)は10月11日に発売される予定で、価格はオープン、予想される市場価格は14万円程度とのことです。ちなみに既存モデル「ストレージ512GB、タッチ液晶、Officeなし」の実勢価格は13万円強(10月2日現在、Amazonで135,251円)です。また、上に書いたとおり、既存モデルでOfficeを搭載するモデルというのはメーカーサイトに製品ページがあるものの、販売店が見つかりません。

現時点でOffice搭載モデルしか発表されていませんので、14万円程度という実売価格で推移するのなら、ほぼ同一の価格帯で「既存モデルのOfficeなし、かつストレージとディスプレイが豪華」なほうを選ぶのか、それとも「ニューモデルのOfficeあり、ストレージ半減、ディスプレイ非タッチ」を選ぶのか、という選択になります。筐体は同じです。実現するかどうかはわかりませんが、もしOfficeなしのモデルが追加されたら、実売価格にはかなり期待できそうですよね!

4.関連リンク

SF514-52T-A58U/BNF (Swift 5):acer公式サイト 製品紹介

Comment

  1. 匿名 より:

    先代Swift5所有してますが、それよりスペック同等クラスで500g近く軽くなってるのは魅力的ですね。
    ただ電源がType-C端子でなく、細くどこか心もとないDCジャックのままなのが個人的に残念ポイントです。

    • wintab より:

      こんにちは。先代との比較で500 g軽いというと、思わず買い替えたくなってしまうのでは?私も1 kgを切る重量のモバイルノートを試用したことがありますが、異次元ですよね。ここまで軽いとそれを理由に欲しくなります。

  2. 匿名 より:

    いまひとつ日本でヒットしていないような > acer のHP見てきたけど、アレじゃ誰も買わないよ・・・

    やたらイメージ写真ばっかりで価格もスペックも解らないし、搭載されているメモリ容量調べるだけで一苦労だったよ。Lenovo / DELL / HP と見比べたけど、スペック一覧がなかなか出ないから「比較する」スタートラインから出遅れてる。

    • wintab より:

      こんにちは。手厳しいご意見ですが、私もそう思います。その点Lenovo、HP、DELLは最低限スペックとか必要な情報はすぐに確認できますもんね。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑