acer Swift 5(2018)ー 14インチで重量970g!第8世代Core i5を搭載する高性能モバイルノート

公開日: : acer , ,

acer Swift 5(2018)
acerがモバイルノートの製品ブランド「Swift」シリーズから「Swift 5」の2018年モデルを発表しました。Swiftシリーズには他に「Swift 1」「Swift 7」がありますが、「5より7のほうが上位」というわけではなく、製品特性が異なります。Swift 7が厚さ1センチを切る驚異的な薄型筐体であるのに対し、新しいSwift 5は第8世代のCore i5を搭載しながら重量1 kgを切る超軽量な製品となっています。

スポンサーリンク

1.スペック

acer Swift 5(2018)スペック表
個人的にはこの製品のスペックは非常に魅力的に感じられます。CPUは第8世代のCore i5、RAMは8GB、ストレージは512GB SSDと、最新の上級モバイルノートにふさわしい、高いスペックとなっています。また、ディスプレイは日本で人気のある13.3インチよりも若干大きめな14インチで、IPS液晶のFHD解像度です。そして、注目したいのが「標準でタッチ対応する」という点です。ノートPCにタッチ液晶って、以前はそのメリットがよく理解できませんでしたが、現在は実機レビューなどを通じ、「ついてたほうが絶対に便利」だと思ってます。特に「スマホ世代(電子機器の入り口がスマホという人たち。タッチパネルで当然という世代ですね)」にとってはパソコン利用のハードルを下げる効果もあると思います。

入出力ポートに関してはUSBポートの数とHDMIポートは「普通」だと思います。でも、有線LANとかD-subがないのは仕方ないとして、SDカードスロットがありません。まあ、そんなに使用頻度は高くないでしょうし、ストレージも標準で512GBありますので、なくても大丈夫なのかもしれませんが、困る人もいるんじゃないかなあ…。

そしてサイズです。この製品、決して大きいとは思いませんが、びっくりするようなコンパクトサイズでもありません。でも重量はびっくりですね。14インチにして1キロを切ります。超軽量なノートパソコンといえば真っ先に「LG gram」シリーズが思い浮かびますが、gramの14インチは995 gなんで、それよりも軽いです。あと、13.3インチだと富士通とNECが世界最軽量争いをしてまして、そちらは13.3インチで700グラム台です。ただ、私達ユーザーにしてみれば「あっちより何グラム軽い」とかはどうでもいい話で、「14インチで1キロ未満」ということだけで十分高く評価できますよね。

2.筐体

acer Swift 5(2018)正面
正面から見たところです。十分にスリムに見えますが、デザイン的には特に攻めてる、という感じでもなく、常識的な印象があります。筐体素材(カバー素材)はマグネシウム合金とのことで、ここまで軽量にするにはプラスティック素材だと無理なのかもしれないですね。

スポンサーリンク

acer Swift 5(2018)天板
筐体色は「チャコールブルー」というそうです。初めて聞く色名ですが「少しくすんだブルー」あるいは「少しグレーがかったブルー」って意味なんでしょうか。アクセントカラーにゴールドが使われていて、ちょっと豪華な感じがします。なお、従来モデルのSwift 5は「オブシディアンブラック」です。従来モデルもまだ公式サイトに情報が残っていますので、間違えないように注意しないと…。

acer Swift 5(2018)キーボード
キーボードです。外資メーカーの場合、製品画像に英語配列のキーボードが掲載されていることが多く、この画像も英語配列ですが、実際の日本向けモデルは日本語配列87キーとなります。キーボードにはバックライトが装備され、指紋センサーもあります。

acer Swift 5(2018)ポート類
側面とポートの配置です。USBポートとHDMIが全て右側面に配置されているというのが特徴的です。基本この配置でも使いにくいとは思いませんが、3つのUSBポートにすべて周辺機器を接続する場合、端子カバー部分のサイズが大きい場合、干渉するケースがないか、ちょっと心配です。

また、上に書いたように、SDスロットはありませんね。

3.価格など

acer Swift 5(2018)は2月22日の発売予定で、ビックカメラではすでに予約販売を受け付けていました。2月21日現在のビックカメラでの価格は149,800円(税込み161,784円、ポイント10%つき)です。

デザインとしてはオーソドックス(悪い意味ではありません、高級機にふさわしいという意味もあります)な方だと思いますが、やはり14インチで1キロを切る重量というのは魅力的ですし、ただ軽いだけではなく、高いスペックにタッチディスプレイも装備していますので、PC初心者でも上級者でも快適に使える製品なのではないか、と思います。価格についてもポイントを考慮すれば実質15万円を切ることになるので、性能面や筐体品質面で十分な価格競争力がある、と言っていいでしょう。

4.関連リンク

Swift: acer 公式サイト
Swift 5 14.0型タッチ対応ノートPC:ビックカメラ
icon

スポンサーリンク

Comment

  1. big cock より:

    SDカードスロットがありません
    >http://www.trustedreviews.com/reviews/acer-swift-5-2018
    を見ると、SDカードリーダーは向かって右側に存在しているが。chi

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
geekbuying セール
  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑