Uwant 布団クリーナー M100 - 強力な「掃除」機能にUV除菌、さらに温風乾燥機能もついた布団クリーナー、これは試してみたい!

Uwant 布団クリーナー M100
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。唐突ですが、Uwantの布団クリーナー M100をご紹介します。日頃あまり取り上げていない製品ジャンルなのですが、実はUwantの製品は過去にウインタブで「Uwant スマートリンサークリーナー B100」の実機レビューを、また「Uwant X100 スティッククリーナー」の紹介記事を掲載しておりまして、個人的には割と関心を持ってはいます。

スポンサーリンク

「お掃除系」でレビューや製品紹介が難しいのは「ロボット掃除機」で、ウインタブでも何度かレビューしたことはあるのですが、どうしても「ロボット掃除機に適した室内環境」が必要なため、レビュー環境を整えるのが難しく、したがってうまく製品の評価もできないんですよね…。しかし、今回ご紹介する「布団クリーナー」は近年人気のある「お掃除家電」のジャンルで、個人的にもぜひ使ってみたいと思っています。

Uwant 布団クリーナー M100
Uwant M100の外観はこんな感じです。目を引くのは「ツインカップ」つまりダストカップが2つある、という点です。ダストカップが2つあると吸引したゴミ・ホコリをたくさん溜め込めるだけでなく、フィルターの目詰まり防止、バッテリー駆動時間の長期化、吸引力の劣化防止に役立つとのこと。

Uwant 布団クリーナー M100
布団クリーナーというのは「布団を叩いてゴミ・ホコリ(あるいはダニ)を浮かせ、それを吸引する」という仕組みになっています。そのため「しっかり叩く」のが重要になりますが、Uwant M100は「毎分12,000回」叩けます。競合しそうな他社製品の製品ページを確認してみましたが、12,000回というのは「最強」とはいえないものの、まずまずの数値でした。

スポンサーリンク

Uwant 布団クリーナー M100
UV殺菌機能もあります。ブラシ面にブルーに光るライトがあり、それで殺菌する仕組みですね。UV殺菌機能については国内メーカー製品だと搭載例をあまり見かけず、Amazonなどで販売されている中国製品ではよくある機能のようです。

Uwant 布団クリーナー M100
あと、ちょっと珍しいのが「温風乾燥機能」です。これから少しずつ寒くなってきますが、掃除しながら布団を暖めることができそうなので、個人的には最も興味のある機能ですね。ちなみに本来の用途は「乾燥させることによってダニの繁殖を抑える」というものです…。

Uwant 布団クリーナー M100
フィルターやダストカップは水洗いができますので、お手入れは比較的簡単で衛生的でもあります。

Uwant 布団クリーナー M100
これがスペック表です。この表に記載はありませんが、重量は2キロです。思ったよりも少々ずっしり来るサイズ感かな、と思います。

Uwant 布団クリーナー M100は日本のAmazonで販売中で、8月29日現在の価格は税込み13,599円です。なお、この価格は「特選タイムセール価格」で8月29日23:59に終了してしまいます。

布団のお手入れ、読者のみなさんも定期的に天日干しをしたり(ベッドのマットレスは難しいか…)、布団乾燥機を使うなどしてお手入れをされていることと思います。布団が湿っている、というのは考えたくもないですからね。ただ、それでも「布団に入るとかゆみを感じる」とかのご経験はありませんか?私はあります。これ、おそらくダニやハウスダストの影響によるものだと思います(すみません、私あまり詳しくありません…)が、そうなるともう、なかなか眠れなくなってしまい、余計なストレスを感じてしまいます。

冒頭に書いた通り、ハンディな布団クリーナーは最近人気のようです。今ならAmazonで安く買えますので、この機会にご検討してみては?

関連リンク

Uwant 布団クリーナー M100:Amazon

スポンサーリンク