ASUS Zenbook 14 OLED UX3402ZA - スタイリッシュなデザインの高性能モバイルノート、ディスプレイはもちろん高精細な有機ELです

ASUS Zenbook 14 OLED UX3402ZA
ASUSが14インチノート「Zenbook 14 OLED UX3402ZA」を発売しました。ウインタブでは先日「Zenbook 14X OLED Space Edition」という、よく似た型番の製品を実機レビューしていますが、今回ご紹介するZenbook 14 OLED UX3402ZAは「Space Editionとは全く別」なものとして考えるほうがいいですね。CPUにCore i9を搭載し、特徴的な外観を持つSpace Editionとは異なり、Zenbook 14 OLED UX3402ZAはビジネスノートとして十分な性能と、落ち着いたデザインが魅力の製品です。また、価格もかなり低めと感じられ、個人的には「これはいい!」と思いました。

スポンサーリンク

1.Zenbook 14 OLED UX3402ZA スペック

スペック表

  Zenbook 14 OLED UX3402ZA
OS Windows 11 Home
CPU Intel Core i5-1240P/Core i7-1260P
外部GPU なし
RAM 16GB(LPDDR5-4800)
ストレージ 512GB SSD(PCIe 3.0 x4接続)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 14インチOLED(2,880 x 1,800) 90Hz, タッチ
ネットワーク 802.11a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.1
入出力 USB Type-C(Thunderbolt 4)× 2、USB3.2 Gen2、HDMI、microSDカードリーダー、オーディオジャック
カメラ Webカメラ(207万画素)
バッテリー 75Whr(約7.3-9.3時間)
サイズ 313.6 x 220.6 x 16.9~17.3 mm
重量 1.39 kg

バリエーションモデル

・UX3402ZA-KN381W:Core i5/WPS Office 2
・UX3402ZA-KN381WS:Core i5/Microsoft Office
・UX3402ZA-KN278W:Core i7/WPS Office 2
・UX3402ZA-KN278WS:Core i7/Microsoft Office
 ※左からCPU/Officeの種類
 ※Microsoft OfficeはOffice Home&Business 2021

コメント

上に書いた通り、Zenbook 14 OLED UX3402ZAには4つのバリエーションモデルがありますが、相違点はCPUの型番とOfficeソフトの種類のみです。CPUは第12世代(Alder Lake)のバランスタイプ、Core i5-1240P/Core i7-1260Pで、ビジネスノートとしての性格を持つZenBookシリーズには十分なパフォーマンスを見せてくれると思います。ウインタブの経験上(というか腕前)だとオンラインゲームも楽しめるくらいの性能ですね。ただし、もともとゲーミングPCという位置づけの製品ではないので、本格的なゲームプレイを、という場合にはおすすめできません。

RAMとSSDは全モデル16GB/512GBです。直近リリースされたASUSのIntel Core/AMD Ryzen搭載のPCは多くがRAM16GBという構成になっていて、この先数年愛用する上で「安心の容量」だと思います。

ディスプレイは14インチの有機EL、解像度は2,880 x 1,800(アスペクト比16:10)と高く、さらにリフレッシュレートは90Hzでタッチ対応もします。昨年から有機ELに力を入れているASUS、ディスプレイに関しては競合他社よりもワンランク以上も上の品質になったと思います。

サイズも14インチノートとしてはコンパクトです。ただし、重量1.39 kgというのはモバイルノートとしてそれほど軽いほうとは言えません。

スポンサーリンク

2.Zenbook 14 OLED UX3402ZA 筐体

ASUS Zenbook 14 OLED UX3402ZA
ASUSのノートPC、特にモバイルノートは上部と左右だけでなく、下部のベゼルも非常に細くなっています。このアングルから見た美しさはトップレベルなのではないでしょうか。

ASUS Zenbook 14 OLED UX3402ZA
トップ画像を再掲します。下部ベゼルが細いのは「エルゴリフトヒンジ構造」を採用しているためです。エルゴリフトヒンジ構造はヒンジ開口時に天板の後部が接地し、キーボード面に適度な角度がつく構造のことを言います。この結果、キーボードが使いやすくなるほか、下部ベゼル部分が沈み込むので、ひとつ上の画像のように下部ベゼルが非常に細く見えます。

ASUS Zenbook 14 OLED UX3402ZA
天板です。ここは「新しい」デザインですね。ASUSの「A」がかたどられた(と思います)模様が入っています。2022年モデルになって、ZenBookのトレードマークとも言えた「スピン加工(ロゴを中心に同心円状の模様が入るもの)」のない製品が増えました。筐体素材はアルミで、国内仕様は筐体色「ポンダーブルー」のみとなります。

ASUS Zenbook 14 OLED UX3402ZA
キーボードです。この画像では英語配列ですが、日本仕様は「84キー日本語キーボード (イルミネートキーボード)」と開示されています。また、キーピッチは19.05 mmと十分なサイズ感で、キーストロークは1.4 mm、さらにキートップに0.2 mmのくぼみが設けられ、指のかかりが良くなっています。

なお、国内仕様は「NumberPad(タッチパッド部分をテンキーとしても使えるASUSの独自機能)」は装備されません。

ASUS Zenbook 14 OLED UX3402ZA
側面と入出力ポートの配置です。USBポートは合計で3つと標準的ですが、2つのType-CポートはいずれもThunderbolt 4、Type-AポートもGen2規格と高速です。

3.Zenbook 14 OLED UX3402ZA 価格など

ASUS Zenbook 14 OLED UX3402ZAはASUS Storeで販売中で、8月29日現在の価格は下記のとおりです。

・UX3402ZA-KN381W:Core i5/WPS Office 2:129,800円
・UX3402ZA-KN381WS:Core i5/Microsoft Office:139,800円
・UX3402ZA-KN278W:Core i7/WPS Office 2:149,800円
・UX3402ZA-KN278WS:Core i7/Microsoft Office:159,800円
 ※税込み価格

なお、9月30日までの期間、ASUS Storeでこの製品を購入すると「30日間返品保証キャンペーン」が適用されますので、初期不良等ではなく、「なんとなく気に入らない」といった理由でも返品が可能になり、より安心して購入ができます。

個人的に「モバイルノートとして主に仕事用に使うのならCore i5-1240Pでも十分すぎるくらいに高性能」と思っています。また、ZenBookというのはASUSのモバイルノート、スタンダードノートとしては最上位に位置する製品ブランドなので、もともと市場で最安値を争うような芸風の製品ではありません。そう考えると、この製品の価格は「非常にお買い得」に感じられます。

4.関連リンク(ASUS Store)

UX3402ZA-KN381W:Core i5/WPS Office 2icon
UX3402ZA-KN381WS:Core i5/Microsoft Officeicon
UX3402ZA-KN278W:Core i7/WPS Office 2icon
UX3402ZA-KN278WS:Core i7/Microsoft Officeicon

スポンサーリンク