Uwant スマートリンサークリーナー B100の実機レビュー - 静音性に優れたカーペット等の布地用クリーナー。活躍の場は多そう!

uwant_B100_main
雨の季節がもう間もなく。ひつじです。季節柄大きいラグやカーテンは洗ってもなかなか乾かないし困ったものですよね。とはいえそろそろラグは片づけたいし、カーテンも本格活用前にちょっとキレイにしておきたいもの。とはいえクリーニングに出すくらいならいっそ買い替えた方がいい気もするし、カーテンなんかだと洗っている間のプライバシーがちょっと気がかりになったりしませんか?

スポンサーリンク

今回ご紹介する製品「Uwant スマートリンサークリーナー B100」はそういった方にとっては非常に魅力的に見えるんじゃないかなと思います。なお、製品はUwant社よりサンプル提供いただいております。ありがとうございます。

1.スペック

清水タンク容量:約1.8L
汚水タンク容量:約1.6L
対応可能な水温:60℃まで
使用可能な洗剤:アルカリイオン水・乳幼児用の除菌剤(金属などへの腐食性がないもの)
ホースの長さ:約1.6m
電源コードの長さ:約5m
定格電圧:AC100V
定格周波数:50/60Hz
定格消費電力:450W
騒音(dB値):65dB(弱モード)、75dB(強モード)
吸引:7800Pa(弱モード)、12000Pa(強モード)
本体寸法:約41.3×20.7×39cm
本体重量:約4.7kg

スペック表はAmazon記載のものがマニュアルより詳しいように思えたのでそちらを掲載しています。ちなみに「リンサークリーナー」って聞き馴染みがないかもしれませんが、俗に言う「カーペットクリーナー」のことを指す一般名詞ですね。布地を用いた家財道具の掃除に特化した機器、だと思っていただければいいんじゃないかなと思います。

ちなみに他社の代表的な製品に比べて対応可能な水温がやや高いようですね。また静音性にも優れているようです。集合住宅に住まわれている方なんかには良いかもしれません。

2.筐体

uwant_B100_temp

まずは添付品から。収納袋、カップ、ブラシヘッド、附属フレーム、ホースアセンプリ、説明書類が付属しています。

uwant_B100_temp2

ホースの差込口は本体側とブラシヘッド側それぞれ形状が微妙に違います。

uwant_B100_temp3

附属フレームは本体裏に取り付けてブラシヘッドを立てて保管するのに使用。

uwant_B100_front

本体正面から。三角形の形が面白いですね。なおこのように立った状態が通常の設置スタイルです。

uwant_B100_back

裏側はこのような感じ。電源ケーブルの巻取りボタンや通風孔、附属フレームの取り付け溝、電源ケーブルの収納口などがありますね。なお、両サイドの黒っぽい部材がタンクです。

uwant_B100_top

上部は持ち手があります。

uwant_B100_bottom

底面には吸気フィルターが。たまには掃除しましょう。なお、キャスターがついているので移動が楽ですね。

タンクは取り外した画像を後で紹介するので割愛します。デザイン上は比較的おしゃれ。普通のキャニスター型掃除機くらいの筐体サイズではありますが、部屋に置いていてもそこまで強い違和感はありません。

3.使用感

いくらスペックが良くても実際に汚れが取れなければ意味はないですよね。今回は私の部屋の汚れから2か所をチョイスして実際に汚れが落ちるかどうかテストしてみます。なお洗剤の併用についてもAmazonの質問では言及があるのですが、あえて今回は水だけを使ってテストしたいと思います。(洗剤を使用する場合、泡が出ないものを推奨しているようです)

ちなみにマニュアルでの定格電源(原文ママ)の記載は50Hzのみでしたが関西でもちゃんと使用可能でした。そこの点はご安心を。(Amazonの製品紹介には定格周波数として60Hzにも対応と記載があります)

事前準備

掃除前の準備についても簡単に確認していきます。と言ってもやることと言えばタンクに水を入れるだけです。ちなみに使用後も汚水タンクも含めた2つのタンクの水を捨てて乾かすだけ。この辺りは非常にシンプルで分かりやすいですし、タンクの使い勝手も良好。サイズが小さすぎて使用中に水が無くなるなんてこともないちょうどよい塩梅です。これなら使いやすいと思います。

uwant_B100_tank

清水タンクは上部のゴムパッキンを外して水を入れるだけ。アイロンにちょっと似てますね。

細かい点をいうなら水を入れる際、水量メモリの位置の使い勝手が悪いのはちょっと気になりました。もっとも、大した問題ではないんですけどね。

また、一部のパッキンには小さい穴が設けられています。本体を倒してしまうと水漏れが発生する可能性がある点は念のため意識しておくほうがいいかもしれません。収納する際はちゃんと水を捨てておくほうが賢明でしょう。

カーテンの汚れ

uwant_B100_before
まずは2年程度吊るしっぱなしのカーテンの汚れが落ちるかを試してみましょう。

この白くて薄いカーテンは某お値段以上な製品。冷暖房の効率を上げる目的で吊るしていますが、空気を入れ替えたりする場合も目隠し用途にしばしば使用しています。ただ、天気が悪い日なんかは網戸の汚れが雨水とともに移ってしまうんですよね。ちょっと気づかないふりも出来なくなってきたけれど、洗うのは面倒くさい…ということでどうしようかと思っていたところでした。

スポンサーリンク

ちなみにAmazonの製品紹介写真ではカーテンを外さないまま製品を使用をしているのでそれに倣ってやってみます。

uwant_B100_switch

電源ボタンは本体にあります。タッチセンサー式です。傷が入るのは嫌なので保護フィルムをつけたままにしています。

uwant_B100_switch2

吸引力は2段階切り替え。「強」にするとLEDが青から赤になります。

uwant_B100_use1

そして掃除。これが結構楽しい。

お、カーテンは吊るしていてもちゃんと吸着してくれますね。吸引力や動作音は掃除機の「最弱~弱」相当な感じ。でこのまま水を噴射してみましょう。

なるほど。水を噴射したら汚れは確かに取れますね。ただスルスル落ちるというよりは何度も噴射と吸い取りを繰り返すことで汚れが落ちる、といった感じです。またこれは水の力だけではなく、ヘッドについているブラシの掻き出し力に依存している面があります。言い方を変えれば「ブラシがちゃんと掻き出せない環境だと汚れ落ちはちょっと悪い」と言えます。今回の場合カーテンを吊るしているので裏面を手で押さえてあげるなどすればスムーズに汚れが落とせました。ちなみに汚れは確実に落ちていくので掃除そのものはなかなかに楽しいです。ちなみに出力は2段階調整可能なのですが、弱い出力でも十分に効果がありました。

uwant_B100_use2

しかし調子に乗ってはいけません。

ただ、楽しいからと言って調子に乗っているとカーテンの下には水たまりができてしまいます。そもそもの吸引力は強いわけではないので噴射した水が多すぎると吸い込み切れない、ということですね。

uwant_B100_beforeafter

もともと左右で同じような汚れ方をしていたのですが、ちゃんと右側は汚れが取れています。

とはいえ結果はご覧の通り。カーテンの左側は掃除前、右側が掃除後です。(もともとは大体同じような汚れ具合でした。)掃除後もほんの僅かに汚れは残っているものの「汚くなっている」とはまず言われない程度には洗浄ができています。カーテンを外さずにこれだけ汚れが落とせるならとても便利ですね…。水たまりはご愛敬といったところ。

ラグの汚れ

続いて別の汚れも落としてみましょうか。これはお値段以上なラグなのですが、引っ越してきた当初から主に秋~冬にかけて敷いているものでもう使用して3年目に突入しています。汚れた際は家の洗濯機には入らないしコインランドリーも遠いので、宅配クリーニングに出したりしていました。しかし現在はもうそもそもがヨレヨレボロボロ。クリーニング代を払ってまでキレイにしてもらう価値があるかと言われれば悩むレベルになってきました。家で汚れが落とせるならそれに越したことはないんですよね。

uwant_B100_lagbefore

これがウーロン茶汚れ。上から見るとちょっと目立つんです。

そして今回気にしていた汚れはこちら。先日友人が家に泊まりに来た際、ちょっとウーロン茶をこぼしてしまいまして…。個人的にはあまり気にしていないものの友人が家に来るたび気にするのも忍びないので、この汚れが取れたらいいなーと思っています。

uwant_B100_laguse

水分と埃が混じったものを吸い取ってしまうのはちょっと気になる感じ。これは製品のせいではないです。ちゃんと事前に掃除機をかけましょう。

早速掃除をしてみますがなるほど。毛足が短いカーペットとは言え、吸引時はどうしても埃も吸い取ってしまいます。また、それらが水を吸ってヘッドの内側にこびりつきがち。事前に掃除機などをかけておくほうが良さそうですね。

しかしカーテンに比べて掃除がとてもしやすいです。普通の掃除機に近い感覚で汚れが落とせます。何度か水を噴射しつつ、デッキブラシでこするように洗えば汚れが目立たなくなるくらいには掃除ができますね。

uwant_B100_lagafter

目立たなくなりましたね…。

結果はご覧の通り。意識して汚れを探さなければまず気づかれないでしょう。着色汚れであるため、このように繊維に色が入り込んでしまっている場合、水だけだと汚れは落としきれないものの確実に効果はありますね。ある程度は自己責任ながら洗剤やぬるま湯を併用すればもっときれいになると思います。

uwant_B100_tank2

吸い取った汚水もタンクに溜まっていきます。

あ、使用後に溜まっている汚水はちゃんとすぐに捨てましょう。

4.まとめなど

「Uwant スマートリンサークリーナー B100」はAmazonにて販売されています(出品はUwant公式ストア)。通常価格は税込み18,588円ですが、5月28日から30日までタイムセールが開催されており、税込み14,864円で購入ができます。

筐体がやや大きいため収納スペースは必要ですが使い勝手は掃除機やスチームクリーナーとも異なっていて活躍の場は結構ありそうな印象です。特にペットを飼われている方には活躍の場がありそうな気がしますね。水拭きと違って汚れを掻き出す力があるので、今回のようなラグやカーテン以外にも、フローリングの溝などにも効果があるように思います。

1台家にあるとなかなか便利が良さそうな製品だと思いますね。

5.関連リンク

Uwant 掃除機 カーペットクリーナー:Amazon

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    アイリスオーヤマのリンサークリーナーとの違いはどこだろ?あっちは8000円で買えるけど。