HUAWEI Eyewear - 指向性スピーカーを搭載するメガネ。OWNDAYSなら度付きレンズにしてもらえます

HUAWEI Eyewear
HUAWEIがオーディオグラス「HUAWEI Eyewear」を発売しました。全国に店舗を展開するメガネストア「OWNDAYS(オンデーズ)」とのコラボモデルもあり、「スピーカー内蔵のメガネ」です。特に私のようにメガネを愛用している人なら注目したい新製品です。

スポンサーリンク
HUAWEI Eyewear

クリックで拡大します

こちらがOWNDAYS扱い分のスペック表です(HUAWEIのプレスリリース分とはほとんど同じですが、取り扱われるフロントデザインが異なります)。ものとしては「Bluetooth接続のイヤホン」に近いといえますが、イヤホンとは異なり指向性スピーカーを搭載しています。まあ、耳の穴に入れて使うわけではないですからね。対応コーデックにAACも選べますし、もちろんバッテリーも内蔵しています。

HUAWEI Eyewear
「指向性のセミオープンスピーカー」がテンプル(つる)に搭載され、音漏れを最小限に抑えた上、128mm²の大型振動板が使われていますので、高解像度の音楽を楽しめる、とのことです。また、風切り音防止設計のマイクも搭載されているので、通話も可能です。

HUAWEI Eyewear
形状は「ウェリントン型フルリム」「ボストン型フルリム」「ウェリントン型ハーフリム」の3種類となっていますが、ボストン型フルリムはAmazon限定販売、またOWNDAYSのWebサイトでは「スクエア」と「ウェリントン」のフルリムのみが販売されており、ラインナップが異なります。いずれにしても、眼鏡としてはオーソドックスな形状なので、老若男女問わず使えると思います。

スポンサーリンク
HUAWEI Eyewear

クリックで拡大します

操作はテンプル部分をタップ、スワイプ、長押しすることによって行います。ワイヤレスイヤホンでも同種のタッチ操作をしますが、Eyewearのほうが操作面積が大きいので、使いやすいかもしれません。

HUAWEI Eyewear
また、この製品はフロントフレームの取り外しが可能な上、オプションで「SNAP LENS」が用意され、サングラスとしても使えます。

と、ここまでは「面白そうではあるが、そんなに高い独創性は感じない」ですよね。ただ、OWNDAYSとのコラボなので、視力の低い人にはとてもありがたいところがあります。

OWNDAYS公式ストアではあらかじめ「度付きレンズ」を選ぶことができます(もちろん度なしレンズも選択可能です)。私は視力が低いので「他人事ではない」という気持ちでOWNDAYSのサイトを確認してみたのですが、度付きレンズにしたい場合、

・自分の度数情報がわかっている場合は、度数を入力して購入する
・店頭に足を運び、度数を測定してもらってから購入する
・手持ちのメガネを送って、同じ度数にしてもらう

ことが可能です。OWNDAYSは全国に店舗がありますが、政令指定都市などの大都市に店舗が多く、必ずしも読者全員が気軽に店舗に行けるような感じでもありません。ただ、上に記載した3つ目の方法であれば、店舗に足を運ぶことなく購入ができますね。

そして価格です。OWNDAYS公式ストアではメガネ本体の価格が税込み32,780円で、UVカットとかカラーレンズを指定しなければ度付きでも同価格で購入ができるようです。また、別売りのSNAP LENSは税込み1,650円で購入できます。度付きレンズを作ってもらった上での価格としては悪くないんじゃないか、と思います。

また、この製品はHUAWEI公式サイトやAmazonでも販売されており、5月27日現在、Amazonでは通常価格32,780円のところ、製品ページに3,500円OFFクーポンがありましたので、実質29,280円で購入できます。度付きレンズが不要な場合はAmazonが手っ取り早いでしょう。また、ボストン型が欲しい場合もAmazonで購入するしかありません。なお、HUAWEI公式サイトやAmazonで購入したものも、OWNDAYSで度付きレンズに交換してもらえます(有料)。

個人的にはOWNDAYSの店舗に在庫があるようなら、一度使用感を試してみたいと思いました。

関連リンク

HUAWEI Eyewear:HUAWEI 製品紹介ページ
HUAWEI Eyewear:Amazon
OWNDAYS × HUAWEI Eyewear:OWNDAYS

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    フレームのカラバリあるといいんだけどな