Lenovo IdeaPad Flex 550(14) / 550i(14) - 最新CPUを搭載し、従来モデルよりもひと回り小さくなったコンバーチブル2in 1、コスパも非常に高いです

Lenovo IdeaPad Flex 550(14) / 550i(14)
レノボが14インチサイズのコンバーチブル2 in 1「IdeaPad Flex 550(14) / 550i(14)」を発売しました。550と550iは基本的に同じ筐体で同じ基本仕様ですが、550がAMD CPUを、550iがIntel CPUを搭載しています。既存モデルの「IdeaPad C340」の後継機と言っていいでしょう。C340の高いコストパフォーマンスはそのままに、筐体のコンパクト化を実現しています。

スポンサーリンク

1.スペック

  IdeaPad Flex 550i/Flex 550
OS Windows 10 Home
CPU 550i:Intel i3-1005G1/Core i5-1035G1/Core i7-1065G7
550:AMD Ryzen 3 4300U/Ryzen 5 4500U/Ryzen 7 4700U
外部GPU なし
RAM 4GB/8GB/16GB
ストレージ 128GB256GB/512GB M.2 NVMe SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 14インチIPS(1,920 × 1,080)タッチ
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
入出力 USB 3.0 Type-C、USB 3.0 × 2、USB 2.0、HDMI、オーディオジャック、SDカードリーダー
カメラ Webカメラ(720p)
バッテリー 550i:稼働時間 約10.6-11.9時間
550:稼働時間 約12.2-13.6時間
サイズ 321.5 x 217.5 x 17.9 mm(最薄部)
重量 1.5 kg

冒頭に記載の通り、550と550iはCPUが異なります。逆に言うとCPU以外はほとんど同じ構成です。

550のCPUは第3世代のRyzen 3/Ryzen 5/Ryzen 7、550iは第10世代(Ice Lake)のCore i3/Core i5/Core i7です。IdeaPadシリーズは注文時の構成カスタマイズには対応しておらず、RAMとストレージは選択するCPUによって決まります。

Core i3:4GB/128GB
Ryzen 3:4GB/256GB
Core i5/Ryzen 5:8GB/256GB or 512GB
Core i7/Ryzen 7:16GB/512GB
※左からRAM容量、ストレージ容量

Core i3もRyzen 3もビジネス用や家庭用として十分な性能はあると思いますが、残念ながらRAMは4GBで固定となってしまいます。Core i5/Ryzen 5ならRAMは8GB、ストレージは256GBもしくは512GB、Core i7/Ryzen 7ならRAMは16GB、ストレージは512GBです。

ディスプレイは14インチのIPS液晶、FHD解像度で、コンバーチブル2 in 1筐体なので全モデルタッチ対応します。また、これも全モデルですがスタイラスペンが付属します。前身機と思われるIdeaPad C340はワコムデジタイザーを搭載していますので、おそらくこの製品も同様と思われます。

通信まわりでは残念ながらWi-Fi6(ax規格)には対応していません。また、入出力ポートは14インチノートとしては標準的な構成と言えますが、SDカードリーダーがmicro規格ではなくフル規格なのがうれしいですね。

サイズのほう、C340と比較してみます。

Flex 550(i):321.5 x 217.5 x 17.9 mm(最薄部) / 1.5 kg
C340(14):328 × 229 × 17.9 mm / 1.65 kg

タテ・ヨコがかなり小さくなりました。また、重量も1.5 kgに収まりましたので、ウインタブの目安である「モバイルノートは1.5 kgまで」に合致します(これ、特に実用上なにかある、というわけではありません。あくまで目安)。まあ、2020年の水準だと1.5 kgでもちょっと重いと言えますが、PCを持ち歩く機会が多い人には非常に素晴らしい改善点だと思います。

スポンサーリンク

2.筐体

Lenovo IdeaPad Flex 550(14) / 550i(14)
Lenovo IdeaPad C340 (14)/(15)
上の画像がFlex 550/550iで、下の画像がC340(14)です。雰囲気は同じですが、ベゼル幅がかなり異なっているのがわかります。特に下部ベゼルが非常に細くなっていますよね。また、後述しますがキーボード面のデザインも変更されています。

Lenovo IdeaPad Flex 550(14) / 550i(14)
天板です。こちらはIdeaPad共通のシンプルなデザインになっています。筐体素材は不明です。また筐体色は7月18日現在「プラチナグレー」のみですが、製品ページにブルーとブラック(あるいはダークグレー)の画像がありました。これらの色は海外仕様なのか、あるいは量販店モデルなのか、それとも後日直販モデルに追加されるのか、詳細はわかりません。

Lenovo IdeaPad Flex 550(14) / 550i(14)
キーボードです。両サイドにスピーカーグリルが見えます。Flex 550/550iはステレオスピーカー搭載という説明になっていましたので、ここにスピーカーが入っているものと思われます。ただ、まれに「こういうデザイン(実はスピーカーではない)なだけ」という例がありますので、確証はありません。

この画像では英語配列になっていますが、日本仕様は日本語配列のバックライト付きキーボードとなります。また、パームレスト右側に指紋センサーも装備しています。

Lenovo IdeaPad Flex 550(14) / 550i(14)
コンバーチブル2 in 1筐体なので、タブレットモードやテントモード、スタンドモードでの利用もできます。スタイラスペンも付属しますので、イラストやマンガの制作にも使えると思います。

Lenovo IdeaPad Flex 550(14) / 550i(14)

クリックで拡大します

側面と入出力ポートの配置です。コンバーチブル2 in 1ということもあり、電源ボタンは側面にあります。また、SDカードリーダーはフル規格です。

3.価格など

Lenovo IdeaPad Flex 550/550iはレノボ直販サイトで販売中で、7月18日現在の価格はIntel CPUの550iが56,430円(税込み)から、AMD CPUの550が54,340円(税込み)から、となっています。また、550iは最低価格の1モデルのみ広告クーポンの対象となっていますので、このモデルのみ購入ページが異なります(7月18日現在)。

一通り価格を確認してみましたが、個人的に最もお買い得感が大きいのは550の「Ryzen 5/RAM8GB」で、256GB SSDのモデルが59,455円、512GB SSDのモデルが61,875円でした(いずれも税込み)。また、上にも書きましたが、この製品は全モデルでスタイラスペンが付属しますので、さらにお得に感じられます。

性能も高く、激安と言っていいくらいの価格のコンバーチブル2 in 1、おすすめできます。

4.関連リンク(Lenovo)

IdeaPad Flex 550i(14)※最低価格のもの
IdeaPad Flex 550i(14)※最低価格以外のもの
IdeaPad Flex 550(14, AMD)

スポンサーリンク