TECHNOLOGY XM-RF84 - 有線/USB無線/Bluetoothに対応する中華メカニカルキーボード。価格も魅力です!

TECHNOLOGY XM-RF84
中国の通販サイト「Banggood」で、よさげなメカニカルキーボード「TECHNOLOGY XM-RF84」を見つけましたのでご紹介します。一般に、Banggoodのような中国通販で購入するガジェットは「価格重視」で選ぶことが多いですよね?日本で販売されているものよりもかなり安いかわりに品質についてはある程度妥協する、という前提で買い物をされる人が大部分かと思います。

スポンサーリンク

キーボード、特にメカニカルに関してはちょっと事情が違っていて、「中華だから安い」という感じはありません。Banggoodで販売されているメカニカルキーボードは日本円だと1万円以上するものが多く、なんなら日本のAmazonのほうが安いメカニカルキーボードを見つけやすかったりします。そのかわり、中華メカニカルキーボードは品質のほうも概して高く、ウインタブでもこれまでにいろんなメカニカルキーボードをレビューしています。

そんな中、TECHNOLOGY XM-RF84は「お買い得価格」と言えます。私は「キーボード好き」なので、日頃からよさげな中華キーボードを探していて、この製品なら品質、コスパとも読者におすすめできるのではないか、と思いました。Banggoodから割引クーポンもいただいています。

1.TECHNOLOGY XM-RF84 概要

キー数:84
スイッチ:OUTEMU
入出力:USB Type-C
素材:ABS
接続方式:Bluetooth 5.0/USB無線/有線
サイズ:306 x 120 x 30 mm/重量不明

TECHNOLOGY XM-RF84

TECHNOLOGY XM-RF84

TECHNOLOGY XM-RF84
TECHNOLOGY XM-RF84はテンキーレスのメカニカルキーボードです。重量は開示されていませんが、メカニカルキーボードは一般に重量が重く、おそらく700g~1kg弱くらいはあると思いますので、サイズは小さくともモバイル向きとは言いにくいです。「デスクに置く、省スペース型キーボード」と考えるのが妥当だと思います。

筐体は黒と白の2色、黒はRGBバックライト(価格が低い製品なので、ライティングのコントロールはできない可能性が高いです)とホワイト単色バックライトが選べ、白はブルーの単色バックライトになります。

TECHNOLOGY XM-RF84
メカニカルキーボードでは非常に重要な「キースイッチ」はノーブランド品ではありません。OUTEMU製。ウインタブでもOUTEMU製のスイッチを使った「Vissles V1」というキーボードの実機レビューをしていますが、打鍵感は良好でした。キースイッチは人によって好みが異なりますので、これがベスト、ということは言えませんが、少なくともノーブランドのキースイッチよりははるかに信用できます。

それと、ちょっと残念ですが、Banggoodで購入できるのは「青軸のみ」です。最もメカニカルキーボードらしい打鍵感が得られるのが青軸なので、これはこれで悪くないのですが、打鍵音がかなり大きくなりますので、事務所とかリビングルームではちょっと厳しいかと思います。

TECHNOLOGY XM-RF84
側面はステップスカルプチャー構造と本格的です。ただし、底面の画像はありませんが「脚」はついていないようですね。

スポンサーリンク

TECHNOLOGY XM-RF84
また、この製品は接続方法が3種類あります。デスクでパソコン用のメインキーボードとして使うときは有線接続、手持ちのノートパソコンと接続したいときはUSB無線接続、タブレットやスマホにはBluetooth接続、という具合に使い分けができるのも便利です。ちなみにこの製品はWindowsのほか、MacOSやiOS、Androidでも使えます。

2.TECHNOLOGY XM-RF84 このキー数で大丈夫?

「テンキーの有無」については人それぞれのお考えがあると思います。個人的にはデスクで使うのならテンキーは欲しいと思うのですが、数値入力の機会が少ない人なら、テンキーを省いて、その分コンパクトサイズであるほうが好ましいと思うかもしれません。

で、サイズが小さいのはいいんですけど…、

Anne Pro Bluetooth メカニカルキーボード
これ、以前私が購入した「Anne Pro」という「60%キーボード」ジャンルの製品です。キー数は61しかありません。これね、すごく気持ちよくタイピングができて、しかもサイズが極小なのが魅力的な製品でしたが、結局常用するに至りませんでした。

TECHNOLOGY XM-RF84
私がAnne Proを常用できなかった理由はこれ、右下の「方向キー(カーソルキー)」と左上の「~(チルダ)キー」がなかったことです。Anne Proの方向キーはFnキーと同時押しで、例えば「→」は「Fn + L」です。そのほかDeleteキーが「Fn + /」だったりして、非常に使用頻度の高いキーまで「複数キーの同時押し」を強いられる配列でした。

また、「~」は日本語キーボードの「全角/半角」としても使いますので、これが複数キーの同時押しだったりすると非常にめんどくさいことになります(キーマッピングが変更できる場合はある程度大丈夫ですが)。

その点TECHNOLOGY XM-RF84は84キーで、独立したFキーも備えていますし、方向キーも~キーもしっかりついています。まるっきりクセのない配列、とは言えませんが、これなら少し慣れれば問題なくタイピングできるでしょう。

TECHNOLOGY XM-RF84
それと、TECHNOLOGY XM-RF84の姉妹機として「TECHNOLOGY XM-RF68」という、 「68キー」の製品もありました。こちらはXF-RF84よりもさらにコンパクトなサイズですが、これまで縷々述べてきたとおり、コンパクトキーボードに慣れていない人にはちょっと使いにくいかもしれないです。方向キーはありますけど…。

3.TECHNOLOGY XM-RF84 価格など

TECHNOLOGY XM-RF84とRF68は中国の通販サイト「Banggood」で販売中で、4月19日現在の価格はRF84(この記事でメインに紹介している84キーのもの)が52.99ドル(5,859円)、RF68(68キーのもの)が47.99ドル(5,306円)です。

このままでも十分安いと感じますが、例によってBanggoodにクーポンを発行してもらいました。RF84はクーポンコード「BGJPXMRF84」で44.99ドル(4,974円)、RF68がクーポンコード「BGJPXMRF68」で40.99ドル(4,532円)です。いずれも10台限定。

キースイッチが青軸のみ、というのが少し残念ですが、キー配列やスイッチのブランド、有線/USB無線/Bluetoothでの接続が可能と、この価格帯としては非常に魅力的な製品だと思います。

4.関連リンク

TECHNOLOGY XM-RF84:Banggood
TECHNOLOGY XM-RF68:Banggood
※RF84はクーポンコード「BGJPXMRF84」
※RF68はクーポンコード「BGJPXMRF68」

スポンサーリンク

コメント

  1. キーボード難民 より:

    惜しい
    ENTERキーの右側の1列って誤打しやすいんですよね
    安くて無線でテンキーレスでファンクションキーが独立していてENTERキーが一番右なコンパクトキーボードってなかなかないのです