Rakuten BIG s - 6.4インチ5Gスマートフォン、「SサイズのRakuten BIG」です

Rakuten BIG s
楽天モバイルが6.4インチのAndroidスマートフォン「Rakuten BIG s」を発表しました。「SサイズのBIG」という、ちょっと面白いネーミングですが、ミッドハイクラスでバランスのいいスペックになっています。

スポンサーリンク

1.Rakuten BIG s スペック

スペック表

  Rakuten BIG s
OS Android 10
CPU Qualcomm Snapdragon 765G 5G
RAM 6GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ 6.4インチAMOLED(2,340 × 1,080)
LTEバンド 4Gとミリ波を含む5Gに対応
SIM形式 eSIM
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth
入出力 USB Type-C
カメラ イン:16MP/アウト:48MP+8MP+8MP+2MP
バッテリー 3,900 mAh
サイズ 160 x 79 x 9 mm
重量 204 g

コメント

Rakuten BIG sはSIMフリー機ですが、大手キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)での利用は事実上困難です。まず、「eSIM専用機である」ということ、そして楽天モバイルが公式にアナウンスしていることとして「3Gに対応せず、ドコモ、ソフトバンク、auのVoLTEにも非対応である(つまり、楽天モバイル以外だと電話ができない)」というのがその理由です。なので、事実上楽天モバイル専用機と考えるのが妥当でしょう。

OSはAndroid 11ではなく、10にとどまります。また、OSバージョンアップに関しても特に説明はありませんでした。CPUはSnapdragon 765Gで、Antutu(Ver.8)のスコアがおよそ28万点となる、ミッドハイクラスのものです。ちなみに私の私物メインスマホはGoogle Pixel 5で、Snapdragon 765Gを搭載しているのですが「まあ快適」ですね。性能不足を感じたことはありません。ただ、人気の3Dゲーム「原神」だとデフォルトの設定が「低画質」となります(私が試した限り、画質を上げても特にカクつきは感じませんでしたが…)ので、もっぱらゲーム用ということだと少し厳しい場面も出てくるかもしれません。

スポンサーリンク

RAMは6GB、ストレージは128GBと、こちらもゲーム専用ということでなければ十分な容量です。ディスプレイは有機ELのFHD+解像度で、Rakuten BIGとは異なり、割とオーソドックスな水滴型ノッチが採用されています。

Rakuten BIG s
アウトカメラはクアッドレンズ。メインが48MPなので画素数は標準的です。まあ、カメラの場合、画素数だけでは評価できませんけどね。

2.Rakuten BIG s 筐体

Rakuten BIG s
筐体デザインはあまり奇をてらっていない、というか、オーソドックスでシンプルな印象です。前面はごく小さな水滴型ノッチがあり、有機ELディスプレイなので指紋センサーもディスプレイ埋込式です。また、この筐体はIPX7の防水性能も備えています。

Rakuten BIG s
筐体色は上の画像の「クリムゾンレッド」と「ブラック」「ホワイト」の3色展開。

Rakuten BIG s
サイズ感を見てみましょう。左から「Rakuten BIG、Rakuten BIG s(この記事の製品です)、Rakuten Hand、Rakuten Mini」です。Rakuten BIGとの比較ではかなり小ぶりになった、という感じですね。

3.Rakuten BIG s 価格など

Rakuten BIG s
Rakuten BIG sは「楽天モバイル」公式サイトでは2021年4月21日(水)午前9時より、楽天モバイルショップでは5月中旬以降順次発売されます。価格は税込み50,980円です。

Rakutenモバイルのハードウェア(スマホ本体)は発売に合わせて大きな割引(楽天ポイントによる還元など)が受けられることが多いので、実質的にかなりの安値で購入できる可能性もあります。ただし、記事中に触れたとおり、eSIM専用機で楽天モバイル以外のVoLTEに非対応ということなので、事実上楽天回線専用機となることに注意が必要です。

4.関連リンク

Rakuten BIG s:楽天モバイル

スポンサーリンク