サンワサプライ エルゴマウス 400-MA127 - 手首に優しい大型マウス。充電式・静音ボタンと、機能性にも優れています

サンワサプライ エルゴマウス 400-MA127
サンワサプライがエルゴマウス(エルゴノミクスマウス)「400-MA127」を発売しました。最近は紹介する頻度が減っていますが、ウインタブではエルゴノミクスマウスの紹介記事をよく掲載していて、私自身も一部のライターさんもエルゴノミクスマウスを愛用しています。実際「健康にいい」のかはなんとも言えませんが、慣れると非常に使いやすいマウスだと思います。

スポンサーリンク

サンワサプライ エルゴマウス 400-MA127
スペック表です。エルゴノミクスマウスは形状に特徴があり、ついそちらに目が行ってしまいますが、この「400-MA127」はマウスとしての基本機能も優れています。USB無線タイプで、

サンワサプライ エルゴマウス 400-MA127
「充電式」です。これ、結構重要なポイントだと思います。電池を使わないので重量が軽くなり、さらに電池代もかかりません。「電池代」というより、むしろ手元に予備の電池がない状態で電池切れになるほうが怖いと思いますね。その点、充電式の場合は僅かな充電時間で「とりあえず使える」状態にはなりますので、ストレスがたまりません。

ただ、電池を使わないですが「決してコンパクトではありません」。「大型マウス」というべきサイズ感で、重量も130 gあります。私は毎日超薄型のバックパックにPCを入れて移動していますが、エルゴノミクスマウスは場所を取りますね。形状が立体的というか、横方向だけでなく上下方向(高さ)も大きい(この製品だと64.5 mm)ので、余計にスペースを取ります。この点がエルゴノミクスマウスの大きな弱点だと思います。

それと、スペック表には記載がありませんが、ボタンは「静音タイプ」です。この点もありがたいですね。また、カウント(マウスカーソルの敏感さ)も5段階に調整できます。私の場合だと1,200か1,600カウントでちょうどいいくらいですが、5段階調整なのであればほとんどの人の好みに合う調整が可能でしょう。

サンワサプライ エルゴマウス 400-MA127
前後面です。エルゴノミクスマウスは、簡単に言うと、「マウスの上部を斜め上方向にギューッと伸ばした形状」をしています。また、400-MA127は親指付近の張り出しがかなり大きめになっているのがわかります。

スポンサーリンク

サンワサプライ エルゴマウス 400-MA127
続いて上下面です。底面に電源ボタンとUSB子機の収納スペースがありますね。また上面には左右のクリックボタンとホイールのほか、カウント切り替えボタンもあります。そして親指側の側面にはさらに2つのボタン(「進む」と「戻る」)があります。

サンワサプライ エルゴマウス 400-MA127

クリックで拡大します

サンワサプライにしては珍しく、めっちゃ見にくい説明図ですが、落ち着いて確認すればわかりますw

サンワサプライ エルゴマウス 400-MA127
こちらはサンワサプライらしく親切な画像です。男女別にサイズ感がイメージできるようになっています。エルゴノミクス形状というだけでなく、やはりマウスとしては大型の部類ですね。このへんはお好みがわかれるところだと思いますし、上に書いたとおり、バッグに入れる際には「結構な邪魔もの」になってしまうと思います。

サンワサプライ エルゴマウス 400-MA127はサンワダイレクトで販売中で、2月14日現在の価格は税込み3,280円、送料無料です。この製品はサイズが大きく、携帯用としてはあまり向かない、というのがウイークポイントですが、疲れにくいとされるエルゴノミクス形状になっていて、静音ボタン・充電式と、機能性にも優れています。大型マウスが嫌い、という人でなければ試してみる価値は大きいと思います。冒頭に書いたとおり、私個人としてはエルゴノミクスマウスが健康面で優れているとは言い切れないと思っていますが、慣れればよく手に馴染み、とても使いやすいものである、とは評価しています。

関連リンク

エルゴマウス 400-MA127:サンワダイレクト

スポンサーリンク