Under-The-Jack Pack レビュー - 超薄型のバックパックが届いたのでレビューします(実機レビュー)

Under-The-Jack Pack レビュー
こんにちは、体調が悪いとすぐにイラッとしたり、人やモノの悪口を言いたくなってしまう、人間的に全く成熟していないウインタブ(@WTab8)です。今回は私にとってはじめての「クラウドファンディングでの支援」となった超薄型バックパック「Under-The-Jack Pack」のレビューです。2日くらい前に無事届いたんですよね。この製品を注文した経緯は下記のリンクをご覧ください。
Under-The-Jack Pack - 入らないものは置いていこう!超薄型バックパックがクラウドファンディングに登場!

スポンサーリンク

短期間ながら使ってみて、先に結論から言うと「微妙」ですね。いや体調が悪いとかは別にしてです。背負った感じは素晴らしいですし、デザインもいいです。ただ、超薄型ということではあっても、過度の期待はしないほうがいいだろうと思いました。まあ、読んでみてください。

Under-The-Jack Pack レビュー
Under-The-Jack Pack レビュー
この製品についてはクラウドファンディング「きびだんご」でかなり詳細な説明がありましたので、注文(支援)するのにあたり、特に不安を感じることもありませんでしたし、実際に届いた製品もイメージ通りでした。私が購入したのは「標準タイプの15インチ用、色はブラック」です。手持ちのメインノートPCは13.3インチなので、もう一回り小さいサイズ(13インチ用)でも良かったのですが、多めにものを入れられそうな15インチサイズにしています。

表面素材はポリウレタンで、背中に密着するほう(下の画像)はメッシュ加工になっていました。特段高級感はありませんが、品質のよさはある程度伝わってきます。バックパックって、外観で価格を予想するのがかなり難しいですよね。Manhattan Portageとかのブランドがついているだけで、ペラペラのバックパックがいきなり7,000円とかになっちゃいますから。その意味でいうと、この製品は価格なりの価値ある外観だとは思いません。ただし安っぽくもないので「こんなもんかな」と納得できると思います。

Under-The-Jack Pack レビュー
左肩側のショルダーベルトには浅い物入れがあります。イヤフォン用でしょうね。かなり浅くてフタもないので、貴重品は入れられません。

Under-The-Jack Pack レビュー
右側(背負ったときに右手側)の下部には隠しポケットのようなものがあります。ジッパーがついていますので、不用意に脱落することもないと思います。この画像では手を突っ込んでますが、奥行きも十分ありますので、個人的には「ACアダプター用かな」と思いました。

Under-The-Jack Pack レビュー
ではメインの開口部を見てみましょう。大きく分けて6つの仕切りがあります。1は(厳密には仕切りじゃないですが)メインの収納部で、ここにPCを入れます。というか、13.3インチとか15.6インチのノートPCはここにしか入りません。

2はジッパー付きのポケットで、貴重品などを入れる場合はここになると思います。貴重品と言えば「サイフ、カードケース、定期入れ、スマホ…」などがイメージされますが、これらの小物は問題なく収納できるくらいの深さがあります。

3はジッパーなしのポケットです。サイスとしては1についで大きいですね。ノートや書類、あとタブレットなんかを入れるのに適していると思います。4、5、6はジッパーなしの浅いポケットです。6については明白にペンホルダーとしてしか使えません。めちゃめちゃ細いんで。スタイラスペンなんかも大丈夫でしょう。このへんの構造はきびだんごの製品説明にもちゃんと記載されているのですが、すっかりそれを忘れていた私は「思ったより多機能そうだなあ」と感じました。

また、クッションは十分に効きます。内側(背中側)、外側とも思った以上の厚みがありますので、PCやタブレットを収納しても不安を感じないでしょう。

Under-The-Jack Pack レビュー
私が外出時に持ち歩いているのはこんな感じです。「13.3インチのノートPC、ACアダプター、マウス、モバイルルーター、USBケーブル、名刺入れ、ノート、ボールペン、スマホ(Jelly Proなんで今回のレビューではバッグにとって有利!)」が写っていますが、これ以外にタブレットを持ったりします。サイフはバックパックやビジネスバッグには入れません。

ACアダプターのみを側面の隠しポケットに入れ、それ以外を1~6に詰め込んでみます。

Under-The-Jack Pack レビュー
Under-The-Jack Pack レビュー
ん?ダメだこりゃ!全部入れたらこんなに分厚くなってしまいました。しかし、自分で試したので犯人はすぐにわかりました。

スポンサーリンク

Under-The-Jack Pack レビュー
エルゴノミクスマウス(画像左側)です。このマウスがかさばりまくったわけです。思えばこのバックパックに限らず、普通のビジネスバックを使う場合でも、エルゴノミクスマウスはかなり邪魔になるんですよね。なので、Bluetoothの小ぶりなマウス(画像右側)と取り替えます。

Under-The-Jack Pack レビュー
うん、これなら大丈夫。ちなみに、私が購入したバックパックは15インチ用なので、15.6インチのノートPCも収納できます。

Under-The-Jack Pack レビュー
こちらが15.6インチのノートPCを収納したところです。ACアダプターやノートなどは変えていません。パソコンの本体のみ変えました。

違いがわかんないですよね?要するにこのバックパックはノートPCのサイズは(適正サイズのものを使う限りにおいて)全く問題とはならず、「他に何を入れるか」ということが最大の問題になります。特に上に書いたエルゴノミクスマウスのように形状に癖があり、どう収納しても厚みがでてしまうようなものが含まれていると、途端にデザイン性を損なってしまいます。

Under-The-Jack Pack レビュー
実際に持ち物を全部入れて背負ってみました。だいたいイメージ通りですね。薄くてスタイリッシュだと思います。

Under-The-Jack Pack レビュー
若い人だとショルダーベルトを伸ばして、「少し下げて」背負うんだろうと思います。本来のフィット感だと上の画像のようにショルダーベルトを上げ気味にしたほうがいいのですが、このへんはお好みですね。ちなみにこの状態でもベルトには余裕があり、もう5センチほど伸ばすことができます。

背負った見た感じですが、「普通のバックパック」ですね。超薄型であるということはあまり意識しませんでした。ただ、ショルダーベルトのクッションは厚めで、長時間背負うような場合にはラクだと感じると思います。

Under-The-Jack Pack レビュー
製品ページでPRしていた「バックパックの上からアウターを着る」というのを試してみます。まずはテーラードジャケットから。これは不自然です。どのアングルから見ても、明らかに背中が盛り上がってしまいます。特に横から見ると姿勢が悪く見えてしまいますね。

Under-The-Jack Pack レビュー
次に薄手のナイロンパーカーを着てみます。無理だとは言いませんが、不自然なことは間違いありません。

私の理解だと、もう10年くらいの間、ビジネスにせよカジュアルにせよ、「ジャストフィット」な装いをすることが普通になっていると思います。お好みでだぶついた服装をする人もいるとは思いますが、ビジネススーツでだぶついたものを着ている人はバブル時のソフトスーツ以降、あまり見かけません。私の場合もジャケットやパーカーで大きめサイズを着ることはこの10年くらいありません。上の画像はすべて「ジャスト」なサイズですし、シルエットも「タイト」です。

この傾向はほとんどの読者、特に若いビジネスマンなんかにも共通するのではないかと思います(違っていたらごめんなさい)。であれば、このバックパックをアウターの下に忍ばせるのは無理です。あるいは「パソコン以外なにも入れない」ようにして、ワンサイズ大きなアウターを着れば多少目立たなくなるかも知れません。アウターの種類であり得るとしたら、真冬用のダウンジャケットとかチェスターコートとかでしょうか?それにしたってMONCLERなんかを使っていたら無理でしょうね。

それともう一つ、きびだんごの製品ページだと「背負ったまま満員電車に乗っても大丈夫」という文脈で説明がなされていますが、首都圏とか大阪、名古屋、大都市圏ではそんな理屈は通用しないでしょう。通勤電車でそんなことをしたら高確率でトラブルになるはずです。そもそも、バックパックの厚みにかかわらず、「背負ったまま」という時点で多くの人はマナー違反と判断し、イラッと来るはずです。また、このバックパックの素材は衣料品の繊維とは異なるので、混雑した電車の中で身長の低い人の顔にあたったりすると痛いでしょうし、場合によっては顔に傷ができるかもしれません。

個人的にはこの2点、「バックパックの上からアウターを着ることができる」というのと「混雑した電車の中でも背負ったままでOK」というのは同意できません。一方で、超薄型でスタイリッシュなバックパックであるという点は高く評価します。私の場合、エルゴノミクスマウスさえ携帯を諦めれば、必要なものをすべて収納して「かっこよく」外出することができます。期待すべきはこの点でしょう。

Under-The-Jack Packはきびだんごで販売中で、4月22日現在の価格は標準タイプが税込み、送料込みで11,664円(13インチ用、15インチ用とも同価格)、反射素材を使用したシルバータイプが税込み、送料込みで12,744円となっています。ただ、「お届けは9月」ということなので、少しばかり長く待たなくてはなりません。

関連リンク

入らないものは置いていこう。究極のミニマルバックパック:きびだんご

スポンサーリンク

コメント

  1. なお より:

    最近のワンショルダーバッグは、タブレットを意識したものが多く
    おされなデザインそのままで8インチのなら楽々はいります
    (ipadminiとかkindleとか)
    私は、明るいイエローと革っぽい茶色の2つを使ってます
    (1個2-3000円くらい)

    9-11インチサイズ用のワンショルダーバッグやショルダーバッグはまだちょっとダサいですねぇ

    Under-The-Jackの名前はかっけぇw

  2. 匿名 より:

    元々の紹介を見る限り、ノートパソコンとしては特に薄型化の傾向が強い林檎本を、マウスとACアダプタ無しの最小構成で持ち運ぶ人向けの商品だと思いますので、アウターの下に入ると言うのはそう言うミニマムスタイル+αの時だけだと思います
    Thinkpadとその専用ACアダプタは、お世辞にも薄型とは言えませんので……

    普通にリュックとして使うには薄型な分、身軽で良いのではないでしょうか?

  3. マツタケ より:

    実際シルバーを購入しました。

    WacomのCintiqCompanion2がギリギリ入るサイズでした。ペンと薄型のキーボードは問題ないですが、ACアダプタも入れ始めるとちょっと膨らんでスタイリッシュさが失われそうです。膨らむと途端に魅力を失います。

    通勤列車内での扱いや、ジャケット内、については、ほぼ同意見で、マナーの点や防犯の点で、日本ではあまり重視すべき要素とはならないと思います。

    自転車通勤時は、後部荷台に固定してしまうので、サイズや容量の絞り込みはあまりメリットを感じません。

    何より、普段荷物が重くなりがちな自分にとっては、
    ・時々、このバッグに入る分だけに仕事道具を絞る
    ・傘や追加のモバイルバッテリーなど、「もしものために」を積極的に減らす
    ・収納物の日常的な選択や充電忘れなどのうっかりミスを元から無くす方法を
     考える
    といった自己再評価ができるのがメリットになりそうです。

    いつもレビューなど楽しみに拝見しています。これからも頑張ってください。

  4. 購入してみようかな?高いのと発送が遅いのが難点ですが・・・