PZOZ Rotate 90 degree Magnetic USB Cable レビュー - 回転&複数接続できる、変わり種マグネット式USBケーブル(実機レビュー:natsuki)

PZOZ Rotate 90 degree Magnetic USB Cable
こんにちは、natsukiです。今回は、Aliexpresにて購入した、面白ケーブルをレビューします。だんだんと流行ってきた、端子部分がマグネット接続になっているやつです。が、もちろん、わざわざ紹介するからには怪しいギミックがついていますよ。

スポンサーリンク

1.概要と購入

PZOZ Rotate 90 degree Magnetic USB Cable
どういうものかは、この画像で一目瞭然ですね。はい、衝動買い。

かなり特殊な形状のため、Aliexpressですら、レアなアイテムです。ざっと見たところ、まとまった販売実績とレビューがあるのは、今回購入した「PZOZ Official Store」くらいです。他にも扱っているストアはあるものの、いずれも販売実績がわずかなので、信頼性をとってここで購入。

今回購入した製品は、単純にケーブルとしてみても、スペック的に余裕があります。最大電流はなんと5A。もっとも、これはHUAWEIの高速充電機器使用時のみとのこと。また、QC3.0の3A充電にも対応。ただし電圧は、5Vまで。つまりUSB PDには対応していません。この構造であんまり電力量が大きいと、それはそれで火吹きそうで怖いですからね。もちろん、データのやりとりもOKです。

2.使ってみた

PZOZ Rotate 90 degree Magnetic USB Cable
届きました。中華小売りでこういう小物を買うと、簡易包装の場合が多いんですが、この「PZOZ」というブランドは、箱や袋もきちんとしたものです。

わざわざ動画にするまでもなかったかもしれませんが、どういうものかはよく伝わると思います。ごらんのように、柔軟に角度を調節できます。まあ、実際必要な場合というのはよっぽどニッチな状況ですけどね。こういう製品は、必要性で量るもんじゃないですから。マグネットはかなり強力ですが、縦に折り曲げるように力をかけると簡単にとれます。データ通信も可能なので、データ通信時は要注意ですね。

PZOZ Rotate 90 degree Magnetic USB Cable
これは、「UHANS i8」に端子を差したところです。けっこう出っ張ります。

PZOZ Rotate 90 degree Magnetic USB Cable
こちらは、「Xiaomi Mi 9」。ごついカバーを付けている分、それほど邪魔になりません。通常のマグネットタイプの端子よりは、多少出っ張りが大きいですが、厚めのカバーを付けているならさほど気にはならないでしょう。

電流チェック

出力を見てみます。残念ながら、HUAWEIの5A急速充電対象製品は持っていないので、「Xiaomi Mi 9」と「UMIDIGI Z2」を5V充電で。アダプターは、「PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery」の、PDではない5V出力の方を使います。

まずは「Xiaomi Mi 9」を充電。Mi 9はUSB PDでの充電にも対応しており、実際そっちで充電すると9Vで充電するのでむっちゃ速いですが、今回はあえて5Vで充電しています。純正ケーブルと、電圧・電流を比べてみます。

Xiaomi純正ケーブル:5V/1.8A
PZOZケーブル:5V/1.8A

うん、マグネット接続とはいえ、出力十分。5Aまでの急速充電に耐えうるとうたうだけのことはあります。なお、試しにXiaomi Mi9の純正アダプターにつなぐと、しっかり「9V/1.8A」で充電してくれました。20分ほど様子を見ましたが、触ってみても発熱などは特になし。ただし、スペック上は5Vが上限なので、こういう使い方はやめましょう。

スポンサーリンク

もひとつ、「UMIDIGI Z2」も試してみます。めんどくさいんで、UMIDIGI純正ケーブルは使っていませんがご容赦を。

Xiaomi純正ケーブル:5V/1.5A
PZOZケーブル:5V/1.5A

まあ、当然の結果。で、なんでわざわざ2つもチェックしたかというと……

PZOZ Rotate 90 degree Magnetic USB Cable
やっぱり、試してみたくなっちゃうのは、これですよね。この場合の電力はどうなるのか? ちなみに、「PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery」の5Vのポートの最大電流は2.4Aなので、それが最大値ですね。

PZOZ Rotate 90 degree Magnetic USB Cable
正解はこちら。う……ん、微妙な結果。合計2Aでした。まあ、この辺はアダプターの種類やつなぐ機器の組み合わせによっても変動するかもしれません。

発熱はとりあえず無し

と色々やってみました。このタイプのケーブルで心配なのは、長時間の使用時に、マグネット接続部分が発熱しないかということですが、実際に触ってみても、特に熱いということはありません。

3.まとめ

使って楽しい、ネタ的な意味も強い製品ですが、実際に使用してみての実用上のメリット、デメリットもまとめてみます。

「マグネットタイプ」であることのメリットとデメリット

「マグネットタイプ」であることの一般的なメリットは、こんなところでしょう。

・充電機器の端子の、抜き差しによる摩耗を防ぐ
・ケーブルにつなぐ手間が楽?
   ……正直、普通に差し込むのと手間は変わらない気がする。
・1本のケーブルで、端子を替えることで複数のタイプの機器を充電可能
   ……これはソケットタイプでも同じ。

デメリットは次くらいかな。

・端子をなくしそう
・端子を充電機器に差しっぱなしにする場合、複数の端子が必要

「ローテーションタイプ」であることのメリットとデメリット

加えて、「ローテーションタイプ」であることのメリットは次の通り。

・角度調整が自由自在
・1本のケーブルで2台までの同時充電が可能
   ……ただし、合計電力はアダプター側の出力もあるし、せいぜい、合計2A程度。

デメリットは次の通り。

・端子を充電機器に差しっぱなしにする場合、出っ張りが大きめ

ま、どれも些細なことといってしまえばそれまでです。しょせんは単なるケーブルですから。それでも、「マグネットケーブル」っていうだけでそれなりにロマンがあるのに、ここに見た目の奇抜さと、それなりにちゃんとした実用性が追加されているとなれば、十分に物欲をくすぐるガジェットであることは間違いありません。だって、ひと目見て、理屈抜きで欲しくなるでしょう?

4.購入について

まだ、レアな製品で、なかなか出回っていません。私が知る限り、日本から簡単に購入できるのはAliexpressくらいで、複数のストアが同類の商品を扱っているものの、それなりに販売実績があるのは「PZOZ Official Store」のみといったところです。

価格は、「ケーブル+マグネット端子1つ」で約1,100円。マグネット端子の種類は、「microUSB」「Type-C」「iPhone」があり、これらを1つ追加するごとに「3$=300円強」追加、といったところです。3種盛りで、約1,750円。

はっきり言って、ケーブルとしてはお高い。でも、2年くらい前にマグネットケーブルが出だした頃は、充電専用ですらこのくらいの値段だったので、今回の商品の場合、十分な実用性があってさらに物珍しさ込みで、こんなものでしょう。

端子のバラ売りは……!?

さて、こういうマグネットタイプで一番心配なのは、端子の紛失です。そんなとき、追加の端子を購入できれば安心。ところが、まだまだレアな形状ということもあって、管見の限り、Aliexpressでもこの形状の端子のバラ売りはありません。しかーし、諦めるのはまだ早い。

PZOZ Rotate 90 degree Magnetic USB Cable
はい、これが今回購入したすべてです。ケーブル1本に、microUSBとType-Cを2つずつ。さっき、いずれもType-CポートのMI 9とUMIDIGI Z2を両方充電していたのは、これがあったからです。でも、このような組み合わせは、商品ページにはありません。えー、実は、購入時にストアに交渉して、端子のバラ売りをしてもらったんです。こういう柔軟な購入ができるのは、Aliexpressならでは。どうやるの? ってのは、話題がそれますので、稿をあらためてご紹介したいと思います。というわけで、多少のハードルはありますが、端子のバラ購入もできなくはないですよ。

5.関連リンク

PZOZ Rotate 90 degree Magnetic USB Cable:PZOZ Official Store(Aliexpress)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑