格安の「手押しエスプレッソメーカー」を買ってみた - 味はウデ次第?「作る喜び」を十分に楽しめるアイテム(natsuki)

手押しエスプレッソメーカー
こんにちは、natsukiです。今回は、いろいろと脱線した記事です。第1に、デジタルガジェットじゃありません。コーヒーメーカーです。しかも、手動でエスプレッソを作ろうというキワモノの、さらに格安ノーブランド品という、限りなくネタ臭にあふれた製品です。

第2に、内容とは関係無く、記事作成についての技術的な実験を兼ねています。流行の(?)、「動画で完結するレビュー」というのを作ってみました。個人的には、普段のウインタブのようなガジェット紹介記事には、今回のような動画オンリーというのは向かないと思っていますが、必要に応じてより柔軟に使いこなせるようになれればいいなぁ、と考えて、ものは試しにやってみた次第です。ということで、「Mi 9」での手元作業の撮影と、先日レビューした動画編集ソフト「Movavi Video Editor Plus」の習熟にお付き合いください。

スポンサーリンク

それではどうぞ。

Aliexpressで購入した手押しエスプレッソメーカー

今回、購入した製品は、Aliexpressの「Ordernow Store」出品のものです。購入時は2,100円ちょいでした。Aliexpressには、同等品が、それはもう大量に出品されているので、価格と信用度を見て適宜選んでください。その他、同類の製品は、Amazonだと3,000円前後からで、Banggoodなどでも、うまいことセール対象になっていれば、3,000円を切ることがあります。

関連リンク

Manual Coffee Machine Mini Espresso:Aliexpress「Ordernow Store」

※使用ソフト:Movavi Video Editor Plus

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    エスプレッソの抽出には、粉をつめる際に、「タンピング」という粉を押し固めて抽出時のムラをなくすためのプロセスがあり、専用の器具があったりします。

    • natsuki より:

      コメントありがとうございます。
      鋭いですね。
      実は、それをやるかは悩んだところでした。

      動画で見ましたように、この製品、説明書があまりにも簡潔すぎるんですよ。で、参考になるのは、ネット上に情報の多いWACACO製品です。そして、WACACO製の方はタンピングをしないようにとあるんです。あまり強い圧力だと壊れちゃうようです。
      もちろん、WACACO製の方がしっかりとした造りで、こちらの方がチープなのは明らかです。なんたって、価格が3倍違いますからね(笑) ということで、WACACO製ですらダメなのに、この製品でそれをやると、破損の可能性が高いだろうということで、結局やっていません。
      という事情がありました。