Microsoft、Windows 10 Sのインストーラーを公開 ー インストール前の注意点など(かのあゆ)

Windows 10 S
こんにちは。かのあゆです。MicrosoftはWindows 10 Sのインストーラーを公開いたしました。Windows 10 Sは現時点ではMicrosoft Surface LaptopにのみプリインストールされているOSで、Windows 10 Proの機能をベースに実行できるアプリケーションをストアアプリのみに限定し、よりセキュリティ機能を強化したものとなります。動作するアプリケーションはWindowsストアで公開されているユニバーサルアプリとストア公開用に変換されたデスクトップアプリのみで、従来のデスクトップアプリに関しては動作しない仕様となっています。

スポンサーリンク

また今回インストーラーで公開されているWindows 10 Sは英語版となるため、日本語環境で使う場合はインストール完了後言語パックを適用する必要があります。
ゼロから始めるWindows 10 - 表示言語を変更する。並行輸入品を買った人向け

Windows 10 Proの正規ライセンスが必要

Windows 10 S ダウンロードページ
すでに開発者向けにクリーンインストールできるISOイメージの配布が開始されていましたが、今回インストーラーが公開されたことにより一般ユーザーでもWindows 10 Sを導入することが可能となりました。本来は動作検証用に公開されていますが、正規版Windows 10からインストールを行えば特に制限期間は設けられておらず通常通り利用することも可能です。

ただしこちらのインストーラーからWindows 10 Sをインストールする場合、対応するWindows 10の正規ライセンスが必要となります。具体的には以下のエディションが対象となっています。
Windows 10 Pro
Windows 10 Enterprise
Windows 10 Pro Education
Windows 10 Education
Windows 10 Pro以外のエディションは一般販売されていないため、個人ユーザーは原則としてWindows 10 Proのライセンスが必要ということになります。Windows 10 Homeからもインストールはできるようですが、その場合ライセンス認証を正常に行うことができません。また現時点ではWindows 10 Proに内蔵されているHyper-VやVMwareなどの仮想化ソフトでは動作しないようですので、「実機」にインストールする必要があります。

スポンサーリンク

古い周辺機器は動作しない可能性も

Microsoft Surface Laptop 筺体色
Windows 10 Sでは通常のデスクトップアプリが動作しない仕様となっているため、アップグレードインストールで以前の環境を引き継ぐことはできず、新規インストール一択となります。また最近の周辺機器であれば問題はないはずですが、一部インストーラー経由でドライバを導入するものも存在しており、そのような周辺機器の場合は使えなくなる可能性が大きいので注意が必要です。

インストールから10日間は元のWindows 10 Proに戻すことが可能。

Windows 10 ProからWindows 10 Sを新規インストールした場合、10日間は回復オプションから元の環境に戻すことが可能となっています。それ以降に関しては元のWindows 10 Proのライセンスを使って再インストールしなおすか、あるいは作成しておいたバックアップイメージから復元する必要があります。

Windows 10には標準でハードディスクのイメージバックアップ機能が備わっていますので、事前にこちらからバックアップイメージと回復ドライブの作成を行っておくことをお勧めいたします。

Windows 10標準のイメージバックアップ機能は「設定→更新とセキュリティ→バックアップ」内にある「[バックアップと復元]に移動(Windows 7)」から起動可能です。

ブラウザや日本語入力ソフト、セキュリティソフトがMicrosoft純正に限定される

Windows Storeでは規約上「ストアで公開するアプリはMicrosoftが標準でOSに搭載しているブラウザエンジンを利用しなければならない」という制限があるため、Google ChromeやMozilla FirefoxなどのWEBブラウザはインストールできないこととなります。

またWindows 10の標準アプリ設定画面からもブラウザ選択の項目が完全に削除されているため、Windows 10 Sで利用できるブラウザは標準の「Microsoft Edge」のみとなります。また同様の理由で「ATOK」などの日本語入力ソフトや「Kaspersky Anti-Virus Free」などのセキュリティ対策ソフトも利用できず、Windows標準機能を利用することとなります。これらのアプリを愛用している方はWindows 10 Sを導入せず、Windows 10 Proを継続利用したほうが良いでしょう。

わざわざインストールするものではないが…

基本的にWindows 10 Sの機能はWindows 10 Proにも搭載されており、通常のデスクトップアプリが動作しなくなるためわざわざ一般ユーザーがあえて導入する必要はありません。ただしMicrosoftが検証したストア公開アプリしか原則導入できないため、セキュリティ面に関してはスマートフォン向けWindows 10 MobileやAppleのiOSと同じレベルとなっており、マルウェアやランサムウェアに感染するリスクも少ない最もセキュリティ機能が強化されたWindows 10ともいえます。

あくまで動作確認用に公開されているものですが、「ストアアプリしか使わないし子供も利用するのでセキュリティ機能をもっと強化したい」という方であれば導入する価値は大いにあるのではないでしょうか。

関連リンク

Test Windows 10 S on existing Windows 10 education devices : Microsoft(*インストーラー配布先。対応デバイス情報あり)

Comment

  1. F より:

    windows10sは安ければ試してみたいですね。1万円くらいの10Pro入ってる中古パソコンがあれば入れてみたい。でも2万以上かかるなら、ちょっと頑張って廉価版のiPad買ったほうがいいですね。

    • wintab より:

      Fさん、こんにちは、コメントありがとうございます。なにげにグッドアイデアのような気がします。Proから乗り換える意味ってほとんど感じられませんけど、あれば試してみたい、というのは間違いないです。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑