記事にアフィリエイト広告を含みます

pCloud - スイス発の「買い切り型」クラウドストレージ、バレンタインデー限定セールで「ひとつ買えば無料でもうひとつ!」

pCloud
クラウドストレージサービスの「pCloud」がバレンタインデー限定セールを開催中です(2月17日まで)。pCloudが日本でサービスを開始したのは1年ほど前のようなのですが、私はMicrosoft 365ユーザーでOneDriveを1TB使えるため、クラウドストレージサービスには無関心でして、サービス開始当初は記事を掲載していませんでした。

スポンサーリンク

このpCloud、バレンタインデー限定セールとして「ひとつ買えば無料でもうひとつ」という、テレビショッピングやラジオショッピングなどでおなじみのプランを用意しています。

PCloudの公式サイトはこちらです
pCloud トップページ

pCloud
pCloudは「スイス発」のサービスで、自称「ヨーロッパで最も安全なクラウドストレージ」とのこと。詳しくは公式サイトを見ていただければわかると思いますが、とりあえず「スイスなら…」と思っちゃいますよね、日本人の場合。

ただし、「スイスが安全」というイメージがあるのと同時に「スイスは物価が高い」というイメージも、正直なところあります。

pCloud
これが価格表です。…高いですよね…。でもよく見てください、これ「月間とか年間の価格」ではなくて「生涯の価格」なんです。つまり、199ドル払えば500GBが事実上買える、ということです。

ちなみに年間プランだと500GBで49.99ドル(1ドル150円として、約7,500円)、2TBで99.99ドル(約15,000円)です。Google One(Googleドライブ)の場合は200GBで年間3,800円、2TBだと年間13,000円なので、それと比較してすごく高価、という感じではありませんね。あとはサービス内容(ファイル共有とかバックアップ機能など)や使い勝手で判断することになるでしょう。ただ、「買い切りのクラウドストレージ」というのは非常に珍しいと思います。

pCloud
で、バレンタインデー限定セールで生涯プラン(事実上の買い切りプラン)を購入すると、「同一の容量のプランがプレゼント」されます。なので、同価格で2TBが4TBに、10TBが20TBになります。

スポンサーリンク

ただしこれ「2TBプランを購入しても、純粋に4TBになるわけではない」です。同一アカウントで使えるのは2TBまでと変わらず、別アカウントでもう2TBが使える、ということです。なので、複数のアカウントで2TB+2TBとして使うか、もしくは(バレンタインだけに)知人などと2TBずつシェアする、ということになります。

日本人って「買い切り」が好きなので、pCloudのプランはかなり魅力的なんじゃないかな、と思います。また、バレンタイン限定セールでの価格は非常にお得だと思います。

とはいえ、399ドル(約6万円)とか1,190ドル(約178,500円)をいきなり支払うのもちょっと…、と思いますよね。

pCloud
pCloudには無料で最大10GBを使えるプランもあります。まずは無料プランで使い勝手を試してから生涯プランを購入するかどうか決める、というのが現実的かと思います(限定セールは2月17日までなので、ある程度の期間は試せます)。

pCloud
ということで、無料プランをテスト中です。(私の場合ですが)Googleアカウントでサインイン(アカウント作成)するだけで済み、クレジットカードの登録などは一切ありませんでした。また、無料プランは初期状態だと5GBまでで、メールアドレス確認やスマホアプリの導入、友人の招待などで1GBずつ容量が増えていく仕組みで、それらをクリアすると10GBが使えるようになります。

pCloud
OneDriveやGoogle Oneと比べて「いいか悪いか」はなんとも言えません(お好みによります)が、OneDriveやGoogle Oneと同様にローカルPCのエクスプローラーにフォルダが表示され、ローカルドライブとほぼ同じようにして使えますし、同期の有無やファイル共有機能などの使い勝手も優れている、と個人的には評価します。

あと、有料になりますが、ファイルの暗号化やファイルの履歴管理も可能です。この機会にpCloudを試してみてはいかがでしょう。

関連リンク

pCloud トップページ
バレンタイン限定オファー:pCloud

スポンサーリンク