OneDriveのユニバーサルアプリ開発中!もうすぐタブレットでも使えそう -海外ニュースから

OneDriveがユニバーサルアプリに
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。Windows 10になって、OneDriveのストアアプリが姿を消してしまいました。Windows 10 Mobile(WindowsPhone)用にはアプリがあって、それもWindowsPhone 8.1用とWindows 10 Mobile用は別物です。つまり、MicrosoftはWindows 10 Mobile用に新しくアプリを構築した、ということですね。

スポンサーリンク

Windows 10 Mobile用アプリ
上の画像はMicrosoftストア(WindowsPhoneストア)のOneDriveのアプリ概要説明部分です。はっきりと「Windows 10用に構築」と書いていますね。で、ためしにWindows タブレットでOneDriveのアプリを探してみました。Googleで「OneDrive Microsoftストア」と検索して、MicrosoftストアのWebサイトにアクセスしたら、
OneDriveアプリはタブレットにインストールできない
タブレットから(つまりWindows 10のPCから)だと上の画像の「アプリをゲット」のボタンは押せませんし、その下に「Windows Phoneのストアからこのアプリを入手します」と書いていて、要するにPC版のWindows 10にはインストールできない、ということがわかります。

スポンサーリンク

Windows 8.1の頃、私はタブレットでスクリーンショットを撮り、OneDriveのアプリを使ってアップロードし、それを複数のPCに取り込んで記事用の画像に使ったりしていて、タッチ操作で使いやすいOneDriveアプリには満足していました。それがWindows 10化してアプリがなくなってしまったので一気に不便になりました。もちろんブラウザからアクセスするとか、あらかじめローカルとOneDriveの同期設定をしておくとかの方法はありますが、ブラウザだと8インチタブレットでタッチ操作するのはイマイチ使い勝手が悪いですし、タブレットとOneDriveの同期設定をするとただでさえ少ないタブレットのストレージが圧迫されちゃうんですよね。

なので、私にとってWindows 10でOneDriveのストアアプリが使えない、というのはかなりの痛手でした。

しかし、海外ニュースサイト「WinBeta」で、MicrosoftがOneDriveのユニバーサルアプリ版を開発中という記事が掲載されていました。これは私としては非常に大きい、そして素晴らしい情報です!WinBetaによれば、OneDriveのユニバーサルアプリは、

・自分のOneDrive内と共有している他人のOneDrive内のファイルの閲覧
・カメラロールの画像やビデオの自動アップロード
・OneDrive内のファイルを他人と共有
・ファイルの移動、削除、名前の変更と新しいフォルダの作成
・ファイルやフォルダの検索
・他のアプリからOneDriveへのファイル共有
・OneDrive内のファイルを他のアプリで開く

などの機能があるとのこと。特に目新しくはないと思いますが、なによりタッチ操作メインでこれらのことができる、というのがうれしいです。ちなみに、ユニバーサルアプリのベータ版はMicrosoftストアにすでに存在していていて、私たちも確認することができます。

OneDrive UAP Beta
OneDrive UAP
ただし、製作者のところに「Internal Beta Account」とあるように、このアプリはまだダウンロードすることはできません。

ともあれ、個人的には一刻も早くユニバーサルアプリをリリースして欲しい!

引用元サイト

Quantum Break and OneDrive app listings appear in the Windows Store:WinBeta
OneDrive UAP Beta:Microsoftストア

スポンサーリンク