Windowsストアアプリ - AllTube Player YouTubeもDailymotionもFlickrもこれひとつで

AllTube Player
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。WindowsストアではYouTubeを視聴するためのアプリは非常にたくさんあります。またDailymotionは公式アプリを用意してくれています。ニコニコ動画は有料会員限定の公式アプリがあります。これらのアプリはそれぞれが「専用」という位置づけなので、いろいろな動画サイトを利用する場合、別々にアプリをインストールしなくてはならない、というのが面倒でした。

スポンサーリンク

しかし、探してみるとありました。YouTube、Dailymotion、Vimeo、そしてFlickrの視聴をひとつでまかなえるアプリが。「AllTube Player」といいます。アプリとして満点のでき、というわけにはいきませんが、少し使ってみた限り大きな不具合もなく、ちゃんと安定して使うことができます。アプリサイズは1.4MBと軽量で、無料版と有料版(300円)があり、有料版の方でもお試し利用が可能となっています。

1.使い方

AllTube Player ホーム画面
上の画像がホーム画面です。画面左側にYouTube、Dailymotion、Flickr、vimeoのタイルがあります。これは無料版のもので、有料版のほうはこれら4つに加え、FacebookとSkyDrive(OneDriveだと思うが、表記はSkydriveのまま)が加わります。画面右上は広告です。

まず、というかどのサイトでも基本的な使い方は同じなので、YouTubeで試してみます。

AllTube PlayerでYouTube
上の画像はYouTubeのタイルをタップして、画面が切り替わったところでアプリバー(画面下から上にスワイプ)を出したところです。デフォルトでは「most visited(最もよく見られている動画)」が表示されているのですが、自分が見たい動画を探すときにはアプリバーを出して、右下の検索窓にキーワードを入力します。アプリは日本語対応していませんが、日本語での検索はできます。また、上段のアプリバーに左端に「Sign in」というアイコンがあるので、ここからGoogleアカウントにログインすると、自分が登録しているチャンネルにアクセスすることができます。とりあえずアプリバーを出さないと話になりませんし、アプリバーを出せば自分の視聴環境にすることができます。

AllTube Player 視聴画面
これが動画視聴画面です。英語表記ですが動画の概要が左側に表示され、コメント欄もあります。もちろんコメントの入力も可能です。また、動画をタップすると早送り用のスライダーやボリューム、画面拡大のアイコンが表示されます。

AllTube Player 全画面表示
これが全画面表示したところです。タイトルバーは消えませんね。私がいつも使っているMetroTubeやHyperと比較すると操作性はいまひとつですし、タイトルバーも邪魔ですが、表示は安定していて、多少乱暴にスライダーを操作しても問題はありませんでした。また、動画再生中にアプリバーを出すと、ダウンロードやFacebookでの共有も可能です。

スポンサーリンク

Alltube PlayerでFlickr
次にFlickrを試してみました。Flickrは動画じゃなくて画像投稿サイトなので、表示されるのは画像です。YouTubeの場合とレイアウトは変わりません。動画か画像か、という違いだけです。

AllTube PlayerでFlickr最大表示
動画を全画面表示したいときはアプリバーを出します。上段のアプリバーに「Larger View」というアイコンがあるので、それをタップすると全画面表示になります。

AllTube Player 設定
チャーム(画面右端から左にスワイプ)の「設定」から「Preference」を選ぶと、詳細設定が可能です。例えばセーフサーチを適用するかどうか、デフォルトの動画視聴モードを標準サイズとするか全画面表示とするか、などです。日本語対応していませんが、特に難しい内容ではありません。

2.問題点もあり

このアプリ、動画を試聴する、という基本的な機能には問題がなく、とりあえずそれだけで合格点をあげられると思うのですが、細かい不具合があります。

・表示は横持ちのみ。しかも上下反転しない
・ダウンロードした動画の再生が不安定(再生できない場合がある)
・アカウント情報は記憶するが、アプリを起動するたびにサインインしなくてはならない

などです。横持ちしか対応しないアプリというのはよくありますが、上下反転しないのはこのアプリがはじめてです。また、ダウンロードしたのはいいが再生できないことがある、というのもねえ。ちなみにYouTubeにアップロードされている動画は規約でダウンロードが禁止されていますし、そもそも動画サイトはストリーミングで視聴すべきものなので、個人的にはダウンロード機能はないほうがいいと思っています。

あと、例えばYouTubeの場合、いちどサインインしてしまえば、アカウント情報は記憶してくれるのですが、アプリを起動するたびにサインインをしなおさなくてはならない、というのが面倒です。毎回パスワードを入れる必要はないので我慢できるレベルではありますけどね。

それと、広告が結構なスペースを取り、邪魔です。無料アプリなので仕方ないとは思いますが、有料版のほうを試用してみても、やはり広告が大きく表示されます。課金したら広告が消えるのかもしれませんが、まだ課金していないので挙動は不明です。

3.使ってみる価値はあると思うよ

最後のほうで若干批判してしまいましたが、1つのアプリで複数の動画サイトをカバーするアプリというのはやはり画期的だと思います。上に書いたように動画視聴そのものはしっかりと機能しますし、不具合も私の感覚ではあまり気にならないレベルなので、試しにインストールする価値はあると思います。無料版でもいいし、このアプリでFacebookとOneDriveもカバーしたい、というなら有料版の試用でもいいと思います。

有料版の追加機能は、上に書いたようにFacebookとOneDriveにアクセスできるということ、そしてモダンUI版のInternet Explorerで動画を視聴しているとき、チャームの共有からAllPlayerを選ぶとダウンロードでき、AllTubeのアプリ内で再生できる、という機能がついていることです。ただ、課金しても広告が表示されなくなるのかは「グレー」です。私、確かめてません。

4.関連リンク

AllTube Player:Windowsストア(無料版)
AllTube Player Pro:Windowsストア(有料版)

スポンサーリンク