Microsoftストアアプリ - Perfect Workout 運動不足の人はかならずやるように!

Perfect Workout
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。私ははっきり言って運動不足です。もうおっさんなので、「このままじゃイカン」ということは常々考えているのですが、健康管理というのはなかなか習慣にしにくいものがあります。毎朝ジョギングでも、いやせめて散歩だけでも、ということを考えて、2日以上続いた試しはないですねw 読者の方々の中にも私みたいな人がいるんじゃはないでしょうか?

スポンサーリンク

しかし、いいアプリを見つけました。「Perfect Workout」です。無料アプリでアプリサイズは3.17 MB ~ 11.22 MB、PCだろうとタブレットだろうとWindows スマホだろうと使えるユニバーサルアプリです。だからもう逃げられませんね。え?日本語対応してないから無理? いやアプリに出てくるインストラクターのマネするだけですから。英語できなくても大丈夫ですから。よかったですね。

Perfect Workout ホーム画面
今回はPCのスクリーンショットを使って説明しますが、このアプリはユニバーサルアプリなので、Windows スマホでもほぼ同じ操作感となります。アプリを起動すると上の画像のようなホーム画面が表示されます。見るからに押したくなるようなスタートボタン(再生ボタン)があって、左下ではインストラクターの女性が動いてます。やる気満々です。

Perfect Workout エクササイズ開始!
スタートボタンを押したら、すぐにエクササイズが始まります。まずは「ジャンピング ジャック」を30秒です。インストラクターのマネをするだけなので、用語がわからなくても大丈夫です。さあ、一緒にやってみましょう!

スポンサーリンク

Perfect Workout 休憩
30秒たったら休憩です。10秒休めます。で、10秒後には「ウォール シット」が予告されてますね。昔の言葉で言う「空気イス」です。

このようにデフォルトでは30秒エクササイズ、10秒休憩、また30秒エクササイズ…というのを繰り返し、12種類のエクササイズをやります。

「いやこれ無理だから」と思いました。空気イス30秒っていうのはおっさんには十分過酷ですし、そのあと待ってたのが「腕立て伏せ30秒」ですから…。

Perfect Workout 設定
しかし、捨てる神あれば拾う神あり、です。画面左下の設定(歯車アイコン)をタップすると、上の画像になります。ここで「エクササイズ時間(Exercise Time)」と「休憩時間(Rest Time)」の長さを設定できるんです。一番ラクになる設定だと「エクササイズ10秒、休憩30秒」というのが可能です。

あと、インストラクターのカラーリングやボイス、効果音のオン、オフも設定できます。おすすめはインストラクターのボイスをオンにすることです。

Perfect Workout エクササイズメニュー
また、左のメニューのホームアイコン(家の形のアイコン)の下に「エクササイズ選択(Select Exercise)」というアイコンがあり、多くの種類のエクササイズを選べます。ただし、無料なのは「Full Body(これがデフォルトのメニューです)」というものだけで、それ以外は有料(100円)です。ちなみに、500円払うとすべてのエクササイズがアンロックされ、広告も表示されなくなります。

ウインタブではアイテム課金制のアプリで課金を積極的にすすめるようなことは書いていないのですが、このアプリに関しては課金してもいいんじゃないですか?とは思います。だって、デフォルトのメニューがきつすぎるんですもん…

関連リンク

Perfect Workout:Microsoftストア

スポンサーリンク